<   2007年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

稲の観察記録[第20回]

2007.9.16
稲の観察記録[第20回]
f0099060_15313632.jpg


安藤 イネの花が咲きはじめてから約1ヶ月たった。いよいよ稲刈りである。
 安藤家で草取りに使っているカマが一つだけある。それを急きょ砥石でといでみたが切れ味はイマイチである。カマを使ったことがないA子が切れない道具で稲刈りをしたもので、「イネ刈り」でなく稲を引きちぎるような具合になってしまった。
 幸い晴れの日が続き、気温も高かった。稲刈りの4日後には、もうだいぶ乾燥したようで、待ちきれずにモミをちぎって取り、みんなで1粒ずつ試食してみた。

飯島 稲も、収穫する時は緑から黄色に変わり、硬くなり、稲刈りには、カマの扱い方のいい勉強の機会なんです。穂の重みはいかがでしたか。乾燥すると稲穂の重みが一層感じられますよ。
by 2006awasaya | 2007-09-16 15:30 | 稲の観察記録

【真剣!野良仕事】[47=あま〜いナマラッカ]

f0099060_2124297.jpg

↑シマさんからいただいたナマラッカの大映し。

あまーいナマラッカ

 台風一過の9月8日(土)。関東地方を直撃、東日本の脊梁をトレースするように北上し、北海道から抜けていった台風9号。各地に甚大な被害をもたらした雨と風の凶暴な台風でしたが、一過した途端に真夏日に逆戻り。そんなうだる中、落花生の収穫と出荷作業を田舎の学校のメンバーと共同ですすめました。
 なんでもこの落花生はナマ食用の品種で、ローストしていただく通常の落花生よりも甘みが強いのだそうです。ところが、殻に虫食われの痕やキズが多く、収量10のうち見かけに難のあるのがなんと3!無傷の良品7では、ちょっとばかり無駄が多すぎます。
 良品と不良品を庭先で選別していたシマさんと、この点についておしゃべりをしました。

長谷川 それにしても良品に対して不良品の割合が高いですね。
シ マ 不良品といっても外見にちょっとしたキズがあるだけなので、これを処分してしまうのはもったいないですね。
長谷川 処分というのは文字通り、捨ててしまうということですか。
シ マ ええ、もったいないですけど、仕方ないですよね。ナマラッカ用の品種を今年はじめて作ってみて、どのくらい甘いのか、それに収量はどのくらいか、試してみたんです。甘さはなるほど、確かに甘いですが、こんなにキズが出ると、ちょっと考えてしまいますね。
長谷川 ふつうの落花生と、このナマ食用の落花生では大きく何が違うのですか。
シ マ 収穫の時期が違います。ナマラッカは9月上旬から中旬ですが、ふつうのラッカは10月中旬。収穫時期が結構早いんですね。
長谷川 でも、こんなにキズが多いと、無駄が気になりますね。このキズものをなんとかしたいですね。
シ マ ええ、それで、キズのラッカはふつうのラッカと同じように干して、それで味の方はどうか、試してみようと思っているんです。自分で試して、自分で食べてみないことには何も言えませんしね。捨ててしまうのですから、自宅用としてもって帰りませんか。見かけが悪いだけで、中身は全く同じですから、おいしいと思います。
長谷川 嬉しいです。一つまみ、いただいていきます。
シ マ 一つまみなんて言わずに、どうぞたくさんもって帰ってください。

 そんなおしゃべりをして、いただいて帰ったナマラッカの甘いこと!
 枝豆を茹でる要領で、塩水で40分ほど茹で、しなしなの殻を割って剥いたナマラッカのうまいこと。シマさん、ありがとうございました。
by 2006awasaya | 2007-09-08 21:31 | 真剣!野良仕事

稲の観察記録[第19回]

2007.9.6
稲の観察記録[第19回]
f0099060_21314989.jpg

安藤  これからの見通しをA子と話しあい、項目にまとめて書いてみることにした。
「脱穀」、「モミすり」、「精米」の言葉を教えながら、ご飯が食べられるようになるまでの作業について考えていった。

飯島 育てて、収穫から食べるまで、まだまだ作業が続きますよ。農産物の栽培は食べる楽しみもあって、いいですね。
by 2006awasaya | 2007-09-06 21:32 | 稲の観察記録

【真剣!野良仕事】[46=ハーブのチカラ]

f0099060_10435245.jpg

↑5月5日に飯島農園のハーブ園で撮影した「ゼラニウム」。こんな可憐な姿をしていたものが、夏の日差しを浴びて強靭でたくましいゼラニウムに成長し、蚊の攻撃から吉本さんを守る!
f0099060_10441983.jpg

↑バックヤードで吉本さんはこんな風にゼラニウムを腰に差していました。

後ろ姿に惹かれる

 8月18日(土)、オクラ収穫の真っ盛り。少し早めに好人舍にきて、小関さんと二人して、さあ、オクラ収穫に出向こうかとしていると、ハーブの先生・吉本さんが作業台でなにやら作業をしています。何をやってるんだろう。「おはようございます」の言葉掛けをしようとして、その後ろ姿に視線が吸い付けられてしまいました。「女性の後ろ姿に惹かれる」という煩悩解脱系の話ではないんです。腰のあたりに、束になった草が繁っているではありませんか。ン! ナンダ、ナンダ?

