【真剣!野良仕事】[159=そうか病?]

2011.6.26(日)
これって「そうか病」でしょうか?
f0099060_201610100.jpg

↑2011.5.28に美しく花開いたジャガイモ。品種は「洞爺」。葉っぱを見る限り、地上部にはなんの問題もなさそうだが、地中ではかなり過酷な試練に耐えていたに違いない。まことに申し訳ない。
f0099060_20163077.jpg

↑2011.6.25に収穫して水で洗った「洞爺」。痛々しいキズに、どこかドメスティックヴァイオレンス、児童虐待という言葉を連想してしまい、シュンとなりながらも、優しく剥いておいしくいただきました。

 4月2日(土)にジャガイモの種芋8つを植え、5月下旬に、きれいな淡い紫色の花も咲き、葉っぱも健康そう。この状況なら豊かな実り、期待できますよね。
 そこで、昨日、仲間たちが一斉にジャガイモを収穫しているので、午後の田んぼ水当番に出かける前にボクも収穫しました。
 種芋8個ですから収穫も大した量ではなく、30分で完了。ジャガイモ収穫のついでに去年の10月に植えた青森県産のニンニクも地上部が枯れてきたのでいっしょに収穫。両方を袋に入れて車に積み、持ち帰りましたが、なんだか、見た目が美しくないのです。プロが作る無傷なジャガイモとは大違い。カサブタのようなキズがうっすらと皮全体を覆っているように見える。
 何だろうと思い、水で洗って泥を落として改めて見直したら、あれれ、痛々しそうなほどの重傷。
 さっそく、ジャガイモ全般の広範な知識を総覧できるページpotatoジャガイモ博物館で調べたら、「そうか病」といわれる病気らしいということが分かった。
 ジャガイモ固有の病気例など、写真でいろいろ紹介されている中、参考写真56「そうか病」がもっとも似ている。これ以外に考えられる病気といえば、「ミナミネグサレセンチュウ」にやられたケースとも似ているし、象皮病(亀の甲症)類似症状にも似ているし、さらに、こうした皮のキズは多肥と肥大初期の高温でもこのような症状を発すると説明。つい1週間前に6月としては過去最高気温39.6度を記録した熊谷がニュースで報じられていたが、肥大初期はそんなに熱くはなかったはず。ここは多分、そうか病ということで、もしそうならジャガイモの皮を剥いてしまえば、なんの問題もないと説明があった。そこで、安心して肉じゃがやベーコンとチーズの炒め物にしていただきましたが、「そうか」って、どんな字を充てているのか気になり、調べてみると「瘡痂病」と書く。なるほど、キズ、カサブタかあ。草加はお煎餅の町で、ひょっとしたらお煎餅のヒビ割れに似ているからと、一瞬なりともそのように空想したことがちょっぴり恥ずかしい。
 対策はいろいろあるが、来年はそうか病が発症した区画で再びジャガイモを作ることは避けた方がいい。このこと、飯島さんに報告しておこう。
by 2006awasaya | 2011-06-26 20:22 | 真剣!野良仕事


<< 【真剣!野良仕事】[160=一... 【真剣!野良仕事】[158=直... >>