【真剣!野良仕事】[66=ブルーベリー畑、誕生]

2008.4.7
f0099060_1033020.jpg

↑ブルーベリー定植に参加したメンバー。いい天気に恵まれ、午後からこのメンバーで一気に完了。

3年後が楽しみ!ブルーベリー畑

 おいしい野菜公園の事務局から、日々、さまざまな通信事項が流れてきます。発信人は総会で事務局長に選任された坂本さん。その坂本さんから以下のようなmailが配信されてきました。3月10日(月)のことです。

「飯島農園では、産直センター『味菜畑』隣接地に 果樹園(ブルーベリー畑)を開設予定です。3月中を目処に移植完了。予定は 100本程度。収穫可能時期は2〜3年後。飯島農園としては、ハーブ教室の吉本先生のお知り合いの方(群馬県小野上温泉近傍)のブルーベリー畑から100本程度を間引き、トラックでの移送作業を計画中です。4、5名以上の比較的元気のある人手が必要です。応援いただける方、いませんか」

 こうしたmailを伝言ボードに配信し、それをチェックしたメンバーが「はい、行きます」とか、「残念ですが、日程の調整がつかず、参加できません」とかの返事を出します。その集計結果で、さらに事務局長は作業を調整し、実行に移していくのです。

 ところが、予定していた3月20日(祝)は北海道東方沖で異常発達した低気圧の影響で、全国的に荒れ模様の天候になり、ニュースによると、空の便は半数が欠航。

 そこで、3月19日(水)の夜半、事務局長から以下のようなmailが流れてきて、ブルーベリーの苗木移植は中止となりました。
「明日の現地群馬のピンポイント天気予報によりますと、今夜〜明日はザーザーと本降りの雨で、夜まで傘が必須。また、明日は冷たい風が吹いて肌寒くなる(群馬県渋川市川島地区)とのこと。それゆえ、中止とさせてください」

 ボクは参加を希望していましたので、雨具や着替え等の準備をしていましたが、この連絡で晴耕雨読に切り替え、ちょうど豆柴が我が家にくる予定になっていたので、そちらにシフト。

 以上のような経過があって、4月3日(木)にて再設定。この日は平日で、ボクは仕事に追われ参加できませんでしたが、参加された有志で約100本の苗木を船橋まで持ち帰ってくれました。
 予定では4月7日に定植ということでしたが、この作業予定日も平日で人手が少なく、せっかく週末に集まっているメンバーも多数いるので、飯島さん、坂本さん、ハーブの先生の吉本さんの話し合いで、この日の午後から定植作業をすることに決定。定植予定地に移動し、前後左右に株の間隔を2.5mあけて定植していきます。

 ここで、ブルーベリーのお勉強。web上で検索すると、だいたい、以下のようなブルーベリーの特徴が見えてきます。
 1.他の果樹に比べて病害虫がほとんどつかない。
 2.異なる2品種以上を混植すれば実がよく成る。
 3.乾燥には弱いので多少湿っぽく管理すること。
 4.他の果樹より結実するのが早い。2~3年目位から収穫可。
 5.ピートモスを主にした酸性土壌に植える。
 6.挿し木により比較的簡単に増やすことができる。
 7.寒い地方から暖かい地方まで栽培が可能です。
 8.秋の紅葉も楽しめます。

 そうか、とにかく乾燥に弱いんだな、ブルーベリーって。2月末に近くのホームセンターで、最も初心者向けのラビットアイ系の「ウッダード」、ハイブッシュ系の「ブルーレイ」、「デキシー」の3種3本を購入。その際、調べたことです。

 ということは、現地群馬県の果樹農家で掘り上げた苗木は時間をおかずに定植して、しっかり水をやることが求められていたんですね。総勢16名でなんと2時間で定植完了。みなさま、お疲れさまでした。3年後が楽しみですね。
f0099060_1035897.jpg

↑ハーブの先生、吉本さんとブルーベリーの苗木。吉本先生によると、品種は原種に近いものだそうです。
f0099060_1042219.jpg

↑我が家のベランダのポットで育つブルーベリー。2008.4.6現在、蕾を持ったラビットアイ系ウッダード
f0099060_1044913.jpg

↑2008.4.6現在、わずかに蕾を持ったハイブッシュ系デキシー
f0099060_10510100.jpg

↑2008.4.6現在、ほんのわずか蕾を持ちつつあるハイブッシュ系ブルーレイ
by 2006awasaya | 2008-04-07 10:09 | 真剣!野良仕事


<< 【真剣!野良仕事】[67=サニ... 【真剣!野良仕事】[65=聞く... >>