【船橋の鎮守の森-その3「船橋大神宮」】

 船橋市内の鎮守の森を訪ね歩く土曜日午前中のお散歩第3回目は船橋大神宮です。
 本殿右にある由緒を刻んだ石碑には、景行天皇の40年に日本武尊がこの地に立ち寄り、伊勢神宮を分霊され云々とあり、相当以前からここに祀られていたことが分かる。船橋大神宮と言う名称は通称で、正式には延喜式に記載されている葛飾郡意富比(おおひ)神社。戊辰戦争の前哨戦である船橋戦争で焼失、その後境内整備がされ、今日を迎えたことは参道の一の鳥居を潜ったすぐ左の顕彰碑に詳しく書かれています。
 一の鳥居からは北に向かって真っ直ぐに参道が伸び、お正月などは参道両側に屋台が並び大変な賑わいをみせますが、今朝は森閑とした雰囲気。欅や松の新緑が匂うようです。
   ↓下の写真が一の鳥居から見た参道です。
f0099060_1481757.jpg

 一の鳥居を潜り、20mほど進んだあたりに二の鳥居があります。ここで数段上がります。振り返ると一の鳥居がもう小さく見え、正面には拝殿と本殿が見えます。七五三のお参りのときには、子どもたちがこのわずかな石段を飛び降りたりして、結構な遊び場になるところです。
   ↓下の写真が二の鳥居から見た本殿です。
f0099060_1416377.jpg

参道の左側は人家、右側は鬱蒼とした森。その森の中にお相撲の土俵があります。以前はどの小学校や中学校にも土俵がありましたが、最近はほとんど見かけません。この土俵は地方巡業にも使われる本格の土俵だそうで、久しぶりの土俵にちょっぴり嬉しくなって、シューズのまま(ごめんなさい)上がって四股を踏んでみました。結構硬く搗き固めた土俵でした。
   ↓下の写真が木漏れ日を浴びる土俵です。
f0099060_14104242.jpg

 参道を進んだ突き当たりが拝殿で、みな、パンパンと大きな音を立てて拍手しています。お賽銭を上げる方が大半ですが、中にはパンパンだけでお祈りを済ませ、お帰りになる方もお見受けしました。ああ、お賽銭にこだわるのがおかしいのだと、柔軟な気持ちで参拝風景を見ていました。拝殿の右へ回り込むと社務所、神輿の収蔵庫が並ぶ北参道で、急な石段をくだると本町通に出ます。
   ↓下の写真が北参道で、本町通から急な石段を上ったところです。
f0099060_14113927.jpg

 拝殿を右に行くと千葉県指定の有形民俗文化財に指定されている「灯明台」があります。鬱蒼とした木々が邪魔をして参道からはほとんどその姿が見えません。灯明台を囲うような柵の脇に説明看板があります。お正月の三が日は無料で公開していて、その折、内部を見学してきましたので報告しますが、内部は三階建ての六画形をした狭い集会場のような造りでした。手摺につかまりながら急な階段を登るのですが、二階三階とも畳敷きの部屋で、部屋の隅に丸太のような通し柱がむき出しでこの塔を支えていました。
   ↓下の写真がその説明看板です。
f0099060_14122176.jpg

 以上が第3回の船橋鎮守の森散歩でした。
(hasegawa)
by 2006awasaya | 2006-05-21 14:08 | 船橋


<< 【真剣!野良仕事】[1=不安か... 【船橋の鎮守の森-その2「春日... >>