【真剣!野良仕事】[113=収穫感謝祭]

2009.10.10(土)
懇談歓談会
f0099060_1742496.jpg

↑「は〜い、一二の三で撮りますから、いいですか。それでは、はい、一二の三」と声掛けてシャッターを押した写真がこれです。どうか、掛け声の通りにこちらを向いてくださ〜い、よろしくお願いします、阿部さんの奥さま。なお、ここには写っていないのが鷹島さんご夫妻、事務局長兼会費徴収役の大村さん、それに写真右端でシャッターを押す直前に身をのけぞらして視野から姿を消した上原さん、撮影者の長谷川。飯島さんと井上さん、坂本さん、松本さん、それに大村さんの奥さまはもうすでに密かに一人で乾杯済みで、赤い顔でした。

 新京成線高根木戸駅近くの「割烹たなか」という店の2階座敷にて、本年の収穫感謝祭を保ちました。農事関係者にとって収穫感謝祭とは、夏野菜の終了と秋冬野菜準備の、これといった急かされることのない、舞台で言う「幕間」に似た、手持ち無沙汰の期間を収穫感謝祭というんだそうです。
 長谷川はこの日、たくさんの方々とおしゃべりしたかったのですが、飯島さんのお母様で今年92歳になられるシマさんの明晰なる頭脳について飯島さんと、本格就農されて1年目、農業がいかに採算が取れないかについて松本さんと、お米作り2年目の悲喜こもごもについて鷹島さんと、団塊世代の問題多い大人たちについて尾上さんと、ご母堂を亡くされ、思い出にひたる暇もあらばこそ、東京と四国との往復で忙殺されている坂本さんとは私的な感傷噺を、それと、帰りのバスでご一緒し、漁師の息子に生まれたにも拘らず、漁師を継がなかったという金子さんと。時間にして約2時間のうち、これらの方とそんなこんなのおしゃべりができただけでも大収穫!本当はもっともっとおしゃべりしていたかったのですが、タイムアップで散会となりました。
 それでは、話の続きは畑にて、ということで。
by 2006awasaya | 2009-10-12 17:43 | 真剣!野良仕事


<< 【真剣!野良仕事】[114=3... 【真剣!野良仕事】[112=い... >>