<   2011年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

【真剣!野良仕事】[168=一緒に米作り、しませんか 12 倒伏その後]

2011.9.8(木)
f0099060_16224887.jpg

↑根元近くの節間で折れた倒伏とは違うものの、正常な状態の成育具合でもない一画。寝乱れた花魁の朝って感じがしないでもないが、実際に見たこともなく、さて、何に例えたらよいか。そうか、思い出した。中学時代の我がゴワゴワ頭髪がこうだった。これなら手刈りではなくバインダーで刈り取りができそう。

【倒伏の原因と対策】

 倒伏をメンバーに連絡した8月27日(土)の翌日から、様々な意見が寄せられるようになりました。
 例えば、メンバー阿川さんからのメール。

--------------------------------------------
 稲の倒伏の原因や対策についてネットで調べてみました。ご参考まで。
倒伏原因:
 ・日照不足で成長ホルモンが抑制されず節間が徒長し弱くなる。
   例えば、葉が茂り過ぎると根元が日影になり徒長し易い。
 ・窒素肥料が効き過ぎても徒長する。
 ・根腐れや病害虫(紋枯病、ニカメイチュウ、トビイロウンカ)で強度が弱くなり倒伏する。
 ・風雨などの外的力が倒伏を助長する。
対策:
 ・1株当たり3〜4本の植え付けが適当。
 ・窒素肥料を減らす。
 ・水管理→中干し
 ・病害虫防除
 ・台風が近づくと深水にしておくと倒伏が避けられる

なお、詳細は下記サイトを覗いてみてください。
■http://www.tanbo-kubota.co.jp/watching/watching35.html
(工作機械メーカーのkubotaが提供しているホームページ「くぼたのたんぼ」。米作りの百科事典)
■http://www.pref.shimane.lg.jp/nogyogijutsu/gijutsu/ine-sisin/ine-sisin.data/028.pdf#search
(島根県の農業技術『稲指針』。倒伏について、専門性の高い説明)
■http://www1.sumoto.gr.jp/t-kubo/i-sindan.htm
(淡路農事研究会が運営する「パワフルファーム」。掲載資料がしっかりしている)
■http://blog.goo.ne.jp/mrin_mizuho/e/ee9fa2ba862ff7295c0478b126b3dba7
(Mリン農法の販促ページ。ただし、倒伏防止剤はホルモン剤故、使用するなと注意書きあり)
■http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1247339922
(Yahoo!知恵袋。かなり本格の回答でベストアンサーが読める)

--------------------------------------------

 阿川さんから教えていただいた「倒伏」関連のweb資料以外に、平成13年度 新潟県農林水産業研究成果集の1普及技術-7.生育指標による「コシヒカリ」条播種直播における倒伏防止技術http://www.ari.pref.niigata.jp/nourinsui/seika01/fukyu/07/010107.htmlが示唆に富んでいて有益なページでした。しかしながら専門用語が多く、辟易。

 坂本さんからもmailをいただき、結論から言えば、密植が倒伏の原因と思えばいいということですが、ボクには、坂本さんのブログ「自然って ことは…」の9月4日(「葉っぱの事情(稲)」)がまことに示唆に富む一文でした。

 摘み食いをするように要約すると、「稲は葉っぱ5枚程度で穂に付く100〜150粒の米を実らせる。わずか5枚程度の葉の光合成産物のデンプンは穂の米粒を実らせる。たった5枚の細い葉で陽を受け、米を実らせるわけですから、畝間距離、株間距離、田植え時の1株あたりの苗の本数に細心の配慮をしなくては」。そんな趣旨でした。密植がいかに害多く、益少ないことが分かってきました。

