【真剣!野良仕事】[116= 祝!松本さん]

2009.11.26(木)

 世間的には勤労感謝の日をふくむ三連休明けの、どこかマジになりきれない平日11月24日(火)、昼過ぎから気温が急に下降し始めて、戸外で語らうには不適当な空模様でしたが、我らが松本さんが千葉県知事の認定を先週の16日に受けたことを公表され、「これからはぼくのことをほんものの百姓と呼んでください。この呼称が松本の、生涯最大の栄誉ある敬称です」と胸を張った日なのです。そして、本日11月26日(木)、船橋市の農業委員会から念願の農業認定を受けることができたと連絡がありました。壁面九年の達磨大師には3年ほど不足していますが、鍬を持って6年、ついに念願を達成されたこと、ここにお祝い申し上げます。
ホンモノのお百姓さま
f0099060_222410100.jpg

↑本格就農者となった松本さん。千葉県知事のお墨付きを手に。

 千葉県知事は、農地法第3条の規定により、松本さんに対して兼ねて申請していた印旛村の耕作地に対しての賃貸権の設定を許可しました。
 ところで、その農地法3条とはどのような条文かというと、「農地又は採草放牧地について所有権を移転し、又は地上権、永小作権、質権、使用貸借による権利、賃借権若しくはその他の使用及び収益を目的とする権利を設定し、若しくは移転する場合には、政令で定めるところにより、当事者が農業委員会の許可(これらの権利を取得する者(政令で定める者を除く。)がその住所のある市町村の区域の外にある農地又は採草放牧地について権利を取得する場合その他政令で定める場合には、都道府県知事の許可)を受けなければならない。」という、極めてガードが固く、同業者にとっても高い障壁となる規定なのです。農地法そのものが国土保全と食料確保という大きな理念を併せ持った法律ですから、やたらと除外事項や特例事項が付記されていて、結局、何が言いたいのか、ケムに巻かれ、あげくの果ては呼吸困難に陥るだけなのですが、とにかく、これで正式に土地を利用(条文中では賃借権)できることになったのです。

 11月24日(火)の11時過ぎに好人舍に現れた松本さんは、ボクを認めるや、小脇に抱えていたホルダーを開け、一枚のA4ペーパーをかざしながら、「長かったです。6年かかりました。これも飯島さんをはじめ、皆さんのおかげです」と喜びを抑えきれぬすがすがしい表情でこの許可証の意味を説明してくれました。

長谷川 ところで、これから、松本さんをなんとお呼びすればいいんでしょうか。新規就農者の新規がとれて、「ただの就農者」とお呼びすればいいんでしょうか。あるいは、松本さんご自身、なんと呼ばれたいのでしょうか?
松 本 ほんとうの百姓って呼んでください。これに過ぎたる呼称はありません。それはそうと、千葉県知事って森田健作でしょ。でも、これ見てください。千葉県知事印が押してあるここには、知らない名前が書いてある。鈴木栄治って。これ誰? 選挙戦で森田健作って絶叫していた名前で当選したはずの名前がこの許可証には書いてない。これっておかしいよね。
長谷川 この鈴木栄治って誰です?
松 本 だからこれが森田健作。
長谷川 ん? 八ッ場ダム関連の知事視察会の報道でも、「千葉県知事の森田健作氏は」なんてモニターに出ていましたが、千葉県民のハセガワもよく分からない人ですね、その鈴木なにがしは。でもまあ、とりあえずおめでとうございます。
松 本 いやいやどうも、ありがとうございます。ますます精進します。

 松本さんを好人舍で、農道で、あぜ道で、飲み屋で見掛けたら、大きな声で「よ! ほんとうのお百姓さま!」と声を掛けてあげましょう。
f0099060_2239231.jpg

↑好人舍にて。松本さんを支える坂本さん(右)と堀中さん(左)。

【追伸】
皆様へ
 お陰様で、農業認定を取得することが出来ました。
 本日、船橋市の農業委員会に出向き、全ての処理が済みました。晴れて農家になりました。飯島さんはじめ、皆さんのご支援の賜と、深く感謝致します。12月7日、北習志野あたりで、感謝の集いを予定しています。ご臨席いただける方は、3日ぐらいまでに、メールでお知らせください。松本。
by 2006awasaya | 2009-11-26 22:31 | 真剣!野良仕事


<< 【真剣!野良仕事】[117=お... 【真剣!野良仕事】[115=食... >>