<   2008年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

【真剣!野良仕事】[90=熟れきったゴーヤ]

2008.8.31(日)
f0099060_23275338.jpg

↑熱帯産のフルーツのようなこの色。思わずこぼれた大きな種を口に含んでしまいました。

今年のゴーヤはすぐ熟れる

「雉子も鳴かずば撃たれまいに」の格言とちょっと通底するような気がするんです。

 なにがって?
 ゴーヤの色。

 ネット掛けの棚にたわわに実をつけるゴーヤですが、繁る葉と茎と蔓の緑一色(「リューイーソー」と読まなくても可とする)の空間に、まったく同色で成るので、収穫時、見落としてしまう。週に1回しか顔を出せないので、取りこぼしが出る。写真で紹介したごとくに、オレンジ色になって、今にも蔓が切れて切れて落下しそう。手でぞんざいにつかむと割れてしまう。もう少し前に緑から、せめても黄緑程度に色を変えてくれれば、見逃したりしなかったのにと、まことに残念至極。このあたりの無念さ、雉子と雉子撃ちの関係に似てません?

 勿体無いので、こぼれた種を舐めてみたら、ゼリー状の果肉が甘かった。苦味が甘みの変わるってことがあるんだろうか。ついでに身の肉も舐めてみたらほんのり甘かった。
 去年植えたゴーヤは実が20〜30㎝にもなる大きなゴーヤでしたが、今年のゴーヤはそんな大きくはならず、今年の気温と関係があるのかなとwebで調べてみたら、なんのことはない、今年のは「えらぶニガウリ」、別名「太れいし」(タキイのタネ)という品種で、大きさも8〜15センチ、太さも5〜8センチの小型の実をつけるものでした。
 まずはご報告まで。
by 2006awasaya | 2008-08-31 23:42 | 真剣!野良仕事

【真剣!野良仕事】[89=その後のピートン]

2008.8.31(日)
f0099060_18265027.jpg

↑松本ファームのピートン。これで体長15センチ。

赤化したピートン

【真剣!野良仕事】84で「シロートの時代?」として紹介した珍種野菜、ピーマンとトウガラシの接ぎ木による新種「ピートン」ですが、あの折、ピーマンと見まごう色と艶で、どうにもこれが赤く色を変えるとは思えませんでした。

 8月30日(土)に飯島農園の好人舍で久しぶりに松本さんにお会いしたら、「見に来ませんか、ピートンを。真っ赤になっています。この前見に来ていただいた時は、ピーマンとなんら変わらなかったと思いますが、いまは真っ赤なパプリカって雰囲気もあります。でも、たいへんなんです。真っ赤になって大きくなって、それはそれで嬉しいんですが、その重みで茎が折れてしまって。折れてしまってから、ああ、手間のかかる野菜だなと、そんなことが分かるんです。あわてて支持棒を立ててヒモで結んで。まったく手がかかる。栽培法を考えないと。これだから農家ってぼんやりしてられない。絶えざる観察と工夫の連続。この先、どんなことが起こるか分からない不確実な社会そのもの」

 そんなことをボクの耳元で告げて、忙しく姿を消してしまったが、帰りがけ、松本ファームに立ち寄って色を変えたピートンを見てきました。

 生憎、松本さんの姿はなく、共同で作業をしている上原さんがいて、カメムシにつつかれたものとか、鳥に啄まれたものを四つ五つ、いただいてきました。

 妻の友人でご近所にお住まいの山崎さんにもお裾分けをしたら、ほぼ1時間後にmail着信。

「ごちそうさまでした! 早速、茄子と炒めてみました。ホントに辛くないですネ。おいしいです」というメッセージ付きで写真が送られてきました。

 そうか、そうすると、生でいただく以外はピーマンが活躍する料理には即、置き換えることができるって訳か。実はどうやって食べたらいいのか、思いつかず、千切りキャベツに混ぜて食べてみたんですが、ああ、気がつかなかった。

