花見川遡上サイクリング

2014.5.30(金)
花見川遡上
f0099060_1881258.jpg

↑東京湾岸の幕張から花見川を遡上してきました。印旛沼まで。まったくこれでは鮭ですね。道中で一番気持ちよかったのがここ、花島橋から弁天橋にかけてのこのエリアです。
f0099060_1883035.jpg

↑花島橋から弁天橋にかけて未舗装のロードを走る勝さん。
f0099060_18846100.jpg

↑花島橋から弁天橋にかけて未舗装のロードを走る長谷川です。
f0099060_189166.jpg

↑印旛沼のほとりにある佐倉市のオランダ風車にて。

 自宅から自転車で湾岸道路に出て、千葉方面へ。ららぽーと、マリンスタジアム、メッセを横目でチラ見しつつ、大型車もバンバン走るので、絶えず正面を向いて慎重にペダルを30分もこぐと、花見川に架かる橋を渡ることになります。この橋を渡った先の海側にサイクリングセンターがあり、花見川サイクリングロードが川筋にそって設定されているのです。
サイクリングの先輩である勝さんから「気持ちのいい極上のサイクリングができる道ですから、近いうちに走りにいきましょう」とかねてよりお誘いをいただいていて、二人の空き時間がちょうど重なった5月25日(月)にこのコースを走ってきたのです。

  いやあ、実走してみて驚きました。写真を貼付しますので、爽快を同感してください。

 それ以上にただ今現在、感激しているのが荒木稔さんという方のブログに到達したことです。
 誘われるままに花見川を遡上し、印旛沼まで走りに走り、予想外の逆風に逆らいつつも到達できたことも嬉しい限りですが、この荒木さんのブログを知ることができ、興奮しています。

 利根川東遷とか、利根川の氾濫対策として印旛沼の水を新川・花見川を経由して東京湾に流すプランが江戸時代の享保・天明・天保に企画実施され、その度に失敗を重ねつつ、明治・大正・昭和にこの壮大な事業は引き継がれ、ようよう、昭和41年に酒直機場・大和田排水機場が竣工して「悲願」が達成された訳ですが、これらの歴史的事業を知ったのは快適サイクリングから帰ってきて翌々日、写真を整理しつつ、花見川の歴史を調べはじめてのことでした。
 調べはじめると、やはり面白いですね。書籍では「印旛沼ものがたり」「印旛沼掘割物語」「江戸時代の土木技術」などが館内閲覧書として船橋中央図書館にあることが確認できましたので、いずれ近いうちに読みにいくとして、花見川開鑿工事を幕府が5つの藩に押し付けたことの記録はないものかと、ネットで調べていたのです。
 それで先ほどの荒木さんのブログに到達したという訳です。世の中には「公開する」ということに大きな価値をおいている方がいるんですね。誰でも自由に、しかも無料でこうした知の集積にコンタクトできるということに第一義をおく方がいらっしゃる。
「花見川流域を歩く」http://hanamigawa2011.blogspot.jp/2014/04/blog-post_4.htmlという表題のブログですが、最近、こんなに優れたブログにお目にかからなかったので、余計に感動しています。地勢学に興味のある方はぜひ閲覧してみてください。
by 2006awasaya | 2014-05-30 18:19 | 行ってきました報告


<< 【真剣!野良仕事】[219=「... 【真剣!野良仕事】[218=ス... >>