【真剣!野良仕事】[138=お米の話(15)]

2010.10.26(火)
ついに自作新米を賞味! 極品でした
f0099060_21172997.jpg

↑我が分け前のお米だと思うと、嬉しくて、思わず破顔。最近、畑や田んぼ以外でこんなに気分よく笑ってないなあ。
f0099060_21175257.jpg

↑これが玄米。さっそくお米屋さんに持ち込んで5kg200円で精米してもらいました。びっくりするほどツヤツヤで、ピカピカした極品のご飯。もちろん、三角おにぎりの塩結びでいただきました。そうそう、十六島(うっぷるい)海苔を片面に乗せて。

 10月10日、インストラクターの鷹島さんからmailを受信。
「1反で収穫したコシヒカリの各自の配布量が決定しましたのでご連絡いたします。収穫量は、玄米で282kgでした。その中から、地代として60kg、乾燥籾すり代として20kgを引いて、202kgの玄米を各自に配分することにいたしました。また、0.5反で作ったミルキークィーンについては、別途、乾燥籾すり後決定いたします」

 おお、ついに食べて実感できるところまできたか。はて、どんな味だろう。
 最近は精白米ではなく、近所のお米屋さんで玄米を5分から7分に精米してもらい、それを食べているので、味噌汁をかけたような炊き上がりのご飯なんです。せめて自分で作ったお米ぐらいは真っ白な銀シャリで食べたい!
 そこで、お米屋さんに持っていき、5キロだけ精白にしてもらったんです。
 なんと、炊きあがりはピカピカと輝いていました。うまい米でした。
 米作りの仲間を募るに際し、「1反の田んぼから7俵前後の米ができ、うち1俵は田んぼ借用のお礼として地主さんへお礼しますから、6俵はできます。1俵のお米は重さで表すと約60kgですから、1反ではその6倍の360kgの収量です。これを参加人数で割ると、例えば10名の参加者があったとして、36kgはゆうに我がものにできるんですが、参加しませんか?」と。
 ところが、今夏のこの暑さ。目標360kgが現実には280kgの収量しかなかった。ボクの分け前は20kg。
 ところがです。今日、山田農場の山田さんのブログを見ていたら、なんと昨年の1/3の収量しかなかったと書いてあるではありませんか。今夏はプロにとってもそれほど過酷な米作り環境だったのですね。目標の7割を収穫で来ただけでも善しとしよう。
by 2006awasaya | 2010-10-26 21:18 | 真剣!野良仕事


<< 【真剣!野良仕事】[139=大... 【真剣!野良仕事】[137=お... >>