 ところで、手順前後しますが、肝心のピートンそのものの味と食感の報告を。

【大きさ】天地15センチ前後。
【カッティング感覚】ざっくりと包丁を入れてみる。その包丁の刃の入り方、ピーマンかパプリカ、あるいは大きくなった京の伝統野菜の万願寺トウガラシそっくりの感触。歯を立てる時、表面がすべすべでなんだか頼りないが、入ってしまうと呆気無いほど無抵抗でざくっと切れてしまう。
【調理感】表面のテラテラと輝くおもて皮は硬く、これが炒めたりしてもサクサクした口当たりで案外いいかも。万願寺トウガラシのようにくたくたにならない。種がほとんどない!
【味】辛くない。というよりも、ほのかな甘みがある。ピーマンを生でかじると、舌の奥にピーマン独特の青臭いような苦味が残るが、ピートンをかじっても、この苦味がない。ただし、食感はピーマンそっくり。奥歯でかんでも、素直にかまれようとせず、逃げて回るような案配。これは野菜炒めにしたものも同様。
f0099060_18271912.jpg

↑なかには天地を逆さまにしているピートンもいる。
f0099060_18274969.jpg

↑ピートンの中はどうなっているかと言うと、ほとんど種は付け根に集中していて、コレは調理をする時にはめんどうがなく、いいかも。
f0099060_18281841.jpg

↑山崎家から送られてきた調理例。茄子とピートンの野菜炒め。
by 2006awasaya | 2008-08-31 18:36 | 真剣!野良仕事

【真剣!野良仕事】[88=豆の国・庄内の浸し豆]

2008.8.8(金)
f0099060_19211681.jpg

↑7月26日のお昼、オクラカレーと一緒に竹林テーブルに登場した「浸し豆」。庄内ご出身の阿部さんから作り方は聞いてありますので、ぜひ試してみてください。

 7月26日(土)は朝からオクラ収穫をお手伝いしようと予定していたのです。ですが、この日は1月5日産まれの豆柴の女の子、小夏の定期検診だったのを思い出し、こちらを優先して、亀有の獣医師先生のところまでひとっ走り。
「ウーン、いいんじゃないですか!」
 このひと言をいただき、ほっと安心。小夏、実は先天性の左後足膝蓋骨内方脱臼だった。女座りって言うんでしょうか、「マテ!」の姿勢ができず、女座りになってしまう。そんな異常を抱えているとはつゆ知らず、「女の子だから艶っぽくっていいよな」と冗談を言っていたが、お散歩に連れ出してもすぐ家に帰ろうとする。「深窓の令嬢」なんて形容がお似合いのいいコなんです。でも、なんだかヘンだということになり、掛かり付けのお医者さまに診てもらったところ、「早急に手術をしないと膝関節周辺の筋肉や靱帯が異常な状態のまま固定化され、しかも、異常のある左足をかばうので、正常な右足に負担がかかり、歩行そのものが困難になる」と診断された。骨を削り、靱帯を引き延ばし、位置を修正すると言う激痛を伴う外科手術だという。
「どうします?」
「お願いできますか」

 その外科手術から約1カ月。いわゆる膝のお皿がずれることなく本来の位置に戻った。四足歩行でスムーズに歩く姿はなんとも美しい。
「ウーン、きれいに歩けるようになった!」

庄内の味、浸し豆

 そんな上機嫌で好人舍に遅れて参上したら、ちょうどオクラの袋詰め作業中。寸法規格をクリアーしたオクラ10本を袋に入れて出荷準備。
 そして、美人倶楽部が作ってくれたオクラカレーと浸し豆の昼食。
f0099060_19243529.jpg

