<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

【真剣!野良仕事】[204=三陸通信1●タコ漁体験報告]

2013.7.30(火)

三陸のタコ漁 乗船記

 三陸のタコ漁船に乗ってきました。タコ壺を使うのか、釣りをするように釣り針にエサを付けて獲るのか、それともタコが大好きな伊勢エビをオトリにしておびき寄せ、モリかなにかで突いて獲るのか。ボク自身なんの予備知識もなく、飯島さん、風戸さんに同行して第五崎浜栄丸に乗船し、なんのお手伝いも出来ないまま、その様子をカメラに収めてきたのです。
 まずはその一部始終をご覧ください。

タコカゴ漁一部始終

f0099060_21534167.jpg

↑【5:10】この日、2013年7月26日(金)の早朝、大船渡(おおふなと)市の越喜来(おきらい)湾に面した浜崎漁港からタコ漁に出る面々です。右から飯島幸三郎さん、伊藤光男さん、遠藤誠さん、風戸邦彦さん。撮影者は長谷川智昭です。海は穏やか。ただし、濃い霧が立ち籠めていた。

f0099060_21535554.jpg

↑【5:46】濃い海霧が立ち籠める中、越喜来湾の湾口に当たる大塩岬、首崎と廻り、最初のポイントに到着。このポイントへはGPSで確認しながら船を走らせていたが、長谷川と風戸は船尾に座って海を眺めるのみ。およそ30分後、ポイントに到着。この赤い旗のブイが目印。

f0099060_21543534.jpg

↑【5:48】船を前進後進と微調整しながら、赤い旗を結んだブイに近づけ、船上に引き上げる船長の遠藤さんと伊藤さん飯島さん。発泡スチロールとはいえ、とんでもなく重い。船上に引き上げると、このブイに結ばれたロープが深緑をした海の底から現れる。

f0099060_21545691.jpg

↑【5:56】ロープは何人が束になろうと人の力では巻き上げることなど出来ないが、巻き取り機にロープをセットし、巻き上げボタンを押すと、低いうなりを上げてタコカゴが現れる。最初のカゴが上がってきたが、タコは入っていなかった。

f0099060_2156425.jpg

↑【6:00】ロープには18m間隔でタコカゴが結ばれている。5カゴ目だったか、大きなタコが入っていた。カゴからタコを取り出すだけでも大変な作業だが、この大きなタコを水色の蓋付きバケツに入れるのも一苦労。蓋をとり、10kgはあるタコを入れ、素早く蓋をする。

f0099060_21564423.jpg

↑【6:02】タコカゴの中央に、エサのサンマを頭から刺している伊藤さん。背を上に、腹が下になるように刺すと、海底に下りた時、泳いでいるように見えるらしい。揺れる船上でこの作業をするのはなかなかに難しい。しかも次から次にこなしていかなくてはならない。

f0099060_2157669.jpg

↑【6:10】船は自動運転にセットされていて、引き上げ作業に専念できる。遠藤さんはカゴの引き上げ、伊藤さんはカゴの清掃とエサのセット、飯島さんはバケツにタコを入れる役割を勝ち取ったようだ。海に生きる男達は見ていて惚れ惚れするほど、動きに無駄がない。ただ感心するばかり。

f0099060_21574889.jpg

↑【6:33】カゴの数は60あった。最後のカゴに、小さめのタコ。タコの他に、ウニやヒトデやアイナメ、カレイ、ドンコなど、いろいろな魚が入っている。貝類も入っている。海の底にいる魚介がエサのサンマを食べにカゴの両サイドに開いた開口部から入って来るのだろう。

f0099060_21575939.jpg

↑【6:39】海底に仕掛けたカゴをすべて引き上げ終わったところ。30個ずつを上下ずらして積み上げ、この二山で60個のカゴを整理する伊藤さん。とにかく作業に無駄がない。遠藤さんは3つのローラーからなる巻き上げ機を止め、ロープの縒りを戻したりと、手際よく作業している。

f0099060_21592443.jpg

↑【6:41】タコカゴ漁の最中は、風戸、長谷川は見学。船舶免許を持つ飯島さんは嬉々として漁の手伝いをしているが、我々両名はウニをいただくのみ。海水で洗い、いただく。うーん、濃厚な味。二つに割る。海水で洗う。味わう。長谷川は船上で10個いただいた。

f0099060_21593319.jpg

↑【6:44】越喜来湾と吉浜湾を隔てる半島の突端、首崎と小壁崎の中間辺りでタコカゴ漁をしていたらしい。魚群探知器のモニターには水深106mとあり、すぐヨコのモニターは車のカーナビのような位置情報を示している。これがあったから、濃霧の中、このポイントにたどり着けたのだ。

