<   2008年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

【真剣!野良仕事】[63=動き出した『おいしい野菜公園2007』]

2008.3.7
そ、総会の旗揚げだ!
f0099060_22554982.jpg

↑雌伏一年!ようよう立ち上がった農業公園。その第1回の総会の模様です。
 飯島農園の飯島幸三郎さんがほぼ1年前の忘年会の席で語った農業公園構想が、雌伏一年、ようよう実現の第一歩というところまでこぎ着けました。
 一年前に、こんなアウトラインで夢を形にしようとしていたのです。

おいしい野菜公園8箇条
1=野菜作りをしたい希望者が栽培技術を習得できる園地であること
2=旬の野菜がみられる菜園、ハーブ園、花・果樹園を併設していること
3=栽培、収穫体験ができる菜園で農作業が出来、四季を体で感じられること
     春 イチゴ・たけのこ・じゃが芋
     夏 とうもろこし、枝豆等
     秋 さつま芋(焼き芋大会)
     冬 冬野菜の収穫と春野菜の仕度
4=生産から出荷まで行なえる園地であること
5=就農者希望には販売までの手順を実体験し、独立自立を応援すること
6=心に、あるいは身体に障害を抱えている個人、あるいは家族への応援支援園地であること
7=収穫野菜の加工、および収穫野菜の料理教室ができる施設の確保
8=心和める園地であること

 そんな農業公園実現を目指して、この一年、仲間を増やし、会則原案を作成し、そしてやっとその理念実現の第一歩を、「総会」という形で旗揚げしたのでした。

 農業公園の名称はほぼ一年前から決まっていました。「おいしい野菜公園2007」というのですが、その第1回総会が、平成20年2月24日(日)17:00から宅建ホール(船橋市習志野台1-33-5)にて開くことが出来たのです。出席者はなんと28名。会場の手配、資料の作成と配布、司会進行、資料説明など、関わった方々、お疲れさまでした。そしてこれからもよろしく。

 この日、会則案が検討され、あたたかな賛同の拍手で総会はお開きとなりました。この会合の最後に代表の飯島さんから次のような締めくくりの挨拶がありました。
 飯島代表からの締めの発言。
「さまざまにご議論いただき、皆様の考えが窺い知ることが出来ました。本日、ここで議論された話題を幹事会でまとめ、再度、本日ご出席いただいた皆様にご連絡し、『おいしい野菜公園』の会則案等に反映していきたい。そのように考えます。本日はお忙しい中、ご出席賜り、ありがとうございました」
 型通り、総会は終了した訳ですが、各人が自由に発言する中で、ボクが面白く聞いていた意見は、以前、[真剣!野良仕事53]の回で紹介した農業研修中の青年の発言でした。
「会員の責任で一定区画を持ち、その区画で収穫したり、農作業を体験する場としたりする、そんな話が持ち上がって、ここにいらっしゃる皆さんはどんな風に取り組まれるのか、とても興味を持って注目していました。なぜかと言って、そんな場の活用こそが『おいしい野菜公園』のビジネスモデルとなりうるのではないか。そのように考えていたのです」という指摘でした。
 農業に真正面から取り組んでいく構えの青年が、団塊の世代を中心としたこのグループにどんなことを期待していたのか、窺い知れたからです。この発言を聞いただけでも、総会出席の価値あり、ボクはそう思ったのでした。
 聞くところによると、『おいしい野菜公園』のホームページがこの春にはオープンするということなので、期待して待っていましょう。入会するための手続きのページ、活動の内容、この一年どんなことをやってきたのかの報告などが掲載されるとのこと。期待して待っていましょう。
by 2006awasaya | 2008-03-08 22:57 | 真剣!野良仕事