↑これがオクラカレーだ。
f0099060_1925424.jpg

↑この日、オクラ収穫に集まった面々。

長谷川 阿部さん、この「浸し豆」の作り方、みなさんにお教えしたいので、あとでmailでボク宛に流していただけますか。
阿 部 ええ、お易い御用ですよ。

 ところが阿部さん、お孫さんのお守りでとてつもなく忙しいらしい。でも、面倒がらずに送ってきてくれました。

●浸し豆(ヒタシマメ)の作り方●

青豆を一晩水に浸けます。
それを15分くらい茹で、
だし汁(だし+酒+醤油+水)に浸しておきます。
だし汁の分量は適当です。
青豆もだし汁も、冷ましてから浸すのがコツです。
青豆は枝豆とは違うようです。

 webで「青豆」を検索したら、「庄内米産直店土門商店」がヒット。それによると、庄内地方では青豆と親しまれている豆は、広く全国的には「青大豆」と呼ばれる甘みのあるマメだそうで、800g1350円もする高級品だった。
by 2006awasaya | 2008-08-08 19:26 | 真剣!野良仕事

【真剣!野良仕事】[87=飼料用稲の栽培実験、途中経過]

2008.8.3(日)
f0099060_2017770.jpg

↑8月2日(土)の午前中、オクラ収穫と出荷作業を終え、息つく暇もなく飼料用米の田んぼへ移動。井上さんの車に乗せてもらい除草作業の現場に到着。さて、田んぼの向こうの方で何かやってる様子。何をやってるんでしょうか。少しずつ近寄ってみましょう。
f0099060_20173063.jpg

↑まだ何をやってるのか、よく分かりません。一面のグリーンの絨毯。むっとする湿度。遠くの森で蝉が鳴いています。一つ置いた隣の田んぼでウグイスが鳴いています。しかしながら、我々がいる田んぼ一帯は不気味なほどの静閑郷。人の気配で鳴りを鎮めているのか、それとも鳥や昆虫類がもともといないのか。
f0099060_20175513.jpg

↑なにか探し物をしているように見えますが、さて、何を捜しているのかしら。
f0099060_20181841.jpg

↑草ぼうぼうの中でイナゴ狩りかな?
f0099060_20184525.jpg

↑ウーン、そのとおり。筋蒔きにした籾が立派に成長中ですが、それ以上に雑草たちが成長中なので、雑草たちの中で健気に成育中の稲を捜していたんです。
f0099060_20214422.jpg

↑この作業にあたっていたメンバー。みな、異常に明るい顔をしているその理由が分からない! この暑さで頭をやられたのか?
f0099060_20221742.jpg

↑作業現場を背後から見ると、なるほど、筋蒔きにした稲がはっきりと分かる。こんなになる前に、草取り団を派遣しなくてはいけなかったんだ。後悔先に立たずか。
f0099060_20224357.jpg

↑除草作業をした区画としなかった区画の対比。除草作業をした区画の四隅にポールを立てて目印とする。

デホって、デホのことですわ。

 8月1日、飯島さんからメンバー全員へmail。内容は以下の通り。

明日は6時からオクラ収穫、9時より飼料用のお米の除草作業を行ないます。希望者は長靴着用。

 6月15日(日)、飼料用の稲栽培実験に着手しました。このことは[81=飼料用稲の栽培実験]で報告し、播種から22日目の7月5日(土)の途中経過も公開しましたが、さて、その最新状況はどうなっているのでしょうか。田んぼ用の長靴は持ち合わせていませんが、ごくふつうの長靴をはいて出掛けました。

 ところで、7月19日、八千代市ではラジコンヘリによる農薬の空中散布が行なわれ、アイガモ農法にチャレンジしている山田農場の山田さんが、アイガモ全員を飯島農園の竹林に避難させました。そのことは「アイガモ通信5号」で報告されていて、無差別な農薬の空中散布に、相当に憤っていました。憤って当たり前です。

「我々有機農業者の宝である害虫を食べてくれるクモやカエルやゲンゴロウももちろん死にます。我々人間が、個別に農薬を撒く手間を惜しむばかりにこんなことをして良いのでしょうか。病気が出ていない田んぼにも、直接関係のない水路やあぜ道にも、みな平等に農薬が振りまかれるのです」

