【真剣!野良仕事】[151=一緒に米作り、しませんか ⑤]

2011.4.28(木)
夢の中とはこんな風景?
f0099060_0211951.jpg

↑2011.4.29(金)の12:19前後のレンゲ畑。ミツバチがブンブン、ムーン、ムーンと羽音がうるさいレンゲ畑です。いつもの位置からパシャッと撮った一枚です。
f0099060_0214624.jpg

↑2011.4.29(金)の12:20前後の、より近づいたレンゲ畑。レンゲ播種のおり、幾粒かの菜種も混ざっていて、それらもぽつぽつと黄色い声を上げて春を告げているのがわかります。
f0099060_022841.jpg

↑2011.4.29(金)の12:25前後のレンゲ畑に埋もれ極楽的に忘我しているボクです。

 ボク、ちょっと前まで、夢を自在に見られたのです。これってけっこう自慢なのです。
「今夜あたり、モロッコからジブラルタル海峡を越えてスペイン南部で一休みし、ポルトガルの海岸線を北上し、最西端のサンティアーゴ・デ・コンポステーラまで行ってみるか」とか「石巻から旧北上川を盛岡まで一気に遡上しよう」など、出発地と到着地を明確に意識してのち、両手を広げて仰向きで眠りに就くのです。
 眠りに入ったか入らないかの境目あたりで、頭だけが沈み込むように下がり、沈み込んだ頭に引きずられるように仰向けのままとんぼ返りを打って反転。ちょうど180度回転したところで、地面が見えはじめるのです。このときは既に予定していた出発地上空を飛行していて、上昇下降は掌の角度調整で自由に飛翔しているのです。風はほとんど感じませんが、掌の角度調整だけで高度をコントロールできるのがいつも不思議だなあと思いながらも、飛んでいるときはとにかく絶景に見とれているので、そんなことを考える暇もなく、目的地へと飛翔するのです。
 ところが、最近は容易に飛べなくなってしまいました。いくら集中して念じても、なかなか眠りに落ちていかないのです。素直じゃないなあと、繰り返し試みているうちに、却って頭が冴えてきて、仕方がないので、体を横に向けて海老のように背骨を丸め、飛行は中止。
 どうやら、グーグルアースが見られるようになって、白昼でも夢の中で体験していたような飛行ができるようになったことも自在に飛行できなくなったことに原因しているようです。さらに、飛行途中から決まって現れる「悪夢」にシフトしてしまうことも多く、そんな問題点をクリアーするのが面倒故に、自在さを失ってしまったのに違いないと、自分では思っているのです。
 さて、グーグルアースのサービスが提供される1年前くらいに飛行した薩摩半島南端の開聞岳周遊時に見たレンゲ畑超低空飛行シーンが、その後も脳裏に焼き付いており、そんなこともあってレンゲ播種へ移行したのだろうと思います。思いをかなえていただいて、飯島さん、深謝感謝しています。4月24日に「咲いていますよ、レンゲの花が」と報告したばかりですが、その週末の4月29日(金)に、かねてよりの「レンゲの花に埋もれる」という、ボクにとっての極楽ライフが実現したのです。舞い上がるほどの興奮と脱力。ああ、日本人で善かったと思える数瞬でした。
by 2006awasaya | 2011-05-03 00:25 | 真剣!野良仕事


<< 【真剣!野良仕事】[152=第... 【真剣!野良仕事】[150=一... >>