 では、密植の反対語は何だろう。密植の対岸にある優良な成育法は何だろう。手元の類語反対語字典で密植の反対語を探すと、おお、「疎植」か!
 さっそく、[ルーラル電子図書館]>現代農業>現代農業用語集>稲作・栽培体系で「疎植」を調べてみました。
 以下、その説明を引用してみます。
--------------------------------------------
 単位面積当たりの株数を多く植えるのを密植、少なく植えるのを疎植という。では坪当たり何株植え以下なら疎植というか? 定義はないが、地域の平均と比べて少なければ疎植といっている場合が多い。
 疎植の優れているところはまず苗箱が少なくてすむこと、そして何よりもイネが健康に育つこと。疎植のほうが下葉まで日光が当たりやすくなるので根張りもよく、イモチ病やモンガレ病も出にくい。草丈が少々伸びようが、茎が太くなるので倒伏に強い利点もある。植える株数が少ないほど単位面積当たりの茎数のとれ方がゆっくりになるので、そのぶんへの字生育をしやすくなるともいえるだろう。ダイズや野菜をつくったあと、レンゲ田など、チッソ肥効が高まりやすい田にもむいている。
 以前は、ポット田植え機を買うか、田植え機の植付け部を改造しないと坪五〇株未満の疎植は難しかったが、最近では井関農機から株間三〇cm・坪三七株植えができる田植え機も販売されている。あるいは、何条かおきに条間を広げて疎植にする方法もある。熊本や愛媛などでは、地域的に疎植栽培に取り組むところもできてきた。
 極端な疎植は、遅れ穂が原因となって青米が増えるなどのマイナスの影響もあるが、疎植ほど、そのイネ本来の姿が見えてくる。

--------------------------------------------

 今年の稲刈りも済んでいないウチからこんなことを言うのもナンですが、来年は畝間条間40センチの間隔をしっかりと守り、1株は苗3本としたい。こうすると、先に紹介した新潟県農林水産業研究成果で掲げられている数字を実現出来そう。
 
・苗立数25本の場合(1㎡あたり)
=稈長88㎝ 穂数310 1穂籾数81 登熟歩合88% 収量480kg(1反)
・苗立数100本の場合(1㎡あたり)
=稈長83㎝ 穂数391 1穂籾数57 登熟歩合89% 収量450kg(1反)

 この数字は直播きによる稲作を指導研究している試験場ゆえ、1籾から1苗を発芽させ、結果として小麦畑のような様子で収穫する稲作なのですが、苗数が少ない方が収量が多いという点に、金子さん!注目してください。
 この苗立数25本とは、ボクの計算では1㎡あたり株間条間40センチ間隔で田植えをするなると9株となり、この9カ所に苗3本を植えると、ちょうど上記の研究成果とほぼ同数となるのです。これが株間条間30センチだと16株、1株に苗3本の場合は48本、苗6本だと96本。この1本1本が7月中旬に分蘖の最高期を迎えると、茎も細く、一斉に葉を繁らせ、風通しも悪くなり、陽も射さなくなるので、根元近くの節間は伸びてしまい、まるで爪先立ちをしているひ弱な株として成長、倒伏すること必定。改めて米作りって奥が深いなあ。

↓苗立数とさまざまなデータ一覧表(新潟県農林水産業研究成果より)です。
f0099060_16231391.jpg

by 2006awasaya | 2011-09-08 16:29 | 真剣!野良仕事

【真剣!野良仕事】[167=一緒に米作り、しませんか 11 倒伏!]

2011.9.6(火)
イネ倒伏顛末始末

 昨年、田んぼの草取りでさんざんに悩まされ、「米作りは草取りと見つけたり」なんて拗ねた気分が捻れた末、今年の米作りは「草取りに忙殺されず、いかにラクをして収穫までたどりつくか」。このテーマをクリアーするために、「草の発生を抑制するには、やはり水管理でしょうね」という合議のもと、メンバー全員による輪番制の水管理当番を取り決めたのです。水の入り具合、用水の水量、その他、気がついたことをメンバー全員で共有していこう、水管理レポートで一斉メールで流しましょう、そんな電子連絡帳を作ったのでした。

 そも、水管理レポートとは、1反と5畝の田んぼに水はどれほど入っていて、用水の流れ具合はどうだったかなど、いくつかのチェックポイントを観察し、気がついた事項を備考として記録し、メンバー全員で田んぼの状況を把握するためのものです。6月26日の谷さんのレポートからスタイルが統一されたのですが、例えば、以下のような水当番日誌です。