f0099060_2203975.jpg

↑【7:02】位置情報を確認し、60カゴを、船を走らせつつ再び投下。このカゴが60個目のカゴ。船上はご覧の通り、整然とかたずいている。このあと、汲み上げた海水で甲板を隅々まできれいに洗い流す。段取りがまことに手際よい作業は、そばで見ていてとても気持ちがいい。

f0099060_22183.jpg

↑【7:03】赤旗を立てた浮遊標のブイを投下して、タコカゴ漁の作業はこれで終了。濃霧で視界がほとんどないが、どうやら半島の突端から20〜30m沖のところにいるらしい。海は穏やかで、風もなく、雨もない。絶好の漁日和。これで波があり、雨が降っていたら、つらい作業だったはず

f0099060_2211037.jpg

↑【7:46】さきのポイントから30分ほど経過した新しいポイントに到着。霧が若干ながら薄れてきて、岬の荒々しい岩壁が見える。水深は先ほどより20m ほど浅い80m。位置は吉浜湾に近い小壁崎沖のようだ。位置情報はログとして残せるので、洋上といえど、迷うことはなさそうだ。

f0099060_2213055.jpg

↑【7:54】遠藤さんと伊藤さんは新しいポイントで、もうすでに作業をしているが、見学組は仕事の邪魔にならないよう、ひっそりと船尾に身を縮めているか、ウニを洗って食べるかしかない。まったくありがたいことだ。NHKの朝の連続テレビ「あまちゃん」ではウニ1個が500円だったなあ。

f0099060_2215323.jpg

↑【8:05】タコカゴを引き上げると、タコ以外に小魚が入っている。少しばかり大きめの魚は取っておくが、小さい魚は海へ。そこにはウミネコが待ち構えていて、ちょっとした争奪戦を演じている。鳴声がニャーニャーと、まったくうるさいが、耳を澄ますと、鳴声に個性差があるようだ/font>

f0099060_2224654.jpg

↑【8:07】新たなポイントでは、もうしっかり乗船員の一員となり、かいがいしく働く飯島さん。揚がったタコを器用にバケツに入れ、蓋を閉められるようになっていた。遠藤さんは操船とカゴの引き上げとタコの取り出し。伊藤さんはカゴの清掃整理とエサ付け。飯島さんはタコの収納。

f0099060_2225643.jpg

↑【8:23】小さな魚は海へ返すが、カジカ、ナメタガレイ、アイナメ、ドンコ、ウニなどはカゴいっぱいになる。写真右の、腹を見せているのがドンコで、これの煮魚が昨夜の宿で出され、おいしいのにびっくり。コラーゲンたっぷりとかで、女性にはことのほか人気らしい。ああ、また食べたい!

f0099060_2234171.jpg

↑【8:24】第2ポイントでのカゴ引き上げを終え、投下を開始。船はあらかじめセットした設定に従っての自動操縦で動いている。波を切って進んでいるので、それが分かる。遠藤さんはタコカゴの上部を立て、クリップで留め、ロープの縒りを直し、すべてを確認してから投下していた。

f0099060_224551.jpg

↑【8:31】60個のカゴの投下を終え、目印のブイを投下し、崎浜漁港に戻る。出発時の濃い霧に比べ、だいぶ薄く明るくなってきた。断崖絶壁が意外に間近に見える時がある。カモメたちも、食べ物にありつけないと分かった時点で姿を見せなくなった。海上に響くのは船のエンジン音だけ。

f0099060_2242951.jpg

↑【8:43】船尾で左を見ると、霧の向こうに岩礁。すぐ脇だ。その険しさに思わず身を引いてしまうが、こうしたシーンには普段、なかなかお目に掛かれないので、何枚も何枚も撮影してしまう。あとで捨てることになると判っていても、シャッターを押さずにいられない絶景がつづく。

f0099060_224678.jpg

↑【8:45】船尾の真後にて5分ほどムービーで撮る。風上に向かって走っているようで、船が大きくローリングしたり、ピッチングしたりする。船上には手すりが各所にあり、移動する時も含め、たえず掴まっていないといけないと、スタート時点で厳重注意されたことを思い出す。

f0099060_225112.jpg

↑【9:12】崎浜漁港に戻ってきた。飯島さんだけが手伝えて、我ら両名、なにも手伝っていないにもかかわらず、潮風を浴びたせいに違いない、一仕事を終えて港に戻ってきた漁師気分になっている。声も顔も少しばかり錆びたようだ。大きなバケツからタコを出し、チェックする遠藤さん。

