【真剣!野良仕事】[90=熟れきったゴーヤ]

2008.8.31(日)
f0099060_23275338.jpg

↑熱帯産のフルーツのようなこの色。思わずこぼれた大きな種を口に含んでしまいました。

今年のゴーヤはすぐ熟れる

「雉子も鳴かずば撃たれまいに」の格言とちょっと通底するような気がするんです。

 なにがって?
 ゴーヤの色。

 ネット掛けの棚にたわわに実をつけるゴーヤですが、繁る葉と茎と蔓の緑一色(「リューイーソー」と読まなくても可とする)の空間に、まったく同色で成るので、収穫時、見落としてしまう。週に1回しか顔を出せないので、取りこぼしが出る。写真で紹介したごとくに、オレンジ色になって、今にも蔓が切れて切れて落下しそう。手でぞんざいにつかむと割れてしまう。もう少し前に緑から、せめても黄緑程度に色を変えてくれれば、見逃したりしなかったのにと、まことに残念至極。このあたりの無念さ、雉子と雉子撃ちの関係に似てません?

 勿体無いので、こぼれた種を舐めてみたら、ゼリー状の果肉が甘かった。苦味が甘みの変わるってことがあるんだろうか。ついでに身の肉も舐めてみたらほんのり甘かった。
 去年植えたゴーヤは実が20〜30㎝にもなる大きなゴーヤでしたが、今年のゴーヤはそんな大きくはならず、今年の気温と関係があるのかなとwebで調べてみたら、なんのことはない、今年のは「えらぶニガウリ」、別名「太れいし」(タキイのタネ)という品種で、大きさも8〜15センチ、太さも5〜8センチの小型の実をつけるものでした。
 まずはご報告まで。
by 2006awasaya | 2008-08-31 23:42 | 真剣!野良仕事


<< 【真剣!野良仕事】[91=生消... 【真剣!野良仕事】[89=その... >>