<   2008年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

【真剣!野良仕事】[93=オクラ撤収]

2008.10.25(土)
f0099060_1881945.jpg

↑撤収作業中のオクラ畑。この夏、大活躍した大村さん、この日、姿が見えませんでしたが、夏の疲れが出たのでは? だれもが大村さんの働きなかりせばと、言っていましたよ。

ご苦労様、オクラ様

 本年5月24日(土)にオクラの種を播き、今年もオクラ栽培が始まったことは[78=オクラ入りリポート1]で書きました。その後も[83=オクラ収穫の3日間][84=4日目の徹底][86=農具は朝まで寝かしておけ]でオクラ栽培のアウトラインを報告してきましたが、さて、いよいよオクラ栽培の終了時期です。ハウス栽培ではなく、露地なので、やわらかさに欠けるものも多くなり、飯島さんからいつ、「撤収します」の声がかかるのか、携わってきたメンバーも聞き耳を立てている昨今。

 そんなとき、坂本さんからの回覧mail。

[今日(10/24)は大雨でしたが、「オクラ畑、ぬかるみの心配は無いだろう」との飯島さんの判断です。トラクター+ハンマーカッターで オクラを根元から20cm程度のところでカット、同時に茎の部分を裁断してしまいます。続いてトラクター+鋤具で マルチ側部を起上し、マルチはがし作業を簡易化します。残ったオクラの根株部分は 再度トラクターで耕転、手で抜く作業は不要です。と言っても飯島さんも初体験、思惑通りうまくいったら拍手!もし飯島案がうまく行かなかった場合、残った作業は翌日曜日、出られるメンバーで楽しみながらやりましょう。]

 おお、ありがたい。今年は手作業から開放されそうです。昨年はマルチはがしとオクラの引き抜きで大汗をかきましたから。作業をして分かったことですが、オクラは直根でなかなか引き抜けないのです。こんなに深く根を伸ばしているんだから大風が吹いてもびくともしなかった訳です。機械で片をつけようって訳。進歩が見られるってのは嬉しい限り。

 朝9時、好人舍に集合。オクラの畑はおよそ1キロ離れたところにあるので、トラクターは飯島さんが運転。坂本さんがスキ、クワ、カマ等の農具を軽トラに積んで追いかけ、我らは徒歩で移動。
 オクラ畑に到着すると、すでに飯島さんがハンマーカッターでオクラを切断中。
 これはオクラの畝に跨がるように移動しながらお尻に付けたカッターでオクラの茎をカットしている。茎をカットしたら、今度はトラクターに犂を取り付けて、畝の底部を引っ掻くように削いでいきます。雑草に占領されている部分を削いでおくと、マルチシートをはずしやすいのです。マルチシートさえ取り除いてしまえば、茎は緑肥としてトラクターで犂込んでしまえばいい。

 ところが、思いと実際は大違い。カッターは想定した通りの働きをしてくれたのですが、トラクターに取り付けた犂がうまく畝の底部を削いでくれません。そこで、犂に人が乗って重石代わり。これでやっと当初の目論み通りになったのですが、それにしても、試行錯誤を繰り返し、出来高を見ると、なんと4/49。49畝あるうちの4畝を終了するだけで、マルチシート剥がし班メンバーは相当程度、腰にきている。作業に関わった人の配置はというと、カッター運転1名、トラクター運転1名、重石1名、トラクターの後でマルチシート回収2名、回収したマルチシートを袋詰めして蒐集する担当1名。計6名が一団となっての作業です。トラクター運転ができる人、運転できない人同士で、役割を交代しながら、昼食をはさんで残り10畝となったのが3時頃でしょうか。

 この時点で、畝すれすれにオクラの茎がカットされていれば、マルチシート剥がしは手作業でも簡単にできることを東海林さんが数度のトライで発見し、挑戦していたんです。最初、畝上10センチほどでカットされているオクラの茎を、畝すれすれにハサミでカットしているので、「あれれ、これからトラクターで畝を起こしちゃうのに、わざわざ茎をカットしなくても」と思って様子を見ていました。カットし終えた東海林さんはというと、今度は畝の片側にスコップを入れています。マルチシートの裾が深く埋もれている側をスコップで起こしていたのです。30〜40センチ間隔でスコップを入れています。一列の片側にスコップを入れ終わると、マルチシートを剥がしにかかります。ウーン、結構剥がれるじゃないですか。それでボクも手作業でマルチシート剥がしに回り、機動部隊が5畝のマルチを剥がしているうちに、人力班2名も同じ5畝を剥がし終わり、結果として作業終了が早まったという訳です。
 坂本さんの「みなさーん、お疲れさま」の雄叫びで、無事オクラ撤収作業が完了。回収したマルチシートは一袋20kg平均で8個! 軽トラの荷台いっぱい! なんという量の産業廃棄物!
「これをきちんと廃棄処分しないと、無農薬栽培の飯島農園の名が廃る。こうした農業で出る廃棄物の処理処分についても、これからしっかりと学んでいかなくては」と、坂本さん。それにしても、みなさま、本当にお疲れさまでした。