6月26日(日)午後、谷さんの報告。

元栓:問題なし
水流:絶好調
側溝:つまりなし
5畝:満水
1反:奥半分ひび割れ
備考:1反の真ん中あたりですが、上の田んぼから水が少々流入(湧水状態)


7月24日(日)午前の水管理、猪股さんの報告。

結果:1反・・・9:15からポンプ揚水中、13:20にガス欠予定
   5畝・・・用水路から水を入れている途中です。
   飯島さんの1反・・・用水路から水を入れている途中です。
1反:9時15分からエンジンポンプ稼働、10時55分に燃料満タンにしましたが、13時20分頃にガス欠の予定。用水路元口:幹線の用水路の元口をそれぞれ全開して、5畝と飯島さんの1反に水をいれている途中です。
5畝:用水路からの水を入れておりますが、手前の田んぼにも水をいれていますので、5畝に入る水は少量です。
飯島さんの1反:用水路からの水を入れておりますが、手前の田んぼにも水をいれていますので、飯島さんの1反に入る水は少量です。
※用水路の水の流れを良くするために、農道の両側の耕作放棄地周辺の用水路の草刈りをしました。午後の当番へ、好人舎の当番表の下に午前の報告を書いて、掲示しておりますのでご確認をお願いします。


7月30日(土)午前の部の水当番、秋山さんのレポート。

元栓:水量は少ない。
側溝:ほとんど流れず。5畝までは届いていない。
5畝:水なし。乾いてはいない。
1反:水なし。乾いてはいない。ひび割れはあり。
備考:前日の雨のためか、土は湿っているが全く水はない。このあと雨の予報もありポンプによる注水はせず、様子をみることにする。稲が一部が出穂していることから、今後の水管理については飯島さんや鷹島さんとも相談する必要がある、との意見あり。ただし水当番は当面、これまで通り行うことを確認。この日は除草の日でもあり、9時に田んぼに着いたときには、すでに猪股さん、金子さん、谷さんら数人のメンバーが除草作業を進めていました。7時半から始めていたそうです。お疲れさまでした。


8月7日(日)8:00〜11:30の長谷川のレポート。

元栓:水、全くなく、川の下流にある土地改良区全体へ送水するポンプ場も停止していた。
側溝:全くなし。
5畝:少し湿り気はあったが、水なし。全面でほぼ出穂はしていたが、開花は1/2程度。
1反:水、全くなし。全面でほぼ出穂、開花は9/10のほぼ満開。
備考:川から汲み上げるポンプを設置し、まず5畝に水を入れる。猪股さんによると、5畝なら2時間ほどで満水になるので、11:00前後に給油チェックをかねて配管を5畝から1反に付け替えようということになり、前日の小林さんの申し送り事項である畦の除草を終え、好人舍に戻る。
11:00に、給油と水管理のチェックにいくと、満水のはずの5畝には奥1/2には水は入っていたが、手前1/2には水が入っていなかった。ポンプに給油して、5畝に給水を続け、見回りをしていたら、1反のすぐ上の地主さんも見回り中。「もう2時間も5畝に給水しているのに水が溜まらない」と言ったら、あそこは暗渠が壊れているから、いくら水を入れても溜まらないんだよ」と、明快な返事をいただく。底が抜けている田んぼだったとは!
さらに、「5畝の稲の成長具合が今年はよくて、よかった」と言われ、プロから褒められたのだと嬉しくなったが、なんのことはない、「草の被害がこちらに及ばなくなって、ほっとしている」と。去年の我々の有様を、すぐ近くでじっと見ていて、顔をしかめていたのでした。好人舍に戻り、これらの見聞を午後の檜山さんにつなぎ、帰宅。