f0099060_2251378.jpg

↑【9:13】茶褐色の濃いタコ、白っぽいタコ。いろいろ個性があるのだろうか。大きなタコで20kg以上。おいしい三陸の魚介を食べて育ったのだろうし、さぞ美味いだろう。そんな思いで見ていたら、飯島さん曰く「あれほど剛腕なタコも、こうしてみるとなんともダラシナイもんだ」と。

f0099060_225142.jpg

↑【9:16】メインマストのウインチで漁獲の荷を岸壁に下ろす遠藤さんと、軽トラ荷台に移す伊藤さん。遠藤さんは左手に持ったコントローラーで揺れる船上から正確に操作。慣れとは言え、なかなか難しい作業なのだ。

f0099060_2263026.jpg

↑【9:25】遠藤さんの船「第五崎浜栄丸」。この時間になって、霧も晴れてきて、波がまったくない、穏やかさ。海はいつもいつもこんなに優しい表情を見せてばかりはいないこと、1年前に陸前高田の広田湾のカキ・ほや漁師の吉田善春さんから聞いたことなどを思い出していた。


なにゆえ三陸?

 7月25日(木)〜27日(土)の2泊3日で、三陸に海の幸を求めに行ってきました。海の幸?ええ、そうなんです。「飯島農園おいしい野菜公園2007」の、夏の定例行事「バーベキューパーティ」のための食材調達。
 表だってはバーベキューパーティのための食材調達ですが、この春先からスイカパラダイスのメンバー4名が丹精込めて作ったスイカを陸前高田市、大船渡市三陸町越喜来(おきらい)在住の漁師さんに送り届け、その帰りに三陸の海の幸を持ち帰ろうというドライブ旅行だったのです。
 船橋と三陸の陸前高田は地図上の直線距離で400km、走行距離で550kmと結構離れていて、車で走って6〜7時間は掛かる遠距離を、飯島さんの運転で飛ばしに飛ばし、着いた先は陸前高田の元高田松原前の駐車場。先年、お世話になった陸前高田市区長の伊藤光男さんとここで待ち合わせをし、約20km北東に位置する大船渡市越喜来へ。
 ところで、三陸までスイカを乗せた車を走らせたのには、いくつかの懸案がアリ、飯島さんが構想する「農業と漁業の共生」を実現するための打ち合わせも兼ねての三陸行だったのですが、ボクはその構想にはタッチしておらず、ただただ、スイカお届けグループの一員として、また、バーベキューパーティの食材調達担当として同行したのでした。
 
 スイカは陸前高田市区長の伊藤さんに手渡し、大船渡市三陸町越喜来の漁師、遠藤さんの誘いでタコカゴ漁に乗船させていただいたのです。
 その一部始終は「三陸のタコ漁 乗船記」で紹介しましたので、おおよそ雰囲気はつかんでいただけたかと思います。その食材は、越喜来の大きなタコとナメタガレイ、カジカ、アイナメ、ドンコ、これに加えて、三陸漁業生産組合の組合長理事を務める瀧澤英喜さんが獲ってきた大きな毛ガニを、バーベキューパーティに間に合うように、宅配便にて別送しました。この豪華で贅沢な食材の数々は、次のレポート[205=三陸通信2]にて紹介する予定でおります。それに加えて、飯島さんと三陸の漁師さんたちの絆が、いかなる経緯で結ばれたのか、この点についても、[206=三陸通信3]として近日中に、再び長々とレポートすることにします。乞うご期待を。

by 2006awasaya | 2013-07-31 22:45 | 真剣!野良仕事

【真剣!野良仕事】[203=カメムシ発見]

2013.7.29(月)

出穂の穂先にカメムシ発見!

f0099060_21284396.jpg

↑2013年7月28日(日)、我々の田んぼのすぐ上の田に、カメムシ発見。ハエも多く散見されたが、カメムシが多いのに一同ショックを受ける。出穂したばかりの穂先に鈴なりで留まっている姿も確認。これから開花して結実をスタートさせる最初の一歩でこのカメムシに舐められたり吸われたりしたら、結実どころか、枯れてしまうに違いない。
f0099060_2129489.jpg

↑なんだこれは! 病気か? カメムシを発見してのち、きっとカメムシ被害にあったイネも多くあるはずと、注意深く見て回ると、もうすでにカメムシ被害にあったような稲穂が見つかった。たとえばこの写真。