 そうそう、昼食時に井上さんがこんなことを言ってました。
「作業をはじめるまえに、オクラ畑にお神酒でも差し上げておかなかったことが気にかかっています」と。そういえば井上さん夫妻は若き頃より今に至るも山屋さんで、山に入る時とか、無事に下山が済んだ時などは、お神酒を供えたりする習いになっているんでしょうね。この夏、あれほど稼がしてもらったオクラに、丁重な感謝と労いの言葉掛けすら怠ってました。お許しを。
 オクラさま、来シーズンも一つよろしくお願いします。

 その晩、飯島さんから以下のような感謝mail。

 お疲れさまでした。おかげ様で、7月からの長期にわたるオクラは、今日のマルチはがしにてすべて終了しました。自分でマルチはがしを手で始めたのですが、終わる見込みを持てませんでした。今日、終えられてうれしいです。特に山田くん、大村さん、阿見さん、しんちゃんクラブのめんめん、長期にわたって、ご苦労さまでした。

f0099060_1884813.jpg

↑カッター運転中の國久さん。
f0099060_1892079.jpg

↑その後ろを見ると、こんな具合になっている。
f0099060_1895126.jpg

↑さらに近づいてカット部分を見ると、こんなギザギザの切断状態になっており、マルチシートを剥がそうにも、このささくれた茎に触れた途端にマルチシートはずたずたに切れてしまい、収拾がつかない。
f0099060_18101227.jpg

↑そこで、犂を使っての畝起こしとなる。運転するのは東海林さん。重石役は井上さん。「後ばかり見続けていたから、首が痛くて。もう首も回らない体になっちゃった」と、首をさする東海林さん。
f0099060_18103788.jpg

↑首が痛くてはと、運転交代した井上さんの奥さま。井上さんの旦那さまはずっと重石役のまま。奥さまの首が痛くならないよう、背後から細かな指示を伝えている。たとえば、犂に乗って直下の畝を見ながら「おい、左に寄りすぎてるぞ、センターキープ!」「分かってるけど、ダメなの、このトラクターったら言うこと聞かないんだから、誰かさんそっくり!」、そんなような会話だったそうです。
f0099060_18111374.jpg

↑マルチシートを回収しながらトラクターの後を追いかける小関さん。この回収作業も腰に来る作業だった。
by 2006awasaya | 2008-10-26 18:28 | 真剣!野良仕事

【真剣!野良仕事】[92=アイガモ米のおにぎり]