 もちろん、7月中旬、「今年のイネは草丈が高く、倒れてしまうかも」との不安を言葉にした飯島さんから注意喚起もありました。これについては([164=一緒に米作り、しませんか ⑨ 栄養過多 2011.7.16(土)])でも報告した事柄ですが、ボクには「倒れてしまうこと」がどういうことなのか、具体的なイメージが湧きませんでした。「日の光を葉に受け、根からも栄養分を吸い上げ、稲穂を大きくし、米粒を太らせ、それで稲穂が重くなり、頭を垂れた状態」が「倒れる」ことだと思っていたようです。「倒れる」ということがまるで理解できていなかったのです。イネは円筒形の茎ですから、ある限界までは結構強靭で、なかなか折れませんが、いったん折れてしまえばもとには戻りません。そんな基本的なことへの想像力が欠如していたようです。それよりも、水管理のこと、畦の草刈りのことでいっぱいでした。

 ところが、メンバーの一人、猪股さんによる衝撃的なひと言が水当番日誌の最終行に書かれていました。

8月14日(日)8:00〜9:00の猪股さんレポート。

好人舎に帰ってから、午後の当番へ引き継ぎのメモを作成し、9:20に掲示しました。
元栓(舗装道路沿いの用水路)に水が流れていますが、水位は7分目程度、水流は弱い。
測溝:5畝まではわずかに流れていたが、水が入っている範囲は水口付近の約1a(5aの1/5)程度。
   1反は全く流れなし、乾いてます。
穂の出具合
   5畝・・・穂がほぼ出そろう、頭を垂れはじめてます。
   1反・・・穂が出そろう、頭を垂れはじめてますが、草丈が高いため、
      茎(草丈)と穂(米)の出来過ぎによる倒伏が心配ですが・・・・。



 そして、この週の木曜(8月18日)から金曜にかけて、関東の平野部を強い低気圧が通過し、心配していた倒伏が現実となってしまったのです。結果は、以下に掲載した写真で確認してください。

f0099060_21244420.jpg

↑2011.8月20日(土)の田んぼの姿。水当番の鈴木さんが水の入り具合をチェックしている。倒れ具合はおとなりの田んぼとほぼ同じで、外周を除いてほぼ全面で倒伏。
f0099060_2124576.jpg

↑農道を挟んだ向かいの田んぼでは、田んぼの中央で渦を巻いていた。まるで鳴門の渦潮を干潮船に乗りすぐ間近に見るような印象。田んぼがツムジを曲げたのかな?

 田んぼに集まったメンバーで、この倒伏した田んぼに対して、果たしてどのような対応をすれば、刈り取りまで進めることができるのか、話し合いましたが、いい具体案が出ません。とりあえず、田んぼの現状だけでもメンバー全員に伝えておくことが必要です。そこで、以下のような一斉メールを投げました。

8月20日(土)15:00〜16:00の長谷川レポート。

現地対応:
「前日来の風雨により、1反+5畝とも稲が倒れている」と午前担当金子さんから引き継ぎがあり。
前週、猪股さんも倒伏を危惧していたこともあり、丈の伸びすぎが原因で倒伏したのかと、心配しながら鈴木さん運転の軽トラで田んぼへ。
田んぼ倶楽部、鷹島さん、飯島さんの田んぼを除いて、周囲の田んぼはほとんどが倒伏していた。我が方だけが倒伏していたわけではなかったので、少しばかり安心。
飯島さんの意見:明日まで雨があるので、その後の陽気をみて、できることがあればやることにしましょう。たとえば? 棒のようなもので倒れた稲を元に戻すとか。
アイガモ農法の山田さんの意見:太陽が出てくれば、シャキッと直立します。大丈夫です。根元で折れていなければ、ですが。
長谷川の感想:飯島さん、猪股さんの倒伏不安の一因は丈の高さにあるので、本日、周辺の田んぼの丈の高さを測ってきた。1反90センチ超、5畝90センチ。田んぼ倶楽部、鷹島ともに85センチ。飯島90センチ。農道を挟んだ向かいの田んぼが一番倒伏が激しかったが、90センチ。アイガモ山田80センチ(水入り)。以上、我が方の田んぼだけが異常に草丈が高い訳ではなかった。


