稲の観察記録[第27回・最終回]

2007.11.21
稲の観察記録[第27回・最終回]
f0099060_9161274.jpg


安藤 とうとう最後の回となった。季節はめぐって冬となり、もうお正月が目の前だ。
 かねてからこの時期に計画していた鋸山(のこぎりやま)登山にA子とその弟S男を連れて出かける。空気が澄みきって遠く箱根、伊豆そして富士山が望めたが、風が強くロープウエイは欠航。全行程を歩くことになった。「鋸山に行ったら、しめ飾りに丁度いい葉っぱがあるかもしれない」というのも、この登山のもう一つの目的だった。
 歩きながら葉っぱを見つくろい、一枝二枝いただいて新聞紙にはさみ、持ち帰った。それをしめ飾りにつけて、すべて完成とした。あとは玄関に飾ってお正月を待つばかりだ。

 ここでA子の観察記録は終わっている。この活動はA子にとって得がたい体験となった。
 それは稲を育て、収穫し、ご飯を炊いて食べ、しめ飾りを作ったという農業体験なのだが、同時に春からの日々の観察を記録する地道な活動があって、それが積みあがり、秋を過ぎる頃には立派な作品となって結実したのである。この作品を前にして、私はA子に「やっと完成したね。大事にしておかなくっちゃ」とだけ言った。
 そしてまためぐってきた春。弟のS男が1年に入学し、「今度はボクがイネをやる」とはり切って言った。それを聞いてA子と私はにっこり笑った。(終)


飯島 稲の苗を手にした時は、一年間こんなにいろんなことがあるとは、考えもしなかったでしょうね。私もあらためて、稲のチカラを感じることができました。ありがとうございました。
 我が家の田んぼでは、家族で10数年稲づくりを続けている人たちがいます。
 曲がりくねった田植えをしていても、朝食べたご飯がこの田植えでできると思えば、次からまっすぐになったり、暑い暑い夏の草取り、稲刈りもへとへとになるまで耐えられ、台風で稲がながされれば、何百メートルもぬれた稲を担いだりもできます。雨降りがせまるなかでの脱穀は休むこともできません。私も、稲づくりを始めたころは、何をやっても時間がかかり、出来栄えもうまくはなったですが、今はすっかり隣の農家と同じようにできるようになりました。
 稲の育ちだけでなく、お日様や風、虫や、そうそうウサギが飛び出してきたこともあったなあ・・・・・・。
 毎日食べて、体を創って動くエネルギーになるご飯。お米がどうしてできるのか知ったとき、ものの見方がいろいろ分かるようになってきたのではないかなあ。食べるだけでなく、わらが縄になったり、精米してできた糠(ぬか)が野菜の肥料になったり、油ができたり、また、田んぼが、川が増水したときのダムになったりなどを知ると、もっともっと稲づくりがおもしろくなると思います。
 今度は、実際の田んぼで、稲つくり、お米づくりしょう!
by 2006awasaya | 2007-11-21 09:17 | 稲の観察記録


<< 【真剣!野良仕事】[57=ロー... 【真剣!野良仕事】[56=おい... >>