【真剣!野良仕事】[156=一緒に米作り、しませんか ⑦]

2011.5.30(月)
今年の神田は日本晴
f0099060_16253914.jpg

↑2011.5.21、12:15、飯島農園の竹林にて。昨年の神田で収穫したお米を、薪とお釜で炊いたご飯です! お米の品種はコシヒカリで、粒も大きく、お釜で炊いたからでしょうか、艶も食味も素晴らしかった。本当は塩ムスビにして頬張りたかったが、皆さんがお茶碗で食べているので、一人自我を通しみなさまに叛旗を翻すわけにもいかず、お茶碗に盛ってもらっていただきました。塩ムスビで食べたかった。
f0099060_16273840.jpg

↑2011.5.21、15:05、神田にて。水がうまく抜けず、ヒザすれすれ。ボクはもっぱら水掻き人足担当。バケツで20〜30杯はかき出したが、まだヒザ下すれすれ。
f0099060_1628079.jpg

↑2011.5.21、15:20、田植え完了。左から鷹島さん、猪股さん、金子さん、鈴木さん、秋山さん、小関さん、阿川さん、撮影者は長谷川でした。

 5月21日(土)の15:00、飯島農園のエントランス脇にある「神田(しんでん)」で、日本のお米のスタンダード米として知られている「日本晴」を植えました。この日本晴はお米の食味から粒の大きさ、草丈の高さや病害虫に対する耐性など、日本のお米の標準となる品種なのだそうです。
 以上は飯島さんの請け売り。

 とっても大袈裟な喩えで恐縮ですが、パリ近郊のセーヴルにあるメートル原器のようなもの。
 この田んぼは理学博士でビオトープ管理士の是永さんの実験場といえば実験場、遊び場といえば遊び場で、田んぼを生活の場としている昆虫類を観察するための区画なのです。この小さなスペースでも、生物多様性の現実を観察するには格好の水辺で、昨年はその頂点にトンボが君臨していたようですが、今年はどんな昆虫がアルジヅラをしているやら。

 web検索の「はてなキーワード」で「日本晴」を調べると、昭和45年から昭和53年まで日本全国の作付け面積の第1位を占めていたのがこの日本晴で、日本に置けるイネゲノムプロジェクトでイネのゲノム解読に使われた品種。日本穀物検定協会では、基準米として滋賀県野洲市の日本晴を採用しているとか。粘りが弱く、ほどよい硬さがあるため、寿司米として人気があるとか。
 今年の神田で収穫する日本晴は、酢飯にしてにぎり寿司か五目寿司にして食べてみたい。
 飯島さん、このこと、深く記憶しておいてください。
by 2006awasaya | 2011-05-30 16:29 | 真剣!野良仕事


<< 【真剣!野良仕事】[157=日... 【真剣!野良仕事】[155=第... >>