【真剣!野良仕事】[88=豆の国・庄内の浸し豆]

2008.8.8(金)
f0099060_19211681.jpg

↑7月26日のお昼、オクラカレーと一緒に竹林テーブルに登場した「浸し豆」。庄内ご出身の阿部さんから作り方は聞いてありますので、ぜひ試してみてください。

 7月26日(土)は朝からオクラ収穫をお手伝いしようと予定していたのです。ですが、この日は1月5日産まれの豆柴の女の子、小夏の定期検診だったのを思い出し、こちらを優先して、亀有の獣医師先生のところまでひとっ走り。
「ウーン、いいんじゃないですか!」
 このひと言をいただき、ほっと安心。小夏、実は先天性の左後足膝蓋骨内方脱臼だった。女座りって言うんでしょうか、「マテ!」の姿勢ができず、女座りになってしまう。そんな異常を抱えているとはつゆ知らず、「女の子だから艶っぽくっていいよな」と冗談を言っていたが、お散歩に連れ出してもすぐ家に帰ろうとする。「深窓の令嬢」なんて形容がお似合いのいいコなんです。でも、なんだかヘンだということになり、掛かり付けのお医者さまに診てもらったところ、「早急に手術をしないと膝関節周辺の筋肉や靱帯が異常な状態のまま固定化され、しかも、異常のある左足をかばうので、正常な右足に負担がかかり、歩行そのものが困難になる」と診断された。骨を削り、靱帯を引き延ばし、位置を修正すると言う激痛を伴う外科手術だという。
「どうします?」
「お願いできますか」

 その外科手術から約1カ月。いわゆる膝のお皿がずれることなく本来の位置に戻った。四足歩行でスムーズに歩く姿はなんとも美しい。
「ウーン、きれいに歩けるようになった!」

庄内の味、浸し豆

 そんな上機嫌で好人舍に遅れて参上したら、ちょうどオクラの袋詰め作業中。寸法規格をクリアーしたオクラ10本を袋に入れて出荷準備。
 そして、美人倶楽部が作ってくれたオクラカレーと浸し豆の昼食。
f0099060_19243529.jpg

↑これがオクラカレーだ。
f0099060_1925424.jpg

↑この日、オクラ収穫に集まった面々。

長谷川 阿部さん、この「浸し豆」の作り方、みなさんにお教えしたいので、あとでmailでボク宛に流していただけますか。
阿 部 ええ、お易い御用ですよ。

 ところが阿部さん、お孫さんのお守りでとてつもなく忙しいらしい。でも、面倒がらずに送ってきてくれました。

●浸し豆(ヒタシマメ)の作り方●

青豆を一晩水に浸けます。
それを15分くらい茹で、
だし汁(だし+酒+醤油+水)に浸しておきます。
だし汁の分量は適当です。
青豆もだし汁も、冷ましてから浸すのがコツです。
青豆は枝豆とは違うようです。

 webで「青豆」を検索したら、「庄内米産直店土門商店」がヒット。それによると、庄内地方では青豆と親しまれている豆は、広く全国的には「青大豆」と呼ばれる甘みのあるマメだそうで、800g1350円もする高級品だった。
by 2006awasaya | 2008-08-08 19:26 | 真剣!野良仕事


<< 【真剣!野良仕事】[89=その... 【真剣!野良仕事】[87=飼料... >>