【真剣!野良仕事】[171=3年目の稲穂]

2011.10.28(金)
3年経ったら、夢を見よう

 もう30年以上も前のことですから記憶は曖昧ですが、実にいい男そのものの高橋幸治さんが演じたテレビ時代劇「丹下左膳」。林不忘作の時代小説を原作にしたとはいえ、原作にない歯切れいいドラマでした。劇中に流れていたテーマソングが忘れられず、いまでも歌えますが、歌詞がいいんです。「3年経ったら、夢を見よう」というのです。たしか上条恒彦さんが絶頂期の声量で、「夢 を 見 よ う」と、言葉を刻みながら歌うのです。スローバラードで、ベートーベンの交響曲7番の葬送行進曲にも似た厳かなメロディーライン。達磨大師の壁面九年の1/3、3年我慢すれば、男は夢を見ていいんだと、妙な錯覚を正当化したものでした。じわっとこみ上げてくる激情。急降下する鎮静。ボクにとって3年とは我慢の基本単位だったのです。
 話は変わり、昨年9月13日のブログ[131=お米の話(11)]で紹介した我が家の神棚。お陰さまで3年連続で、稲穂を祀ることができました。ボクにとって3年連続とは持続できたことの証明なのです。伊勢神宮に倣い、居ずまいを正して二拝二拍手一拝で祝いました。
 さて、来年もいいお米ができますよう、がんばろう。
f0099060_1574158.jpg

↑左は平成21年産の稲穂。中は平成22年産の稲穂。右は本年平成23年産の稲穂です。ともに落ち穂を拾い集めてここに掲げました。
by 2006awasaya | 2011-10-28 18:50 | 真剣!野良仕事


<< 【真剣!野良仕事】[172=飯黒し] 【真剣!野良仕事】[170=一... >>