 この山田農場のアイガモ農法による田んぼのすぐ近くで、飼料用米の栽培実験をしているから、その憤りはコチラも同じ。ラジコンヘリによる農薬散布で、我が飼料用田んぼにも等しく散布されたのですが、その2週間後、田んぼにはイナゴが元気よく飛び跳ねていました。ただし、昆虫類はイナゴだけしか確認されませんでした。見た目は不気味なほど虫の姿がない、長閑な田んぼ。

 写真で見てもらえばわかるとおり、除草作業をして来なかったので、稲なのか、雑草なのか、判然としません。田んぼ一枚すべての除草は到底無理なので、区画を5メートル×10メートルに限定して除草することにしました。いやはや、こうも雑草に覆われると、まるで休耕田と変わりがありません。

 除草作業を1時間ほどで切り上げました。お隣の田んぼに眼をやると、もうすでに花が咲いて受粉作業が完了し、籾は口を閉ざしています。
 飯島さんによると、「こうした状況を、『デホが出たぞ』って言うんです。穂が出たからデホ。漢字で書くと出穂。音読みでシュッスイって言うんでしょうが、我々は『デホが済んだよ』なんて言ってるんです。稲は日照時間の積算時間が一定時間に達すると、花が咲いて受粉し、結実となるので、このデホは大切な情報なんです」と説明してくれる。

 それにしても、デホってだれが言い出したんだろう。花が咲いたぞ、とか、穂が出たよ、と言えばいいのに、「デホ」とはね。
 いつか、司馬遼太郎先生が誰かとの対談で「タイジョウホウシンって言われて、しばらくの間わからなかった。漢字で書く『帯状疱疹』とタイジョウホウシンが結びつかなかった。『タイジョウ』を『オビジョウ』と発音すればまだわかるのに」と、そんなことを言っていた記憶があるが、それと似たような事例かも知れないなあ。「出穂」を無理に訓読みにしたり、音読みにしたりせず、ここは「穂が出たよ」と、挨拶言葉に近い感覚で情報交換したほうが素直そうだ。蛇足ながら。
by 2006awasaya | 2008-08-03 20:26 | 真剣!野良仕事

【真剣!野良仕事】[86=農具は朝まで寝かしておけ]

2008.8.3(日)
f0099060_1785210.jpg

↑オクラ2年目最大の改良点がこの「座式2輪シート」。シートを支えるポールには高さ調整レバーが標準装備されていて、自由に座面の高低を設定できる。乗車操作法は簡単で動力は自分の足。背もたれまで深く腰を下ろし、後ろ向きに進んでいくのです。
f0099060_1792738.jpg

↑オクラの背丈がまだまだ低いので、この「座式2輪シート」が大いに役立つ。収穫するのは大村さんですが、大村さんは収納するバケツを横にもちながら作業を進めています。ボクはバケツを股に挟んで後に後ずさっていますが、飯島さんはこのバケツと「座式2輪シート」をヒモで結んでいました。移動すればバケツもついて来るってわけ。作業の効率化とは、こんなちょっとした工夫の積み重ねなのだ。各人各様の工夫がおもしろい。

