【真剣!野良仕事】[170=一緒に米作り、しませんか 13 倒壊から収穫まで]

2011.10.28(金)
倒伏惨状からの復興
 なかなか更新できませんでした。ああ、これって昔風にいうと「筆無精」ということなのですね。昔はいやになるほど筆マメだったんですが、すべては寄る年波ってところでしょうか。ま、記録だけでもつけておきましょうか。
 今回は写真説明だけで、9月10日のハサ掛けから10月1日の脱穀までを一気に紹介します。途中、台風襲来で、我らの田んぼは大惨状に見舞われましたが、まずは倒伏した田んぼから。

f0099060_17463039.jpg

↑9月10日。すぐお隣の田んぼです。われわれの田んぼは倒伏してメンバー一同呆然としていましたが、お隣の田んぼはこのカカシが四天王のごとく見張っていて、稲はシャンと背筋を伸ばし、一本も倒れている稲は見当たりませんでした。来年は、我々の田んぼにも、こうしたお目付役を配置しよう。もう神頼みしかないのかな。
f0099060_17465866.jpg

↑9月10日。ハサ掛け試作の日、ハサ掛けの材料の竹を田んぼに軽トラで運び込む。
f0099060_17472833.jpg

↑ハサ掛けは誰も経験したことがなく、それで飯島さんに指導してもらいながら片方の畦側だけで作業開始。竹の表面はツルツルしていて、なかなか縛りにくいものです。細みの稲縄をぐっしょり濡らしてきつく縛りますが、なかなか作業ははかどりません。ま、一週間後、ハサ掛けをつくりながら稲刈りをすることにする。
f0099060_17474945.jpg

↑ハサ掛けのサンプルを1列作って、15:24、来週がんばろうと声を上げて引き上げる。この日、とにかく空が高かった。
f0099060_17481879.jpg

↑そのハサ掛けと稲刈り当日の9月17日。ご覧のごとく、べったりと倒伏した田んぼ。バインダーが機能しないので、大半は手狩り。そのための準備作業として、ヒゲを抜き取っている檜山さんと小関さん。
f0099060_17484110.jpg

↑9月17日の作業報告。1反の株数は縦方向151、横方向69で10419株。株の間隔は30センチ。奥の方が分蘗数が多く、茎も貧弱で、根本はカビて腐っている株が多く見られました。1反のうち、午前午後で151×20=3020株をハサ掛けに。
f0099060_1749218.jpg

↑9月21日。前夜にmailあり。「台風15号の通過に伴い、以下の対策が必要」と飯島さんから。「1反のハサ掛けした稲束は、三角やぐらを組んだすぐ下におろしておいた方がいい」と。5畝のヒゲに添わせた稲束は、台風が通過した後、不備があれば修復すればよいので、現状のまま、放置しておいてよいそうです。8時から3列のハサ掛けした稲束をおろす作業をしてきた。
f0099060_17493026.jpg

↑ハサ掛け以外のヒゲ干しはヒゲをダブルで挟むようにして台風対策。見た目以上に強固で、並の台風では倒壊しないだろうと思われました。
f0099060_1749527.jpg

↑9月21日、9:00。雨が降る中、最終のチェック。お隣の田んぼに倒れていたカカシを守護神として拝借。「よろしくお守りください」。別れ際、「昔は台風がくると、真夜中でもこの作業をしたものですわ」と、飯島さんは妙に愉快そうに、この作業を懐かしんでいました。ヒゲに寄りかからせた部分は、すでにしっかりと追加のヒゲでフィックスしてあり、風対策も万全でした。そのハズでした。
f0099060_17501745.jpg

↑9月23日、台風一過の惨状です。ハサ掛けはすべて倒壊していました。ヒゲはほぼ1/2、ひっくり返っていました。惨状を目の当たりにして、一同呆然とお手上げ。年に一度のお手上げなので、これはきちんと写真に記録しておこうということになり、写真を撮ったのですですが、お手上げよりも万歳しているようだとの指摘あり。
f0099060_17504145.jpg

↑どうにも様にならないお手上げ写真です。言葉で「お手上げです」というのは容易ですが、体全体で表現するのは難しいものです。
f0099060_1751028.jpg

↑子ども劇場の倒伏を守り抜いたあのカカシも、我が方の田んぼでは神通力も及ばず、ご覧の通り力尽きた。
f0099060_1751225.jpg

↑もう一度ハサ掛けを作り直し、ふたたびかけ直しました。いやはや、疲れました。でも、みなさん、そんなに疲れ果てた様子も見せません。さすがですね。
f0099060_17513968.jpg

↑9月29日(木)9:00、ハーベスターによる脱穀作業を実施しました。うきうきするほどの快晴でした。収量は以下の通りでした。ハーベスターの受け袋で1反が22袋、5畝が11袋でした。トータル33袋。1袋の重量は計測していませんが、仮に1袋の重量を20kgとすると660kg、25kgとすると825kg、30kgとすると990kgとなります。昨年よりも遥かにしっかりした収穫だったと思います。
f0099060_1752061.jpg

↑9月29日(木)16:36、33袋を軽トラに積み、好人舍へ。どうもお疲れさま。
f0099060_17521541.jpg

↑10月1日、好人舍にて、飯島さんによる今年のお米の品評会。「どうも粒が痩せているようです」と。それを聞くメンバーの表情がどこか険しい。
f0099060_17563991.jpg

↑左のお皿は子ども劇場のお米、右のお皿は我が方のお米。
f0099060_1757251.jpg

↑お米の品評会後、田んぼへ出かけて落ち穂拾いと稲わらの整理搬入。この軽トラで3往復。ボク、今年一番の充実した一瞬でした。お疲れさまでした。それにしてもずいぶん日焼けしたなあ。コホンと空咳が似合う白皙を目指していたんだけどなあ。
by 2006awasaya | 2011-10-28 18:07 | 真剣!野良仕事


<< 【真剣!野良仕事】[171=3... 【真剣!野良仕事】[169=畑... >>