<   2009年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

【真剣!野良仕事】[111=冬瓜ドーム]

2009.8.22(土)

芭蕉の冬瓜句に異議あり
f0099060_21414183.jpg

↑緑のドームの内側をうかがうと、何とも立派な冬瓜!

 畑の仲間で、山形県の庄内ご出身の阿部さん。いつもご夫婦で畑に顔を見せては、仲のよさを見せつけてくれているんですが、今日は阿部さんお一人。
 で、周囲から、はて、今日はどうしたんだろうという視線を浴びている。

長谷川 おや、めずらしいですね、今日はお一人ですか。
阿 部 ええ、今日はふうちゃんに逃げられちゃってね。
長谷川 おやおや。真実は逆じゃないんですか。奥さま、いまごろ、だれかに聞かれて「今日は逃がしてやったのよ」なんて言ってるんじゃないんですか。

 そんな軽グチをかわし、ボクはオクラの選別をやったり、草刈りを手伝ったり。阿部さんは草刈りで午前中を過ごし、昼ご飯を食べてからはそれぞれの区画に行って自分勝手をやっていたんです。竹林同様、ボクの区画は雑草に覆われていて、まずはその始末。ふと見ればナスもトマトもいい成り具合。早速に収穫をしたり、草を抜いたり。この、あれやって、これかたずけて、疲れ果てて腰、ストンを落として空を仰ぐ。この時間がいいんです。

 阿部さんの区画はボクの区画からつい、眼と鼻の先。別段、大きな声をかけなくても十分に声は届く距離です。
 ボクが自分の畝に這いずりながら草刈りに熱中していると、声がかかります。

阿 部 ねえ、長谷川さんがカボチャでやりたかったのって、これじゃないんですか。うちはカボチャじゃなくて冬瓜でやってみたんです。

 息も絶え絶えで、這うようにして阿部さんの区画に行くと、逆U字型のパイプで組んだ高さ2mほどの緑の巨大な塊。その緑の塊の内部をうかがってみると、20センチは優にある冬瓜がざっと見で5つはぶら下がっています。

 そうなんです。キューリなのか、ゴーヤなのか、一見判別のつきにくそうな緑の葉と蔓に覆われたドームを覗き込むと、ドームの天井と側面からカボチャがたわわにぶら下がっている。そんなシーンを思い描いて、今年の春先、黒皮栗カボチャと青皮栗カボチャ、それに小型のカボチャ「坊ちゃんカボチャ」を植えて、逆U字のパイプを好人舍の資材置き場から引っ張り出してきて組み立て、新芽が伸びるとそのパイプに添わせたはいいのですが、その後の管理がうまくなくて、いま、阿部さんが立ち上げた冬瓜ドームのようにはいきませんでした。収穫が坊ちゃん5個だけとは! ああ、天を仰いで、悔しい!

 でも、来年は阿部さんに負けぬよう、頑張りますよ、再びカボチャで。

 ところで、食いしん坊の芭蕉のことです。きっと、冬瓜を詠んだ句があるに違いないと加藤楸邨先生の『芭蕉全句』をぱらぱらやったら、秋の句でありました。

冬瓜やたがひに変る顔の形(なり)

 楸邨先生の解説です。
「故郷に帰ってみると、折しも、冬瓜の時期である。昔美しかった人も久しぶりで逢ってみると、この冬瓜が見どころのないように、見る影もなくなってしまっている。自分もまたこんなに老い衰えてしまったことだ」というのです。
 個性もなにもない、なんの特徴もない、のっぺり顔の喩えとして、冬瓜を引っ張ってきたのです。
 直感しました。芭蕉も、解説の楸邨先生も、ご自分で冬瓜を作ったことはないんだろうと。きっと門弟から差し入れられた籠一杯の冬瓜を見て、まるで挨拶句のように「おお、立派な冬瓜だこと! この時期の細った食欲にはまことにありがたい」などと言葉では返したものの、心の中では「あれれ、どれもこれも、大きさといい、色といい、特徴のないのが冬瓜の特徴なのだな」と見たに相違ない。もしも冬瓜を実作していれば、あの芭蕉のことですよ、あの楸邨先生ですよ、ほんのわずかな違いも見落とすはずもなく、なかでも一番小振りな冬瓜を手に取っては、「もっと陽の当たるところに誘導しておけば、色も大きさももっともっといいものになったのに、まことに申し訳ない」など、見る影もない自分の喩えに、冬瓜を引き合いに出すことはなかっただろうし、むしろ、味わい深いまったく違った冬瓜句になっていたはずです。

山寺や斎(とき)の冬瓜きざむ音

 こちらは虚子先生の高弟、飯田蛇笏先生の句です。皮を剥いて煮炊きすると、果肉が透明になり、淡白な味わいに変貌する冬瓜を、開け放たれた寺の台所のすぐ近くで蛇笏先生、じれながら待っていたんでしょう。クドいようですが、もしも芭蕉が冬瓜を実作してさえいれば、絶妙な冬瓜句を残してくれたでしょうね。

f0099060_21421129.jpg

↑草刈りで一息入れる阿部さんです。
by 2006awasaya | 2009-08-23 21:49 | 真剣!野良仕事

【真剣!野良仕事】[110=猛暑の中の草刈り]

2009.8.22(土)