農具は朝まで寝かしておけ

 8月2日(土)も朝から一点の雲もない晴天。6時に畑に行くと、すでに飯島さんがオクラ収穫中。

長谷川 遅くなりました。おはようございます。昨日寝る前に天気予報をチェックしたんですが、なんだか降りそうなことを言っていたんです。でもダメでしたね。
飯 島 ええ、ここ3週間、雨無しですわ。オクラ収穫を始めて12日目ですが、雨がないので、成長が鈍っていますね。収穫開始そうそうは寸法規格をオーバーした巨大オクラも軟らかくておいしかったんですが、この時期の巨大オクラはもう硬くてそのままではとても歯が立たない。雨でも降って成長が早まれば、また柔らかなオクラが収穫できるんですがね。
長谷川 収穫開始直後の1週間は1日2センチの割での成長でしたが、この時期は1日1センチってところでしょうか。
飯 島 ま、そこまで落ちてはいないと思いますが、収穫時に寸法規格をきちんと守ってカットしていかないと、翌日の収量に響いてきますね。規格より大きいオクラは文句無しに収穫しますが、収穫作業をしながら「これはギリギリかな」なんて寸法足らずがあるもんですが、そうした寸足らずのオクラを収穫してしまうと、明日になれば優に規格をクリアーするものまで収穫し、このあとの袋詰めで撥ねられて、結局は収入に結びつかない、言ってみれば無駄なことを汗を垂らしてやっているってことになる。精度の高い収穫作業が、こんな時期こそ求められるって訳ですね。
長谷川 はい、収穫量の競争ではなく、規格合格品の収穫を第一義として収穫に励むようにします。

 そんなことを話しながら今週も収穫作業をしていました。

 そうそう、このオクラ栽培リポート[82=オクラ収穫の3日間][83=4日目の徹底]ではまだ「座式2輪シート」を紹介していませんでしたね。
 実は、昨年のオクラ収穫と今年の改良点で漏れていたのがこの「座式2輪シート、登場!」でした。収穫第1週にはなかったんです。さらに実は昨年は2台、あったんですが、メンバーのだれもが使いませんでした。なんだろ、コレ?とは疑問に思って見ていたことは見ていたんです。でも、だれも使わないので、その理由をボクは勝手に「92歳になるシマさん専用」と思い込んでいたんですね。
 でも、考えてみると、昨年は土曜か日曜しかお手伝いにきませんでしたし、ほんの2畝くらいでしたから、ああ、シンドイってことにはなりませんでした。でも、収穫は当然のことながら連日待ったなしです。お手伝いの頭数が少なくなれば、一人当たりの作業量は増えていきます。で、こんな便利な道具を今年同様去年も使っていたんです。知らなかったのはボクだけだったんです。それが今年は5台増強されて、計7台となった訳です。

飯 島 農家の仕事って中腰の作業が多いんです。腰をやられちゃう。で、こんな2輪車を5台追加したんです。
長谷川 いやあ、ありがたいです。腰を屈めて作業すると、収穫をはじめて5メーターもいかないうちに腰が痛くて我慢できなくなる。立ち上がって腰を延ばして天を仰ぎつつ周囲を見渡すと、そんなことをやってるのはボクだけ。トホホッ軟弱もの!て感じでまた屈んで作業するんですが、腰が痛くて痛くて。で、膝をついて四つん這いになって収穫作業を進めるんですけど、ズボンが土だらけ。それに収穫したオクラも両手についた土で汚れちゃう。ああ、何とかならないもんかと思っていたところだったんです。
飯 島 農作業は確かにシンドイ作業ですが、便利な道具を使って、爽快に作業をすることにしましょう。

 この日も全部で47畝+ロング2畝のオクラ収穫を終え、7台の座式2輪シートを整列させて片づけたら、なんと、飯島さんが蹴飛ばして横倒しにするじゃないですか。ボク、こう見えても几帳面な性格なんです。むっとした表情を作って「なんでそんなこと、するんです!」と抗議すると、呆れるほどスカンとした顔でこうなんです。

飯 島 シートが朝露に濡れて、お尻が濡れるし、それに朝早く起こしてしまって疲れ気味でしょうから横に寝かしておきましょう、明日の朝まで。

 ボク、このひと言で数瞬、恥じ入ったのでした。やはり飯島さんて、とんでもない詩人だったのだ。そしてボク、とんでもなく凡人だった。

f0099060_17102020.jpg

↑血液型A型のボクが作業を終え、座式2輪シート7台を整然と片づけたところです。奥から2番目と6番目の傾きが若干ずれていて、直そうかなと思っていたんです。
f0099060_17104389.jpg

↑詩人の飯島さんがあっけらかんと蹴飛ばして寝かし付けたところです。
by 2006awasaya | 2008-08-03 17:22 | 真剣!野良仕事