【真剣!野良仕事】[239=元禄当時のネギ、うまし]

2016.3.6(日)
果報は寝て待て

f0099060_18445913.jpg

大半は収穫済みのネギ畑。写真奥に未収穫の畝が見えます。あれれ、こんなちょっと!
f0099060_18451746.jpg

ところが、近づいて見てみると、いやあ、もの凄い量のネギです。スコップが立っているところからネギが植わっているところまで、約2メートル弱を抜いてきましたが、それだけでも凄い量です。重量を量るの、忘れてしまいましたが、約2メートル弱のネギは、30kgのお米を入れる紙製の袋に一杯でした。

「果報は寝て待て」と言いますが、本気で寝入ってしまい、ああ、よく寝たと、寝ぼけ眼をこすりながら、さて、肝心の果報ってなんだったっけ?ということも、最近は結構あるんです。「焦らずに、静かに時機が来るのをじっと待つ」というのが本意にもかかわらず、うつらうつらと寝入ってしまっては、いやはや情けない。
 およそ半年前の炎天下に、ネギの草取りをして、[231=ネギの草取り]として2015年8月3日にアップしたのです。そのご褒美をじっと静かに、立派なネギになるまで、とにかくじっと待っていたにもかかわらず、スコンと忘れてしまって。
 先日、飯島農園の檜山さんから、「早くしないと、あのネギ、無くなっちゃうよ」と言われ、「そうそう、そうでした、忘れたわけではないのですが」と、少し強がりの返事をしたのですが、内実は忘れていたのです。寝ている間に忘れていたのでした。
 そこで、急ぎいただきに上がらなくちゃと、昨日の土曜日に畑に行ってきたんです。
 なるほど、畑にはわずか1畝を残してキレイに収穫済みでした。
 でも、しっかりご褒美は残しておいていただいていたのです。
 嬉しいですね。心ほろほろしてきます。
 あの暑い夏の日、2リットル入りのボトルをゴクゴク飲み干して、全身汗水漬くで働いたご褒美は、畝の長さに換算するとおよそ5メートルくらいでしょうか。とりあえず2メートル弱分を掘ってきました。
 そして一日置いた今日日曜日の夕飯は、ネギをたっぷりいただくお鍋にします。外を見ると、小雨も降り出し、寒さも帰ってきています。夕飯の準備の前に、葱が大好きな芭蕉さんはどんな味わいを句に詠んでいるのでしょうか。
 さっそく加藤楸邨先生の『芭蕉全句』を開いてみたら、ありますね。

葱白く洗ひたてたる寒さかな

 元禄四年の冬の句会でとあります。葱と書いてネブカと読むそうです。水で洗っての白さではなく、寒さゆえの白さだというところにこの句の味わいがあると楸邨先生はおっしゃっていますが、今夜のネギは元禄当時と全く同じ無農薬のネギです。雑草を生やさないために、苗の植え付け時点ですでに畝の底部に農薬を散布するのが当たり前となっている現代農家産の極普通のネギと比べたら、全くの無農薬で作る飯島農園のネギは貴重で、それゆえに高価な農薬がなかった江戸期と同じだと言ったので、手がかじかむ寒い外の水場でネギを洗わずに済むだけありがたい。さあ、存分にいただきましょうか。
by 2006awasaya | 2016-03-06 18:48 | 真剣!野良仕事


<< 【真剣!野良仕事】[240= ... 【真剣!野良仕事】[238=終... >>