2008.10.25(土)
f0099060_9555220.jpg

↑アイガモ米のおにぎり。らっきょう漬けとキムチを添えて。

はじめてのアイガモ米

 山田さんが作ったアイガモ米を本日入手。先週の土曜日に受け取りに行く予定にしていたのですが、生憎な用事で受け取りに行けず、一週間遅れでの入手となりました。
 苗作り、田植えからアイガモ放鳥と、米作りの初期段階は犬の散歩もかねて、ことあるごとに田んぼに見に行っていたのですが、稲の分蘗がすすむ頃には、ヒヨコ段階のアイガモたちの可愛らしさが姿を消して、いっぱしの大人びた顔かたちになり、周囲に対しての警戒感で行動する小憎らしさに、「可愛らしいアイガモ」という思い込みも低下してきて、次第にアイガモの田んぼから足が遠のき始めた頃、「お米ができました」の連絡。山田さんからは「アイガモ通信」がpdfで送られてきていて、田んぼの様子はだいたい理解できていましたし、山田農場のホームページに「アイガモ米予約」のボタンもできて、10キロ6000円の本年米を予約したのですが、そのお米ができましたとの連絡。実りの秋はいいものです。
 さて、我が家では宣伝文句につられて炊飯器を半年前に買い替え、以前から食べていた「ちばエコ米」を格段においしくいただいていますので、どれほど「アイガモ米」がおいしいものか、実はそんな比較する気持ちは、はなから頭にありませんでした。うまいまずいの単純なスケールとは別なスケールで味わいたいのです。夏の熱い陽射しの中、アイガモたちが除草作業をしているのを、畦に座って煙草を吹かしながらリーダー格のアイガモを目で追っているだろうな、その時、目ではアイガモを追いかけているけど、大きな台風が来なければいいとか、このまま日照時間がキープできていればいいのになあとか、そんなお祈りに近い気持ちで田んぼを見渡している山田さん。米を作る人の姿を思い浮かべながら食事をするって、実はまったくなかったので、それだけでも新鮮でした。
 10キロ入りの袋を開封しながら、さて、おかずは何にしようと考えて、いやいや待てよ、やっぱりご飯のおいしさを作り手は味わってほしいだろうし、ここはやはり、おにぎりにしていただくのが素直だろうなと、すこし硬めに炊いて、一つは塩握り。もう一つは梅入り握りを作りました。ノリは地元船橋の三番瀬のノリを焦げる寸前まで炙って、黒光りするパリパリを巻いたのですが、写真を撮ったりしていたら、しんなりとしちゃって、コンビニで売っているパリパリ状態とはほど遠いノリになってしまいました。でも、香りは炙り立てですから最高でした。付け合わせは船橋市金堀にある社会福祉法人大久保学園ふなばし工房謹製の「らっきょう漬け」、金さんのキムチ。
 くどくどした説明になってしまいましたが、山田さん、おいしいお米でしたよ。まずはご報告まで。
by 2006awasaya | 2008-10-26 09:57 | 真剣!野良仕事

【真剣!野良仕事】[91=生消研の来訪]

 このところ仕事が若干忙しく、「真剣!野良仕事」の更新ができず仕舞いでした。時間の遣繰りがもともと上手ではないので、更新できなかったのは専ら遣繰り下手ゆえのこと。お許しを。

 さて、ぽちぽちと振り返って報告をアップしていきます。

 その第1弾は、園主飯島幸三郎さんが会長を務める「生消研」の一行が9月6日(土)に、飯島農園に視察に来てくれたこと。

生消研、来訪?来襲!

 実は、この来訪2週間前から、メンバーの間で「セーショーケンって何?」とか、「農業の偉い先生方が『おいしい野菜公園2006』の活動を調査視察に来るって言ってましたが、長谷川さん、聞いてた?」など、ひそひそ話のトーンで交わされていました。残念なことに、生消研という団体がどのような活動をしているのか、会長である飯島さんに正面切って確認したことがなく、その点でも長谷川はぼんやりでした。それゆえ、「さて、何を見に来るのやら? 当日になれば、分かること分からなかったことなどが分かるかと思います」と、コンニャク問答に似た返事を繰り返すばかり。申し訳ありませんでした。

 おいしい野菜公園事務局長の坂本さんも、8月28日の回覧mailで「いつもの通り、朝、オクラ収穫、選別作業をやっております。9/6(土)の[生消研]来訪に向けて刈払機で会場整備(竹林)をやっておきたいと考えております(雨天の場合は9/10〔日)有志にて)。イス(ベンチ式)の組立て作業(20脚)は有志にて (雨天の場合9/10)」と、細かな指示を回してくれていますが、肝心のこの一団が何を視察に来るのか、なぜ視察に来るのか、そのあたりの基本的な目的が明快ではなく、長谷川は坂本さんの指示を具体化するだけで、もっぱら会場の設営班に回っていました。

 飯島農園では、「おいしい野菜公園」のメンバーと、オーナー区画で野菜づくりを楽しむグループ、それに「ゼロからはじめる田舎の学校」など、それぞれが飯島農園をステージとして使っているのですが、軸足の置き場にバラエティがあるというか、拠ってきたる関心も興味もさまざまで、そのばらばら振りがむしろよろしいという考え方の人もいれば、早急に組織を見直さなくてはいけないという考えの方もいて、そうした組織論的な問題点がこの夏、顕在化しはじめたのでした。

