【真剣!野良仕事】[77=主食のお米自給計画]

2008.6.4(水)
f0099060_17274452.jpg

↑メンバーの中でははじめて米作りに踏み出した鷹島さん。黙々と草取りに励む。「ボクの田んぼが一番下にあるので、先日の雨で水浸しになっているかとヒヤヒヤしていたんですが、来てみて安心しました。この先も台風に怯えたり、いろいろ大変だと思いますが、でもやっぱりおもしろそう。米作りの実際をとにかく経験してみます。食料自給計画? そんなつもりはないんです。やってみたかっただけ」。


お米の自給を目指す!

 農水省の発表によると、昨年2007年6月分の国民一人当たりのお米の消費量は4.696kgとか。この数字は年平均ではなく6月1カ月の統計で、季節により夏場は少なく、12月から1月にかけての冬場が多くなるという変動パターンがあるそうです(農水省のホームページより)。そういえば夏場は我が家もソーメンとかヒヤムギの消費が多くなりますものね。
 別な統計データを見ると、ご飯1杯は約200gだそうです。個人差もありますが、我が家でもだいたい、そんなものでしょう。
 ところで、さらにwebで調べていたら、1杯のご飯茶碗にお米が何粒入っているでしょうかというクイズに出くわしました。webこめ知識というページです。
 それによると、ご飯茶碗1杯には平均4000粒のお米が入っているんだそうです。本気で数えたのでしょうかね、まったくご苦労様です。
 この数字を我が家に適用してみます。曜日によって差がありますが、月曜から金曜は朝と夜=和食、昼=パンか麺類というパターンです。土日曜は朝=パン、昼=スパゲティかソバ、夜=和食というパターンですが、1人1週でご飯茶碗12杯、うちは大人4人ですから週48杯。最大で月間192杯を消費しています。これに4000粒を掛けると76万8000粒! もう天文学的な数字に食欲もなにもなくなりそうな数字ですが、4000粒のお米は13粒の種籾から育つとかで、月間5万9000粒の種籾で我が家の主食は支えられていた計算になります。年間で70万8000粒の種籾! その重量は、単純計算で3.54kgです。庄内地方の米農家の方のホームページ種籾・育苗の準備を見ても、1反(10アール)あたり4kg程度の種籾を用意するとありましたので、この計算の数字も大きく間違えている訳ではなく、我が家の1年分のお米は田んぼ1反で穫れるお米なんだということが分かった次第。意外と少ないなというところです。逆にいうと、分株して意外に多くの実を結ぶんだなという印象です。
 なんでこんな回りくどい計算をしたのかというと、メンバーの鷹島さんが今年、0.5反の田んぼをはじめたのです。そして飯島さんから「収量? 全くはじめての方が米作りに挑戦するんですから、平均より若干少なめと見ておけばいいんじゃないですか。米農家の平均が1反で7〜8俵だとして、0.5反ですから3俵と踏んでおけばいいんじゃないですか」と言われたそうです。全くの初心者が0.5反(5アール)3俵のお米を収穫できる! 1俵は約60kgですから、順調に行って今年の秋に180kgの種籾が出来る勘定になります。どうか嬉しさにまぎれて、180kg全部を精米して食べたり配ったりせずに、3.5kg相当は種籾として来年用にとっておかれることをお進めします。
 専業の米農家は種籾は自家栽培の種籾を使わず、農協から仕入れているそうで、さて、来年の種籾は自家で賄いますか、それとも農協経由?
by 2006awasaya | 2008-06-04 17:37 | 真剣!野良仕事


<< 【真剣!野良仕事】[78=オク... 【真剣!野良仕事】[76=6月... >>