残暑お見舞い申し上げます

 寝苦しいので、クーラーを入れて寝る日が続いています。ところがひんやりした空気が直接カラダに当たっていたからか、風邪を引いたようです。ノドの奥が妙にいがらっぽく、コホコホと咳は出るは、偏頭痛に見舞われるは、どうにもすっきりしません。こんな状態が2週間ほど続き、畑に出るのも億劫。どたっとソファーに横になって終日、なにするでもなく時間を過ごす。そんなこんなの数日が過ぎ、痰と洟水が治まってくると、現金なもので、「さて」なんてヒトコエ、自分に声掛けしただけで気分も一気に回復。で、久しぶりに畑に出て汗をかいてきました。
 いやあ、久しぶりの畑は気持ちいいものですね。

f0099060_11253865.jpg

↑草刈りをやっていると、雑草たちはなんでこんなに旺盛なんだろうと、つくずく感じ入ります。野菜たちも、雑草たちの旺盛さを見習ってほしいものだと思います。作業をしていると、さて、時間にして2時間くらいのものですが、全身、汗みずく。スポーツジムで汗を流すより、数等倍、いい汗がかけます。ただし、両手が塞がっているので、したたる汗が眼に入り放題。痛いのなんの。眼鏡は曇るし、したたる汗で視界は歪むし、困ったものです。エンジン音が激しいので、耳元に蚊が飛来してきたことも分からず、吸われる一方。耳の後を刺されるのも痒いけど、マブタを刺されるのもかなわない。オデコを刺されるのもしんどいし、ああ、痒くて発狂しそう。持参したタオルを首筋に巻いても数分でぐっしょり。この朝、3本目のタオルに替えて、精一杯のさわやかさを表情に作ってのち、この写真を撮ってもらいましたが、いま、写真を改めて見直すと、ズボンもシャツも汗を含んで色が変わっています。でも、これだけ汗をかくと体調回復を証明したような気分です。こうして暑さにもめげずに元気に働いている姿って、我ながらウットリ!


 収穫されてきたオクラを好人舍で選別していたら、裏のほうで草刈り機の音がします。そうか、大村さんと阿部さんの顔が見当たらないので、ふたりして竹林前の草刈りをやってるんだろう、そろそろ交代しないとバテちゃうだろうしと、竹林に行ってみると、あれれ、一帯は雑草の海。この5月にガムランコンサートを開いたとき、聴衆の皆さんが座っていたあたりは人の背丈まで雑草が茂っています。そのむっとする熱気と蚊が支配する雑草の海でだれかが溺れないようにと、もがくように格闘しているのが阿部さんと大村さんでした。

 草刈り作業中はエンジン音で周囲の音はほとんど聞こえません。回転する鋭利な刃先を振り回しているわけですし、複数で作業をする場合は、特に注意が必要です。阿部さんがこちらを振り向く一瞬を捉えて、「交代しましょう」と身振り手振りで伝えます。エンジンを止めた阿部さんを見ると、全身、汗みずく。むしろ、交代が遅かったくらいです。申し訳ない。
 こんな交代を繰り返して、午前中で大村さん、阿部さんとでほぼ草刈りを完了。お昼のお弁当を買いに、近くのコンビニに3人で。

 その道中のおしゃべりを再録して、お二人の人となりを紹介しましょうか。

長谷川 草刈り機のハンドルをずっと握っていたせいか、掌が痺れてるんですが、阿部さん、痺れてません?
阿 部 長谷川さん、それは長谷川さんがまだ若いから痺れてるんですよ。私らくらいの年齢になると、普段なにもしない時には痺れているけど、この作業を始めると血液循環がよくなるのか、むしろ痺れがとれるようですよ。

 阿部さんて、こんな冗談が好きみたいです。自分のことを棚に上げておしゃべりする人が多い中、棚に上げた自分を卸して笑いの対象にする、そんなおしゃべりの仕方が好きみたいです。

 さて一方、大村さんはどんな方かって言うと、海外生活が長かったからか、こんな冗談が好きなようです。

大 村 ねえ、長谷川さん。向こうの人間て、こんなことを理想と思ってるんですってよ。

 耳の奥で草刈り機のエンジン音がまだ鳴り響いているようで、大村さんの言葉がよく聞き取れません。掌もまだジンジンと痺れています。それをもって「お若い」と阿部さんからお褒めの言葉をいただいたばかりですが、聴覚まで若やいでしまったのか。はて、向こうの連中がどうしたっていうんだろう。

長谷川 え?いま、なんておしゃった?
大 村 いえね、向こうの男の理想の話なんですが。

 ボク、困ってしまって。だって、お腹をすかせて、フラフラよたよたしながらお弁当を買いにいく途中で、「理想」について、しかも、「向こうの連中」という限定の「理想」です。こちらの世界しか知らない身としては、はて、なんて答えてよいものか。

 すると、ボクの困惑顔を楽しむように、

大 村 向こうの連中って、うら若き乙女にヴィンテージワインを注いでもらっての一献が理想なんですって。

 ああ、そういう話だったのか。よかった、まじめな話で。深刻な話だったら、聞こえない振りをしなくちゃと、表情を硬くしたものか、迷っていたんです。眉間のシワを弛緩させて、

長谷川 ああ、いいでしょうね。ボク、ビールならいけるんですが、ワインはどうにも好きになれないので、その理想の半分の部分にしか賛意を表せないのが残念ですけど。
大 村 ぼくなんか、悲惨ですぜ。ヴィンテージものの女性に若きワインを注がれて飲んでいる次第。まったく、とほほな人生ですわ。

 阿部さんも大村さんも、どちらかというと「おばさん」が通常のおじさんより多めの「おじさん」で、結果、すこぶるおしゃべりが大好き。長谷川はそんなおしゃべりを聞いてそばでニヤニヤしてるのが大好きなタチなので、この日も、精神生活は極上。肉体もペットボトル3本分は代謝促進できたし、好ましい畑時間でした。

 ますます残暑厳しき折柄、どちらさまも、お体ご自愛くださいませ。
by 2006awasaya | 2009-08-23 11:37 | 真剣!野良仕事