 例えば、7月22日から始まったオクラ収穫(【真剣!野良仕事】[82=オクラ収穫の3日間]参照)を例にとると、毎朝のようにオクラの収穫に参加する方、毎週土曜日に限りオクラ収穫を手伝う方、オクラ収穫にはまったく無関心で、もっぱら自分の区画の野菜づくりに終始する方などなど、さまざま。飯島農園との関わり方についてのルール設定を明確にしてほしいと、おいしい野菜公園メンバーから要望が上がってきていたのでした。
 おいしい野菜公園の事務局を預かる坂本さんとしても、ことあるごとに頭を悩ませ、飯島さんと擦り合わせを切望しているのですが、なにせ超多忙の飯島さんとのすれ違いが多く、メンバーの方々へルールを提示するところまでいっていないのが現状のようです。

 そうはいっても、飯島さんからの要請があれば、大袈裟な言葉ですが、万難を排して取り組むのが坂本流。坂本さんの存念としては、生消研の方々がおいしい野菜公園の現場を視察に来てくれるのなら、さまざまな角度からモノを申してくれるに違いなく、現状の閉塞感に似た状況に解決策のヒントを置いていってくれるに違いないと、そんな思いから、受け入れ準備をしていたのでしょう。

 当日、生消研のメンバーを迎えて、公園側からは以下3名の報告がありました。
 大村報告=現役を引退した自分が、早朝のオクラ収穫と選別、袋詰めで考えたこと。
 鷹島報告=会社勤め現役の身で0.5反の米作りに挑戦して見えたきたこと。
 山田報告=アイガモ農法で米作りに挑戦した真意。

f0099060_1794965.jpg

↑馬蹄形にテーブルを配し、「飯島農園およびおいしい野菜公園2006の面々をこれから裁かんとする視察団一行」といった、そんな会場レイアウトの中で始まった生消研メンバーとおいしい野菜公園メンバーとの懇親会。写真の左側においしい野菜公園のメンバーが座って、意見を聞いています。実に有益なご意見をいただきました。生消研のメンバーの皆様、ありがとうございました。

 現場を視察し、席に着席した生消研のご一行。私たちが配置したテーブルとイスがなにやら青空法廷のようなレイアウトで、到底「対話」という雰囲気でなかったのが残念ですが、生消研のメンバーからわれわれが抱えている矛盾を突く発言が多く、なかでも伊豫軍記先生(元日本大学教授)の指摘が、そのよく通る大音声とともに、我らを感動させたものでした。

 曰く、それぞれの目指すところと、その立場がバラバラであること。これらのポジションを整理しない限り、組織としては有効な動きはとれない! たとえば、リタイヤ後に農作業を楽しみたいという方もいれば、これから就農したいという思いで参加されている方、もうすでに農業でがんばって食っている青年と、目指すところも違ってきている。このあたりの立場を参加メンバーの方々がお互い同士がどんな考えでいるか、どんな目標を掲げ、その目標にどのように取り組むのか、鮮明に整理することがまずは必要なのではないか。

 発言は至極真っ当でした。少し甲高いその大音声は、背後の竹林を一瞬鎮静したかに思えるほど迫力があり、公園メンバー各人が抱いていたもやもやをきれいに整理してくれたようでした。こんな素敵な指摘をしてくれる一団だと事前に分かっていれば、もう少し勉強会などをしてこちらのレベルを底上げしておけばよかったと、長谷川はそのように反省しきりでした。
 それにしても、関東武者のような風貌の伊豫先生、その迫力ある大音声を五体に浴びただけで、一種「音響浴」に似たカタルシスをもたらしてくれました。

 飯島農園での生消研ご一行の滞在時間はせいぜい4時間。ボクにとっては元寇、すなわち一所懸命を精神のキーワードにした鎌倉武士団と耕作民に鉄槌を振り下ろしにきた蒙古軍にも似た一大事でした。そして、1000年レトロの気分をこめて、飯島農園視察の意味が「来訪」なのか「来襲」なのか、今に至るも大いに迷っています。飯島農園とおいしい野菜公園の関係を整頓整理しておかないと、元寇以降の鎌倉幕府に似た軌跡を歩むことになるかもしれないなと、ぼんやりながら悩んでいます。

 ところで、とって付けたようですが、肝心の生消研という研究グループの目的は次のようなものです。
[この会は生産者と消費者が連帯し、国民の命と暮らしを守るために、日本農業を守り、安全で良質な食糧の自給と供給をめざして、共通の課題を達成するために諸活動をすすめることを目的とする。]
 さらに詳しくはホームページへ。生消研ホームページを掲載しておきます。「生消研」というブルー文字をクリックして入って行ってください。
by 2006awasaya | 2008-10-20 17:18 | 真剣!野良仕事