【真剣!野良仕事】[7=雑草取り]

f0099060_10554645.jpg

↑ボクの畑の大先輩、飯島シマさん。ことし90歳。たえず体を動かしているので、頭脳明晰。ゆえに記憶力抜群。畑で判らないことがあれば、すぐに教えを乞うことが出来る。後ろは里芋の畑。
f0099060_10492417.jpg

↑汗みずくのボクです。収穫のほんの一部と一緒に記念撮影した至福のとき

雑草取りに専念

 ボクの仕事は編集・取材です。数年前まで出版社に勤めていました。いろいろな事情から定年前に退職し、編集プロダクションを作り、今までやってきた仕事、つまり雑誌や書籍を作る仕事を続けています。思いっきりのデスクワークなので、運動量が足りません。そこで、運動不足を補う意味からも毎週土曜日の昼から畑に出るようにしています。スポーツジムに通うよりは畑に出て汗をかくほうが遥かにカッコいいと思っています。

 さあ、今日もたっぷりと汗をかこうと畑にやってきました。お隣さんと共同のキュウリ棚には、いまはニガウリの黄色い花が満開で、やがてイボイボに覆われた大きなニガウリが何本も垂れ下がってくるでしょうが、見渡したところ、5センチくらいの、まだまだ子供のニガウリしか見当たりません。お隣さんのカボチャがツルを伸ばして棚に足がかりをつけようとしています。地面近くに目をやると、U字型になった巨大なキュウリが2本、横たわっています。ニガウリもカボチャもキュウリもお日様のエネルギーを求めて必死に葉を繁らせている様子。

 ネットで覆った棚の隣りにはナスとピーマンとシシトウと唐辛子とカボチャ。別の畝には落花生とモロヘイヤとオクラ。6月7月と日照不足だった陽気も、8月に入るとやっと例年並みになってきて、きちんと収穫しないと茎が折れそうなほどたわわに実っています。

 モロヘイヤは新芽を摘むということが分からなくて、ほっておいたのですが、新芽を丹念に摘んだ翌週には、もう一回り大きくなって、「さあ、どんどん摘んでください」と言っているようです。摘んだ新芽は湯がいて水気をとり、食べる分を別にしてから小分けにして冷凍保存しておきます。とにかくこのネバネバ系が体にいいんです。

 同じネバネバ系のオクラですが、花が咲いたところまでは確認していたのですが、葉も茎も肝心の実も同じグリーンなので、うっかり収穫を忘れていました。忘れられて1週間後、葉の陰で大きくなったオクラは20㎝くらいになっていて、触った感じはカチカチ。これでは食べられたものではありません。仕方なしにそのままにしていたら、飯島さん曰く、「オクラは自らの子孫繁栄を第一に考えて、次代に託す種をしっかりと充実させているんですね。そうなったら食べられたものではありません。でも、そのままほっておいたら、オクラは養分を種に回しますから、たとえ新たに花をつけて実をつけても、大きくなりません。ゆえに、大きくなったオクラの実は食べる食べないに関係なく、収穫してあげないと新しい実も大きくなりません。野菜の収穫って、そんな意味があるんですね」
 なるほど。きちんと収穫することの意味を確認。

 さて、では雑草取りの作業に移りましょうか。

 やっと夏らしい日射しとなってきて、1週間、畑に来ないと風景が一変するような感じです。野菜以上に成長を早めているのが雑草たち。とにかく光を求めて必死です。腰を屈めて丹念に、まるで親の敵のように雑草を引き抜く。軍手をして作業をしていますが、綿の軍手がぐっしょりと濡れるほどの汗を手の甲にかきます。上半身もびしょびしょ。ズボンも腰のまわりが汗でべたべた。全身汗みずく。麦わら帽子を団扇代わりにしても、生温い風しか来ません。首に巻いたタオルを新しいタオルに替え、さてとかけ声をかけても、体が反応しません。仕方なしに畝の脇に腰を下ろしてしばしの休憩。

 いろんな虫がいっぱいいます。農薬を使っていないので、別な見方をすると、ここは虫たちの楽園。その虫たちに食べられないうちに収穫しないと、せっかくおいしく実った野菜たちに申し訳ない。そんなことを思いながら、また雑草取り作業を開始しました。

 ああ、暑い。
f0099060_1053214.jpg

↑ボクが担当している畝と、どうだって感じの収穫一覧。写真左は落花生。収穫野菜は左からズッキーニのようなキュウリ、ナス、ニガウリ、ピーマン、シシトウ、カボチャ。土の色がいいでしょ。飯島さん自慢の畑です
f0099060_10593791.jpg

↑落花生の花が咲くと、めしべが地面目指して伸びていき、地中に実を結びます。黒いビニールの覆い(これをマルチと呼んでいます)なんてへっちゃら。突き破って地中を目指します。しまさんに聞いたら、数年前にマルチで覆った畝とマルチをしない畝で落花生を作って、どちらが成績がよいか試してみたところ、ほとんど差異がなかったので、落花生にはマルチを使わなくても大丈夫とのことでした。この写真はボクの畝の落花生で、マルチで覆った畝に植えたものです
by 2006awasaya | 2006-08-19 16:00 | 真剣!野良仕事


<< 【真剣!野良仕事】[8=今年の... HAWAIIのKAUHI >>