 飯島さんは、「倒れてしまったイネの対策については、明確にこうしたらよいという具体的な進言はないなあ。コンパネのような板か、あるいは、太い棒を使って、倒れた稲を起こすことぐらいかなあ。週明けに天気がよくなれば、日差しが回復すれば、案外しゃんとするかも」と、天候回復に期待を寄せていましたし、久しぶりにお会いした山田青年からは「根元が折れていなければ、また元通りになりますよ」と慰められたことを佳しとして、しかも、周囲のプロたちが作るイネも倒れているのを見て、これは騒ぐまでもなくそのうち、天候が回復さえすれば自然と回復するものだと手前勝手に結論づけてしまったようです。何の根拠もなく、希望的観測で1週間、対策もせず、様子を見てしまったのでした。
 日本の南海上を超低速で北上する巨大台風12号の余波で、天候は回復せず、週末にかけて、再び風雨。倒れたイネは自力で回復するいとまもないままに雨に叩かれ、根元から折れてしまっていたのです。


f0099060_21252852.jpg

↑除草作業を済ませ、どの程度、倒伏しているのか、田んぼの中に入って調べる猪股さんと小林さん。1週間前には膝くらいだった倒伏が、この日はクルブシあたりまでべったりと倒れ込んでいた。2011.8月27日9:32。

 そこまでのダメージを受けているとは知らず、8月27日(土)、スケジュール通り、田んぼの草刈りに集まったメンバーで話し合い、以下のような一斉メールを流すことにしました。

【米作りメンバー各位へ】
 すでに金子さんより本日8月27日(土)13:49に報告があった通り、本日をもって、本年分の水当番、草刈り作業は終了することにしました。
 本日8月28日(日)午前時点での田んぼ状況は、先週8月20日(土)以来、晴天の日も数日ありはしましたが、稲穂は頭を持ち上げるまでにはいたらず、1反と5畝とも倒伏したままでした。
 そこで、倒伏した1反と5畝の稲刈りと脱穀が万全にできるよう、その手だてを講じるということで鷹島さんを含めた有志(猪股、金子、小関、小林、秋山、長谷川、鈴木)で検討した結果、ハサ掛け乾燥をすれば、かなり品質も回復するだろうということになりました。
 稲刈りは当初の予定どおり9月17日(土)〜19日(祝)に実施する予定ですが、稲が倒伏しているため、昨年のようにバインダー(刈り取り→結束→放出)利用の稲刈り作業は見込めず、大半がカマによる手刈りとなる予定です。もちろん、バインダー利用できる部分は利用します。


 9月に入り、近畿地方に大災害をもたらした大型の超低速台風12号の影響で、連日の雨。
 9月3日(土)に以下のような一斉メールを投げました。

本日9月3日午前中、金子さんと相談した件をご連絡します。
1=明9月4日(日)の8:30に好人舍集合 現地田んぼ作業開始9:00作業開始。
2=はさ掛けの真竹購入追加費用については、その時点で相談。
3=現地田んぼにて、倒伏回復作業。別添PDFにて若干説明しましたが、トンネルなどを作る際に使うグラスファイバー製のブルー棒、愛称「ヒゲ」を半円状に条間に刺し、これに倒伏したイネを立てかけ、刈り取りまで品質維持。
*金子さんはステンレス製の稲刈り用カマを290円にて購入していましたが、スチール製はもっと廉価だったとか。明日の作業には、このカマはまだ不要です。稲刈りまでにご用意ください。
【9月3日の田んぼの状況】
1反=外周を除き、全面で倒伏。一部冠水。発芽してしまうかも。早めに回復したい。
5畝=外周と奥1/3を除き、倒伏。幸い、ほとんど冠水していない。
以上、長谷川