長谷川 お、おはようございます。ずいぶんと朝が早いんですね。
吉本 ええ、みなさんも。
長谷川 畑の朝は気持ちいいですものね。ところで、あの、吉本さん。その、腰につけてる草、なんですか。
吉本 ああ、これ? フウロソウってご存じ? ゼラニウムは?
長谷川 あいにく聞いたことないです、二つとも。
吉本 日本名か西洋名かの違いで、同じものなんです。もともとにおいの強い草で、農作業をするときなど、私はこうして腰に差しておくの。防虫効果がとてもあるんです。蚊取り線香や防虫音波を出して虫を寄せ付けない器具など、いろいろありますが、私はこれで蚊の対策にしてるんです。

 そんなおしゃべりをして、ボクと小関さんはオクラ収穫へと出かけたのでした。
 この日も首筋や腕に数カ所、とっても強力な蚊に数カ所刺され、痒いこと痒いこと。ボクはモモの葉エキスの天然保湿成分配合という虫よけスプレー「サラテクト」を作業前にシュッシュとふた吹きするんですが、汗をかくと薬効成分も一緒に流れてしまって、蚊に刺されてしまう。そうか、こんど吉本さんに、このフウロソウを分けてもらおう。

f0099060_10444284.jpg

↑吉本さん作のゴーヤの漬け物2種。左は味噌漬けで右は梅酢漬け。この梅酢漬けがボクにはびっくりするほどおいしかった。昨年、ゴーヤは大豊作で、でもその食べ方がよくわからなかったので、大半、ご近所に配ってしまったが、こんな加工の仕方を知っていれば、保存もできただろうしと、激しく悔やまれる。まさしく無知の涙に泣き濡れている昨今です!
by 2006awasaya | 2007-09-03 10:47 | 真剣!野良仕事

【真剣!野良仕事】[45=稲中顔面博覧会]

f0099060_20351654.jpg

↑風神のような風貌の案山子。
f0099060_20354327.jpg

↑ミューズのような風貌の案山子。
f0099060_203666.jpg

↑雷神のような風貌の案山子。
f0099060_20363152.jpg

↑八重垣姫のような風貌の案山子。

稲の国の人

 8月31日、飯島さんからのmail、「稲は元気に育っていますが、雑草が大変な勢いで稲の間に成長しており、稲刈りの妨害になるのです。前回この草退治をおこないましたが、再度明日、行ないますので、ご都合のつく方はよろしくお願いします」とのメッセージ。それで、本日、9月1日(土)、おいしい野菜公園2006のメンバーみんなして、上に紹介した4体の案山子に守られた田んぼの草取り作業をしてきました。正確に言うと、4体の案山子に守られた田んぼは、飯島さんがこの春、子ども達と田植えをした田んぼで、私たちはその近隣の田んぼの田植えをしたのでした。その田んぼが草ぼうぼう!
 作業は大変でしたが、ああ、稲の国の人って、頭を垂れた稲穂の中にいると、自然とこんないい顔になっちゃう。実に何とも不思議な親和力が稲にはあるらしい。水中写真家・中村征夫さんの写真集、おしゃれな魚たちのポートレート集とでも言うべき『海中顔面博覧会』風に言うと、おいしい野菜公園2007のメンバーによる「稲中顔面博覧会」。日本人の笑顔をとくとご覧ください。こんな笑顔で働いていられるうちは、まだまだ日本は大丈夫!そんな印象を深くしました。
f0099060_20365691.jpg

                 ↑上原さん
f0099060_20372117.jpg

                  ↑鷹島さん
f0099060_20374474.jpg

                    ↑篠塚さん
f0099060_20381378.jpg

                 ↑井上さん
f0099060_20384248.jpg

                    ↑大竹さん
f0099060_2039849.jpg

                   ↑吉本さん
f0099060_20393592.jpg

                   ↑小関さん
f0099060_2040280.jpg

            ↑東海林さん
f0099060_20402657.jpg

               ↑井上さん
f0099060_20404624.jpg

              ↑大内さん
f0099060_2041691.jpg

             ↑小林(靖)さん
f0099060_20412935.jpg

                     ↑小林さん
f0099060_204150100.jpg

                ↑長谷川
by 2006awasaya | 2007-09-01 20:50 | 真剣!野良仕事