 今月末、7月30日(火)に八千代市にある我々が米づくりをしている一帯に、ラジコンヘリコプターによる水稲病害虫駆除を目的とした薬剤の一斉散布が行なわれるので、散布後1週間は田んぼに近づかないことにしました。
 どのような薬剤が散布されるかというと、主にいもち病発生予防の薬剤で、その他に害虫駆除にも効果的な薬剤が散布されるということがJA八千代市のホームページに掲載されていて、散布エリアが地図でわかるようになっています。
f0099060_21302167.jpg

↑八千代市植物防疫協会のホームページに掲載されている散布エリアマップ。

 ところが、昨年まではどのような薬剤が散布されるのか、薬剤名が記載されていましたが、今年は薬剤名は記載されておらず、注意書きとして
「散布区域の水田に隣接する通学路や住宅等に薬剤が飛散しないよう十分注意し散布を行いますが、散布中は散布区域への立ち入り、農道の通行は避けて下さい。なお、散布後も1週間程は水田に立ち入らないよう、ご理解ご協力をお願い致します」とあり、問い合わせ先八千代市植物防疫協会の電話番号が記載され、細かな内容は電話で問い合わせる方式に変更されています。
 そこで、「八千代市植物防疫協会」を検索。すると、こちらのページには使用薬剤が明記されていました。アミスタートレボンSEとイモチエーススタークル粒剤の2種。

 注意事項として、こちらのページには寄り具体的な注意喚起が明示されていて、以下のように説明されています。

 使用薬剤は、農薬取締法に基づき空中散布用として登録されている、より安全性の高い薬剤を使用し、散布区域の水田に隣接する通勤、通学路及び学校、住宅地等に薬剤が飛散しないよう十分注意して早朝に散布していますが、次の点に注意し、ご協力をお願いします。
(1)散布地域には旗を立てますので立ち入らないで下さい。
(2)散布後一週間程度は、水田には立ち入らないで下さい。
(3)散布中は農道など散布区域内の通行や新川遊歩道付近での釣りは避けて下さい。
(4)散布中の児童等の通学には農道を通らないようにお願いします。
(5)万一、薬剤を吸い込んだり、身体にかかってしまった場合は、うがいや石鹸などですぐに水洗いしてください。気分が悪くなる等の症状が出た場合は、必要に応じ医師の診断を受けられるようお願いいたします。

 我々の田んぼは除草剤やその他の薬剤を使わずにお米づくりをしていますので、事前に八千代市農協に対し、「我々の田んぼには薬剤を散布しないでください」と申請し、受理されて、薬剤を散布しない田んぼであることをラジコンヘリコプターのオペレーターに分かるよう、目印としてオレンジ色の旗を田んぼの四隅に立てましたので、今回の薬剤は直接的には掛かりません。どのような散布の具合かは2年前にボクのブログ(「ラジコンヘリによる農薬空中散布」)で紹介していますので、参照してください。生え揃ったイネの上空約2〜3メートルを維持しながら金属的なモーター音を響かせて、ラジコンヘリをコントローラーでオペレーションするオペレーターともう一人の係員2名一組で散布する様子を掲載しましたので、そちらをご覧ください。我々の田んぼには薬剤を散布しない旨、オレンジ色の旗を四隅に立てていますが、すぐお隣りの田んぼには薬剤が散布されるわけですから、風向きによっては薬剤が飛散するに違いなく、「無農薬で作っています!」なんて胸を張れる米づくりにはなっていないのです。ただし、注意事項に説明してあるように、より安全性の高い薬剤と書かれていても、薬剤は薬剤。メンバー各位は、できるだけ薬剤は浴びたくないので、散布予定日7月30日(火)前に畦の除草だけでも徹底的に済ませておこうということになり、7月28日(日)の早朝から昼まで、草取りに励んだのでした。

