【真剣!野良仕事】[3=知りたいことを聞く]

f0099060_17231255.jpg

↑はじめて履いた地下足袋。基本的には足袋ですから、ふだん履き馴れているシューズとは大違い。それに、畑って、ふかふか、ふわふわしていて、この感覚が足の裏からダイレクトに伝わってくる。素足じゃないのに素足で歩いている感じ。留め具の工夫もかなりのものでした。真鍮製の爪形のコハゼを受けるコハゼカケの位置が3ミリ間隔でずれていて、ズボンのすそも足袋の中に巻き込んで留めることが出来る。


知りたいこと、どうぞ

 専門用語を羅列しながら、いかに農業が大変な作業かを聞いたり読んだりしているうちに、少しばかり気力が萎えてきてしまいました。ああ、どうしたものか、今日は朝から冷たい雨が降っているし、こんな中での農作業って、はたして楽しいかなあ。そんなことをぼんやりと考えるでもなく考えていました。そんな折り、「畑、見に来ませんか」と電話があり、船橋市豊富町の野菜直販ショップ「味菜畑」で飯島さんに会い、お話をすることができたんです。
 ボクの中の「農業する人」って、穏やかで朴訥で、早口でしゃべらず、問われたことにだけ答える、そんなイメージを作り上げていました。どうやら飯島さんてボクの中の「農業する人」のイメージそのものなんです。しかも、野菜についての様々な疑問に、ちゃんと答えてくれる人でした。
 
長谷川 飯島さんがやってらっしゃる「味菜畑のオーナー制度」についての説明の中で、無農薬野菜をいっしょに作りましょうと呼び掛けていらしたでしょ。専門知識もいらない、最低週に1回、畑に来られれば、結構な収穫が期待できる。野菜づくりのノウハウや農具などは全部農家がお貸しします、会費というか費用は1年間で2万円、畑の大きさは約10坪、5メートル7メートルくらいかな、などとおっしゃった。もちろん、できた野菜は持ち帰っていいし、一切合財の費用が年額2万円。その金額でほんとうに野菜はできるんですか?
飯 島 まず、無農薬の件。できます。事実、ぼくはずっと無農薬で野菜を作り続けて、安定的に供給しています。無農薬野菜じゃないと安心できないのは、消費者もそうでしょうけど、生産者も安心して仕事、できませんしね。それに、自分の畑を農薬で汚したくないという思いのほうが強いのです。自分の畑が訳の分からない化学物質で汚されるの、嫌なんです。当然、虫に食われて、期待していた収量がぜんぜんダメというリスクもあります。次に金額の件。あの金額、自分でも確かに安いと思います。生産者から見ても安いと思います。次に、持ち帰りの件。収穫時期になると、週1回では追いつかないほど、どんどんできてきます。われわれ生産者はその時期、ほぼ丸一日、収穫作業に追われます。収穫した後に供給センターに納めるなど、いろいろな仕事がまだまだ待ち構えていて、収穫が済んだからさあ、家に帰って風呂に入り、ビールで一杯とはなかなかいかないんです。皆さんは収穫したらおうちに帰って寛いでください。アマチュアなんです。おおいに収穫したばかりの野菜を味わってください。
長谷川 ええ、無農薬で作った野菜がどれほど美味しいか、どれほど安全かについては追々実感として分かって来ると思うので、では次の質問、いいでしょうか。webなどで体験農業のページなどを見ると、園主が何から何まで準備して、その計画から外れるようなことはできないと明言しているところが多いんですが、味菜畑ではどうなんでしょうか。どのような野菜を作るのでしょうか。
飯 島 自分の作りたい物をどうぞ作ってください。難しいかそうでないかの判断はお教えできますから。ああ、その野菜は失敗したことがあるとか、あれは案外簡単だとか、こちらの経験をお話することはできます。それと、どんな野菜ができるかでしたっけ。いまは5月中旬、初夏ですが、畑にはナス、エダマメ、オクラ、キュウリ、シシトウ、カボチャ、トウモロコシ、ピーマン、ジャガイモなどが育っています。これからズッキーニが始まるのかな。それに秋に収穫できる野菜の準備に入るところかな。落花生やサツマイモなどですね。
長谷川 ところで、どんなカッコをしていけばいいんでしょうか。
飯 島 汚れてもいいようなカッコですね。そんなカッコで来てください。雨が降った後はぬかるんでいますからゴム長が便利ですが、あれって踵があるでしょ。踵に力がかかって土を踏んずけて固めてしまうので、ほんとうは地下足袋のような底が平べったいのがいいんです。地下足袋って履いたことないでしょ? 底が案外薄いんです。砂利道なんか歩くと痛いくらい。でも、足の裏を意識しながら働く職業には誠に最適なんです、地下足袋って。それと、そうそう、肝心なことを言い忘れていました。できればでいいのですが、2〜3人で協力体制が組めるといいんですけど。チームを組む必要はないですが、多人数で作業にかかると、生産性が上がることももちろんですが、雑草取りなど、1週間畑に来られないとすごいことになっています。きれいに引き抜いた畑でも、結構すごいことになっている。で、自分の区画だけきれいにしておくのではなく、お隣さんの区画も抜いておいてあげる。こんな余裕が必要だと感じています。また、一人で収穫できる量の何倍も、多人数でやると短時間でできるんです。農業って一人でやると大変なんです。家族総出で昔はやっていたの、知ってますよね。田植えのシーズン、刈り入れのシーズンは学校も休みでしたが、一人でも多くの人手が貴重でした。いまは機械でなんでもケリがつくように思っている方も多いと思いますが、機械を使うほどのことでない作業って、結構あるんです。それをみんなで片付けましょということなんです。

 こんなQ&Aがあって、農業未経験の心が、よく耕された畑のようにずいぶん柔らかくなってきました。そんなQ&Aを繰り返すうちに野菜づくりを始める気持ちが踏み固められてきたのです。(hasegawa tomoaki)
f0099060_17232957.jpg

↑畑仕事をしていると、ふと、いろいろな疑問が湧いてきて、そんなとき、すぐ近くに専門家がいるといないでは大違い。その場で解決できるのがなんとも素敵。ジャガイモ畑で、収穫作業を手伝わせてもらったが、広大な面積の畑の場合、コンバインというか、収穫機の先がどんな具合の工具が付いてるんですかと、興味にまかせたような質問をしたら、両腕を胸の辺りでL字型に曲げ、ぐるぐると回しながら、「こんな風な回転翼のようなものが、土を起こしながら畝に沿って進んでいくんです」と、手真似で教えてくれた。
by 2006AWASAYA | 2006-06-24 20:00 | 真剣!野良仕事


<< 【真剣!野良仕事】[4=農作業... 【真剣!野良仕事】[2=味菜畑へ] >>