【真剣!野良仕事】[219=「Jazz in 竹林」報告]

2014.6.3(火)
f0099060_12244664.jpg

↑[2014.6.1 10:07] Bridge Ship Jazz Bandの面々が練習開始。ふだんは室内で練習しているので、こうした戸外での音の響きがどんなものか、そのあたりを探っているのでしょう。相当入念な練習ぶりでした。約2時間近く、本日の曲目すべてをおさらいしていました。ボクは生ビールの手配をしたり、蚊取り線香に着火して竹林各所に設置したり、駐車指示をしたりしながら、練習とはいえ、厚みのあるビッグバンドの音量に包まれていました。
f0099060_1225015.jpg

↑[2014.6.1 12:53] 開演間近で、お客様も席につき始めました。Bridge Ship Jazz Bandメンバーの「クラシックのコンサートじゃないんだから、軽くいっぱい飲みながら気軽な気分で聞いていただきたい」との要望もあり、それではということで「演奏を聴きながらビールを傾けて多いに楽しんでください」とアピール。この趣旨を深く汲み取っていただいた農園メンバーの阿部さん、金子さん、井上さんは、すでにして開演前にいいお顔。いいもんですね、昼日中のほろ酔い姿。
f0099060_12253941.jpg

↑[2014.6.1 13:23] 竹の葉が深く厚く積もっていて、フカフカの竹林です。ここに演奏者にはパイプ椅子に座ってもらい、三脚の譜面台を置いてもらいましたので、相当不安定な姿勢です。微妙にゆらゆら揺れて定まらない姿勢制御に気をとられ、演奏に集中出来にくかったと思います。誠に申し訳なく、お疲れさまでした。それでもとってもステキな演奏でした。
f0099060_12252020.jpg

↑[2014.6.1 13:33] 客席側から見た竹林会場。
f0099060_12255450.jpg

↑[2014.6.1 13:40] バンドメンバー側から見た竹林会場。
f0099060_1226815.jpg

↑[2014.6.1 13:47] 第一部の最後に、船橋在住のジャズボーカリスト・河村留理子さんが登場。まったくのサプライズでした。『On the Sunny Side of the Street』と 『All of Me』でした。ありがとうございました。手前でカメラを構えているのが安藤信作さんで、留理子さんの旦那さまです。

2015の薫風コンサートに向けて

f0099060_1226317.jpg

↑[2014.6.1 15:27] Bridge Ship Jazz Bandのバンドメンバーも合流しての海鮮バーベキュー。もともとは三陸支援の海鮮バーベキューでしたが、バンドメンバーの方がマグロのカマとホタテを大量に差し入れてくれて、ボクらが予定していた以上の充実した海鮮バーベキューとなりました。料理を担当してくれた女性陣の川口さん、阿部さん、曽根さん、篠塚さん、東海林さん、大村さん、鶴見さん、大槻さん、また、男性陣の阿部さん、小林(靖)さん、大村さん、井上さん、金子さん、臼井さん、鶴見さん、山口さん、尾上さん、飯島さん、ありがとうございました。来年もまた、このように楽しい薫風コンサートが実現できるよう、がんばりましょう。関係各位、お疲れさまでした。


 昼日中から生ビールをいただき、快い音楽が間近でしかも生で聞けて、おしゃべり好きな同好の友がいて、竹林を渡り来る風がさわやかだったら、こんな極上の時間はそうそう滅多に流れてくるものじゃありません。

長谷川 阿部さん、個人的なことを聞きますが、天皇陛下が主催する園遊会に呼ばれたこと、あります?
阿 部 え? オリンピック選手や超有名人がずらりと並んでいる前に、天皇陛下が一人一人に話しかけるあの園遊会のこと?長谷川さん、呼ばれたことがあるの?
長谷川 いえいえ、とんでもないです。滅相もありません。お門違いってものです。でも、ボク、昭和天皇の時代からあの雰囲気が好きでして。テレビで報道されるあのシーンを見ているだけで、表情が和らいでいるんです。それくらい、好もしく思っているんです。
阿 部 で、その園遊会がどうしました?
長谷川 あはは、今日の竹林コンサートとこのバーベキューの雰囲気があの園遊会に似ているんじゃないかと、ふと、そう思いましてね。天皇陛下が会場から去り、残された選ばれし人がたが逆上に似た上気を表情に残しつつ、誰彼となくおしゃべりを交わす。そんなふうにして園遊会は終えていくんじゃないかと空想しているんですが、今日の薫風コンサートがその部分で似ているんじゃないかと。
阿 部 なるほど。そういう雰囲気はありますね。
長谷川 阿部さんがこしらえた竹林のバーベンチ、あれはビールを飲みながら体を預けるにはちょうどいい按配でしたし、三陸支援の竹製募金箱も阿部さん作だし、いろいろの貢献、ありがとうございました。
阿 部 いえいえ貢献だなんて。でもよかったですね。この雰囲気。
長谷川 もう一杯、いかがです。
阿 部 生は旨いからねえ。生ジャズもいいねえ。来年もお願いできたらいいね。
長谷川 ええ、大半の人がそうおっしゃっています。飯島さんにも尾上さんにも強力にプッシュしておきましょう。

 そんなこんなのおしゃべりが竹林各所で渦巻いていて、軽い目眩いを眉根のあたりに漂わせつつ、なんとも名状しがたいステキな気分で「Jazz in 竹林」は終了したのでした。
f0099060_12291820.jpg

↑[2014.6.1 15:30] やんごとなきありがたき人が去り、奇妙な開放感に身を任せつつ、酩酊を加速する人、海鮮をどん欲に追求する人、音楽談義に埋没する人、さまざまな渦を発生させるところこそが、園遊会にも似た好もしい在りようでした。

*[13:33] [13:40] [15:27] [15:30]の写真は大村和夫さん提供です。長谷川は酩酊していて、コンサート第一部で千鳥足でした。
by 2006awasaya | 2014-06-04 12:31 | 真剣!野良仕事


<< 【真剣!野良仕事】[220=お... 花見川遡上サイクリング >>