【真剣!野良仕事】[97=丑年を前に巳年の注連縄]

2008.12.27(土)
丑年!謹賀新年

f0099060_11413874.jpg

↑左手に持つ注連縄が自作第一号。これを見て、帰りがけの國久さんの一言がなんとも慈愛に満ちた寸鉄だった。「お、巳年の注連縄だな」と。この一言が「やる気」に着火。そして出雲大社風の第二号製作へと繋がる。右手に持つのがそれで、注連縄中央のふくらみが縁結びの神様の結界を示す出雲大社拝殿に飾られる注連縄に、似てませんか?


巳年の注連縄

 12月27日(土)の14時から、好人舍脇にブルーシートを敷いて注連縄作りが始まりました。先週の餅つき大会の締めに予定されていたのですが、飯島さんの都合で一週間延期されたものです。
 27日の前日、以下のようなお誘いmailが事務局を預かる坂本さんから放たれたのです。
「血中アルコール濃度を下げたい人、メタボ対策で運動したい人、ストレス解消に しゃべりたくって仕方ない人、まじめに農作業を楽しみたい人 各位、お待ちしております。『各年度ごとに区画替えをしてはどうか』との提案、要望を受けております。来春は 申込者が かなり増えるものと思います。堆肥施肥等の作業効率、その他の面からも そうすることにしてはいかがでしょう」
 そして、午前中は坂本さんを中心に竹林整備が進められ、昼食時、『おいしい野菜公園2007』の今後について話し合われ、課題の一つであるオーナー区画の配置換え、共同区画の栽培計画など、来年度の方向性については飯島代表がお正月返上で具体的なプランを考え、それについての説明を新年早々メンバーにはかるという約束をして散会。その後、この注連縄作りが始まったという訳です。

 さて、縄の一本も綯うことが出来ないボクにも出来るということで参加しましたが、なるほど、第1回目に作った注連縄は、ちょうど通りかかったメンバーの一人、國久さんに「お! 巳年の注連縄?」と茶化された、栄養不良のような、虚弱な蛇にも劣る注連縄となってしまいましたが、この諫言を発奮材料に、もう一度その場で再チャレンジし、中央部を若干、中太りにする工夫を講じるなど、進化を遂げる注連縄が作れるようになったことが嬉しくて、だれでも無理なく作れるweb版注連縄教室を以下に開講します。一家に一本手づくり注連縄でどうか善き年を。謹賀新年。

web版一家に一本手づくり注連縄!

【用意するもの】一握りの藁、凧糸30㎝、お飾りとして紙垂(しで)
f0099060_11431512.jpg

↑【その1/17】藁を一握りつかみ、大きく揺すって寸足らずの藁、皮だけの藁、ゴミなどをきれいに取り除きます。
f0099060_11434946.jpg

↑【その2/17】飯島さんの足元にははねられた藁が散らかっているのが見えますでしょうか。この作業は結構大切です。この作業をいい加減にして手抜きすると、のちのち、欠陥となって妙に目につくようになります。売り物のように美しくは出来ないながらも、すがすがしいイメージは大切ですから、入念にゴリは取り除いておいてください。
f0099060_11442059.jpg

↑【その3/17】ゴミなどをきれいに取り除いたら、穂先を上にして地を揃えておきます。次に30センチくらいの凧糸か細身の麻縄を用意します。おっと、後に藁束を運ぶシマさんの姿が見えますね。「本年もいろいろお世話になりました」と挨拶しましたら、ふだんと変わりない笑顔。いつまでもお元気で。
f0099060_11453243.jpg

↑【その4/17】とんとんとんと、藁の根元を握りながら揃え、凧糸か麻縄で根元からコブシ一握り分のあたりでキツク縛ります。結構キツク縛っておいてください。
f0099060_1146145.jpg

↑【その5/17】キツク縛ったら、藁束を三等分に分けます。三本の縄を縒って仕上げていきますが、縒り上がったときの太さに関係してきますので、できるだけ三等分になっていることが美しい仕上がりに結びつくことを意識して分けます。
f0099060_11465594.jpg

↑【その6/17】藁束を三等分に分けたら、縛ったすぐ上でそれぞれをへし折るように折り曲げます。
f0099060_11492456.jpg

↑【その7/17】その折り曲げた状態がこの写真です。きれいに三等分になっているかどうかも、この時点で確認しておきます。「お、こちらのほうが藁の本数が少なそうだぞ」と思ったら、一、二本、トレードに回すなど修正しておきます。
f0099060_114959100.jpg