f0099060_21255386.jpg

↑グラスファイバー製のヒゲを半円状に刺し、これに倒伏した稲を起こしてから立てかける作業の説明pdf。


 9月4日(日)。いやはや、倒伏イネの回復作業はとんでもなくハードでした。グラスファイバーのヒゲを約300本、軽トラに積み、田んぼへ。
 共同で進める作業ですから、作業手順の確認をしなくてはなりません。イネの株間は30センチ、条間も30センチです。少し密植に近い田植え間隔で、しかもレンゲを鋤き込んだ富栄養土壌ということもあり、茎の成長がコシヒカリのアベレージ数値に比べ、遥かに高く、手足の長い長身のイネです。モンゴル系の東洋人を除いた外国人相撲レスラーの悲哀というフレーズを思い出します。足が長いので腰の位置も高く、胴長短足の国技である相撲には向かない体型。そんなイメージを我らが1反のイネに抱いてしまいます。
 そんな感傷に浸っている暇もなく、倒伏回復の段取りを巡って、試行錯誤。
f0099060_2126173.jpg

↑9月4日(日)、倒伏回復作業に取りかかるメンバー。左から猪股さん、小関さん、檜山さん、大川さん、小林さん、高橋さん、金子さん、秋山さん。作業開始は9:37。
f0099060_2126389.jpg

↑昼食後、倒伏回復作業を開始したメンバー。左から秋山さん、檜山さん、金子さん、猪股さん。9月4日14:18。
f0099060_21271235.jpg

↑2/3の回復を終えた1反の田んぼ。中央のループヒゲの右サイドが回復したイネ。左が倒伏したイネ。倒伏から2週間の時間が経過し、根元からすでに枯れ、根に近い部分は腐っていた。
f0099060_21273520.jpg

↑倒伏したイネの株元の拡大。ほとんど枯れているのが分かる。分蘗数も多い。

f0099060_2128249.jpg

↑午後の作業を終え、ヘトヘトヘロヘロ状態のメンバー。左から小林さん、秋山さん、猪股さん、金子さん、檜山さん。9月4日15:21。

 倒伏したイネを3条起こす人が先頭に立ち、起こし終えたイネとベタッと倒伏したイネの間に、4株おきにひげを刺す人が続き、刺さったヒゲのもう一方をつかんでループにし、起こし終えた3条の稲をループに添わせる人。この3人1組で回復チームを組みスタート。午前中は9名だったので3チームで作業。昼食後は6名2チームで作業を再会。午前中の作業開始早々は3条ではなく5条ごとに起こしたが、株元が雨で腐り始めていたので、せっかく起こしても自立できないことがわかり、それで3条ごとにヒゲをループにして曽和得ることにするなど、試行錯誤の連続だった。
 どなただったか、倒れてもはや自力で立ち上がれないイネに「バイアグラを処方しようか」などと話しかけていた方がいたことを報告しておく。

 倒伏に至った原因は1=田植え時、30センチ×30センチの密植、2=レンゲ鋤き込みによる富栄養土壌、3=田植え時、1株の苗を3〜5本にしたことなどによる分蘗数の多さなど、いろいろあると思いますが、この日、作業を終え、サンプル稲を1反、5畝、子供劇場、鷹島、飯島農園のエントランス横の神田から、それぞれ1本ずつ頂戴し、横に並べて比較した写真が以下に掲載します。
 はやり1反の田んぼのイネは草丈も高く、分蘗数も多く、見るからに茎が細くひよわそう。これじゃあ、8月18-19日の強風が吹かなくても、簡単に倒れていたなあと、実感。
f0099060_21282321.jpg

↑自宅に戻り、サンプルを横に並べて写真に撮りました。向かって左が根側で、ピンクの付箋は節です。一番下がスケール、1反、5畝、子供劇場、鷹島、飯島農園のエントランス脇の神田の順。この作業をしながら、ネットで「イネ 倒伏」で検索すると、日本全国の農協や農機具メーカーのページにヒット。いかに倒伏が大きな問題かがわかりました。その理由もよくわかったが、倒伏したイネをいかに回復させるかについての具体的な対策、対処法はほとんどヒットしなかった。その理由は実に簡単で、最近のコンバインは性能がアップしていて、多少の倒伏なら、器用に刈り取れることがわかった。
by 2006awasaya | 2011-09-07 21:30 | 真剣!野良仕事