稲の観察記録[第17回]

2007.8.24
稲の観察記録[第17回]
f0099060_21494954.jpg

安藤  8月26日朝6時半自宅前出発、私の運転する軽自動車にA子を乗せ、豊富(とよとみ)の飯島さんの田んぼにむかった。飯島さんの地図によると、田んぼは船橋市豊富ではなく、八千代市桑橋金堀境(そうのはし かねほりざかい)となっていた。
 天気は晴れで、夏の早朝の風が気持ちよい。簡単な地図なのに、迷わず到着。見わたす限りの田んぼに、色づきはじめた稲穂が頭をさげている。近づいて見ると、一つの株がどれもバケツ稲より大きく、たくさんに分けつしていた。
ここに足をはこんで、A子は自分が育てているバケツ稲を、この田んぼに育っているたくさんのイネとつなげて、広がりをもってとらえることができたのではないかと思ったのは私の都合の良い解釈か。
 A子はあぜ道にすわってイネの香りを満喫しながら案山子と稲のスケッチをした。A子の頭に赤トンボがとまる。

飯島 稲は穂が出てから登塾するまで、あっと言うまです。登塾するとともに、穂が垂れ下がります。その姿に「実るほど、頭を垂れる稲穂かな」という言葉があります。この言葉の意味するものはわかりますでしょうか。
by 2006awasaya | 2007-08-24 21:47 | 稲の観察記録


<< 稲の観察記録[第18回] 【真剣!野良仕事】[44=完熟... >>