 7月28日(日)。7:30から揚水する一方、刈り払い機と鎌で畦の除草し、すぐに大量の汗に堪えられずに休憩を取り、再び作業をし、この繰り返しを何回かした何回目かの休憩時に、メンバーの一人、Tさんが「穂が出ていますが、そのなかに黒っぽい穂もあるんですが、あれはなんでしょうかね」と、疑問を漏らしたのです。
 滴る汗をぬぐいながら一同、フリーズしたように一瞬表情をこわばらせ、Tさんを注視。
 一番早くフリーズが溶けた長谷川が、「Tさん、その黒っぽい穂って、どのあたりで見ましたか」と問い掛け、すぐにその現場に案内してもらったんです。
 なるほど、イネは出穂を始めていて、中には花を咲かせて籾殻部分を開けている穂もありました。その問題の穂は、授粉を済ませ開けていた籾殻部分を閉じて、実りへと向かう登熟初期の、少しばかり早熟のイネだったんでしょうか。
「病気じゃないといいんですが、一応、写真に撮って後で調べてみましょう」ということになり、この「黒い穂騒動」の後は、出穂を済ませた穂を鋭く観察しながら除草作業を続けたのでした。
 これだけきれいに除草したのですから、病害虫の住み処となる雑草は、これで向こう1週間、田んぼに立ち入らないとしても、生命力旺盛な雑草たちが景観を変えるほど、あるいはイネたちの姿を覆うほどには成長を進めることはなかろうと、現場から引き上げてきたのです。
 それにしても、イモチ病予防とカメムシなどの害虫を駆除する目的で明日、散布され、ここに紹介したカメムシらはきちんと殺虫されるでしょうか。それとも、薬剤が散布されない我々の田んぼに避難して命を生き長らえるのか。この件については8月11日(日)に除草作業が予定されていますので、その折に報告することにしましょう。
by 2006awasaya | 2013-07-29 21:31 | 真剣!野良仕事

【真剣!野良仕事】[202=タマネギ長者となる]

2013.6.29(土)
タマネギ長者の神妙なる面持ち

f0099060_2135929.jpg

↑2013年6月29日(土)に収穫した大玉タマネギ220球とタマネギ長者

 昨年11月10日、16号線島田台に近い長野種苗で求めた大玉タマネギ230球を定植し、本日、まるまると太ったタマネギを、収穫してきました。
 全収量は220球で、1/2が直径10センチ強の真球。残りの3/4が直径8、天地9センチのラグビーボール型、1/4が直径5センチクラスのレベル以下品。この収穫に対しては、まずまずの上出来といわなくてはいけません。
 振り返ってみるに、今年に入って早々に降雪があり、凍ってしまった一時期があったことを考えると、まずまずの上出来と謙遜している場合ではなく、ドヤ顔で「やれば出来るのだ!」と周囲憚ることなく、自慢の一言を漏らしてもいいと思っていますよ、タマネギたちよ。ボクに出来たことは、原産地の音楽を初めから聞かせてあげることが出来ず、異教徒の呪文であるコーランを幼少期にしつこく聞かせ、その後に事実誤認に謝罪してのち、青年期に当たる時期に中央アジアの音源を聞かせ、やっと安寧な実りへの道へと歩む環境を用意できたことくらいでしょうか。

 収穫を終え、一輪車にタマネギを乗せて車まで運んでいましたら、ちょうどシマさんが草取りをしていましたので、思わず自慢してしまいました。

長谷川 ご無沙汰しています。シマさんのタマネギが先週、収穫を終えていましたので、今週はボクのところのタマネギを収穫してもいいんだと、それで今日、収穫してきたんです。どんなもんでしょうか。
シ マ まあ、こんなにたくさん?ずいぶんと大きなタマネギですね。立派なタマネギができましたね。おめでとう。
長谷川 シマさんにそんな風に褒められると、ほんとうに嬉しい限りです。シマさんが作っている具合を見ながら、トンネルをかけたり、トンネルを外したり、地上部の茎を折ったりと、シマさんのやっていたとおりに作ったので、お陰様で収穫にこぎ着けることが出来ました。本当にありがとうございました。
シ マ 腕を上げたのですよ。大きさといい、形といい、いいタマネギができましたね。ここ2,3日は風通しのいい所に置いておけば、今年いっぱいは食べられますよ。農家の場合は軒先なんかに吊るしておきますが、風通しのいいところに置いておけば、半年はもちますよ。いろんな料理に使ってください。

 ああ、シマさんに褒められるなんて、まったく嬉しいものです。

 それにしても、個人の家庭で220球のタマネギを消費するのは、ゲップが出るほど大変なことで、ご近所におすそ分けし、やっと100球を自家用として残し、本年の後半で消化するラフな消費計画をいま、立て終わったところです。毎朝の味噌汁の具には、かならず入ってくるでしょうね。肉ジャガにも、従来より遥かに大量のタマネギが投入されるでしょうね。

 これから毎日毎日、タマネギを使った料理が向こう半年もつづくかと思うと、嬉しいやら悲しいやら、タマネギ長者となったいま、新たな人生の局面に立たされたような、神妙な面持ちです。
 どんどんタマネギが消費できるレシピ、どなたかご連絡をいただけると嬉しい限りです。
by 2006awasaya | 2013-07-01 18:12 | 真剣!野良仕事