↑【その8/17】手前の藁が邪魔をしていますが、ご勘弁を。さて、いよいよ縒りの作業を開始します。正確に言うとまだ「縒り」の作業ではないのです。ねじっていると言ったらいいでしょうか。三等分したうちのひとつはそのまま残しておき、二つの藁束の根元を握りしめ、ねじっていきます。この写真では右手も左手もほぼ同時に時計回りにねじっているのがわかりますでしょうか。藁束の根元を小脇で押さえるか、足の股で挟むか、それはねじりや縒りの作業がしやすいように、いろいろ試してみてください。飯島さんは左脇で軽く挟んで作業をしていましたが、ボクは左脇に藁束を挟むと左手が動かなくなり、作業が進みませんでしたので、飯島流を放棄し、左足の腿の上に藁束を置き、左肘で押さえ、左右の手で握った藁を時計回りにねじりました。かがみ込むような不自然な姿勢になりました。この姿勢だと数多くの注連縄を作ることは出来ないだろうな。何ごとも姿勢正しく!
f0099060_11503346.jpg

↑【その9/17】ねじり作業の写真です。ねじってもすぐに戻ってしまいますから、ねじったら右手を上、左手を下に回転させながら縒っていきます。右手につかんだ藁束を時計回りにねじりつつ、さらに左手につかんだ藁束を同じく時計回りにねじりつつ、ねじった二本で縒っていきます。三等分した残りが作業を進める下にぼさぼさ状態になっているのが見えますか。
f0099060_11511285.jpg

↑【その10/17】ねじりをきかせた二本を縒り、穂先まで行ったら凧糸で仮に結んでおきます。あまりキツクねじると、細くなってしまいますから、あまりグリグリとねじらないほうがいいみたいです。何遍かやってみると、そのねじり加減が分かってきます。「巳年の注連縄」になってしまった原因は、キツクねじりすぎたことに起因しているのです。
f0099060_11514485.jpg

↑【その11/17】穂先を凧糸で仮に結んでここで再びチェックしておきます。飯島さんは自作を惚れ惚れと見とれていますが、こうした自画自賛する視線が大切です。穂先近くはぼさぼさですが、縒り上がった時点でハサミを入れて見映えを調整できますので、まず何よりも自作注連縄を惚れ惚れと見とれましょう。
f0099060_11521763.jpg

↑【その12/17】残りの一本を同じく時計回りにねじり、ねじりつつ、すでに縒った二本に添わせていきます。
f0099060_11524933.jpg

↑【その13/17】三本が同じようなねじり具合になるように、添わせながらねじり具合を揃え、穂先に向かいます。
f0099060_11531425.jpg

↑【その14/17】三本が揃ったら、仮り結びを結び直します。こうして見ると、飯島さんは、研ぎ終わった日本刀を検分している下級武士のようにも見えますね。でも、下級武士というよりも、ゆったりとした物言い、風貌、性格を考えると、名字帯刀を許された名主と形容したほうが似合っている。
f0099060_11534861.jpg

↑【その15/17】飯島さんのうしろにいて、見よう見まねで作っていたボクですが、写真を撮りながら、注連縄を作っていますから、縒った縄がほどけてしまったり、「え、左手が下? え、申し訳ない、下ってのはどういうことです? ああ、なるほど、そういうことだったか」と、そんな問い掛けもしつつ、つくった注連縄。飯島さんの左手が飯島作、右手がボク作です。
f0099060_11541376.jpg

↑【その16/17】ぼさぼさ部分をハサミで剪定します。
f0099060_11544589.jpg

↑【その17/17】注連縄の尻をハサミで剪定し、出来上がりです。これに紙垂を差し込めば、もう立派な注連縄の完成です。紙垂の作り方はこちらを参照のこと。

 本年もいろいろお世話になりました。畑は新しい発見に満ちあふれていました。明日から丑年の2009ですが、引き続き、豊かな収穫と発見に満ちあふれることを希望して、深謝感謝しております。ぽちぽちとキーボードを打つ手をじっと見たら、注連縄作りでガサガサになった掌がしっかり仕事をした人間の手のように見え、思わず知れず惚れ惚れと見つめ直してしまいました。昔はみんなこんなヒビあかぎれの手をしていたなあ。合掌。どうか、2009が善き年でありますように。
by 2006awasaya | 2008-12-31 12:11 | 真剣!野良仕事


<< 【真剣!野良仕事】[98=丑年... 【真剣!野良仕事】[96=悪夢... >>