<   2017年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

【真剣!野良仕事】[242=50センチ超クラスの肉厚ホウレンソウ]

2017.3.23(木)

肉厚で巨大!だから美味い!
f0099060_10194072.jpg

↑水洗いしてから正確に測ってみたら、ほとんどが50センチ超!

 船橋農産物供給センターが発行する「おいしい野菜通信」の42号(冬号)に、葉物野菜の生産者が集まって、ホウレンソウと小松菜について情報交換をする座談会があり、生産者ならではの目からウロコの情報が詰まっているんだけど、その中で、ホウレンソウ農家の渡邊さんがこんなことを言っているんです。
「ふつうは大きくなったホウレンソウは加工用に回るから、一般のお客さんの手に渡ることはないんだけど、あれ、本当に美味いのよ。なんとか一般のお客さんにも回るように工夫したいね」
 こんな一文に出会って、ああ、大きなホウレンソウを食べてみたいと思ったのです。

 流通過程で大きさ制限というものがあり、背丈が30センチを超えると取り扱ってくれないということ、フツウのお客さんは知らないだろうな。大きさについては、流通業界も生産者もこんな規格を厳密に定めているんです。それは、スーパーの陳列棚に並べた際の見栄えとか、流通の際のダンボール箱の大きさとか、透明な袋に詰められて出荷されるんだけど、その袋に入らないとか、様々な条件をクリアーするためには、畑で25〜30センチで収穫しないと、売り物にならない。
 だから茎がまだ細くて、少しの風にも折れたりしそうな子供っぽいホウレンソウしか店頭に並ばないことになる。栄養価とか、美味しさを云々する前に、まず大きさで選択され、大きいホウレンソウは畑で廃棄されるか、冷凍加工品として処理されるか。
 そんなこと、フツウの人は知らないだろうな。

 でも、本当に美味しいホウレンソウは、葉も分厚く、緑濃く、表面がピカピカ光っていて、茎もがっしり太く、根っこにあたりも紅色。背丈を測ってみると、40〜50セント。大きく育ったホウレンソウこそが美味い。農家の方々は知っているんです。大きなホウレンソウの方が断然美味いことを。
 でも、八百屋さんやスーパーには並ばない。決して入手できない幻のホウレンソウ。
 でも、何年かに一度、生産者もその年の天候具合を読み切れず、収穫時期に手当てしていた人の手配が上手くいかず、泣く泣く収穫を断念するとかいうことがあるんです。「自然相手の仕事ですから、そうなったらそうなったで致し方ありません」と、平然とした表情で言うんです。「すべては自己責任ですから」と。そしてすぐに平然とした表情を天に向けて顔を歪める。なかなか見られない数瞬の真実です。

 そしてあろうことか、収穫時期をオーバーし、背丈が50センチに巨大化した幻のホウレンソウがこの春先、一畝、ありがたいことに、ありえないことに残されていたんです。
 さらに幸運にも、その一畝を収穫して良いという許可が下り、本日、袋いっぱい、いただいてきました。

 ああ、美味い!
 本当に美味いホウレンソウだった。


f0099060_1020985.jpg

↑広い畑に一畝、残されていた!
f0099060_10203091.jpg

↑茎が太い、葉っぱが分厚い、緑が濃い!
f0099060_10204755.jpg

↑スパゲティに入れて食べたら、いやあ、美味いのなんの!
by 2006awasaya | 2017-03-23 22:05 | 真剣!野良仕事