<   2011年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

【真剣!野良仕事】[150=一緒に米作り、しませんか ④]

2011.4.28(木)
咲いていますよ、レンゲの花が
f0099060_19175489.jpg

↑2011.4.24(日)の11:20。ミツバチが嬉しそうに蜜を集めにきていました。どこに咲いていたレンゲかというと、昨年の田んぼ。行政的には八千代市なんですが、飯島農園から徒歩20分ほど。房総半島のほぼ中央に位置する大多喜町の「レンゲ祭り」が今年は中止なので、どうしてもレンゲの花が見たいという方、どうぞこちらへ。
f0099060_19183472.jpg

↑2011.4.24(日)の11:19。少し引き気味に撮影した田んぼです。
f0099060_1918553.jpg

↑2011.4.24(日)の11:00。周囲の田んぼは冬枯れているのに、我らの田んぼ1枚はレンゲの花盛りでした。遠くから見ると花柄刺繍のジュータンを敷き詰めたようで、これって結構不思議な光景でした。

 レンゲの花が咲き、レンゲがひざ丈ぐらいの高さになった頃、地面から刈り取り、代掻きに備えるということです。

 レンゲが枯れて、地表でレンゲが分解することにより、雑草の種が発芽するための酸素を奪います。ですから、レンゲは一旦刈り取りが必要な作業になると思います。

 長谷川のブログ「真剣!野良仕事」の[123=お米の話(5)]でも報告した通りですが、昨年2010年6月10日の時点でわれわれ素人集団はすでに草取りに辟易したわけです。田植えからほぼ1カ月が経過した時点での除草が、このレンゲ農法でクリアーできれば、ということでレンゲを播いたのでした。レンゲを刈り倒し、代掻きをし、水を引き入れると、水面にアクのようなものが浮いて、光をさえぎり、田んぼの雑草の代表選手であるヒエの発生を抑える効果もあると、報告されています。

 田植え後にそのような進展を迎えれば、除草のシンドさに音を上げることもなく、今年は伸びやかに雑草取りを楽しめそう。そのようになるよう、今から期待しているのです。
by 2006awasaya | 2011-04-28 19:20 | 真剣!野良仕事

【真剣!野良仕事】[149=一緒に米作り、しませんか ③]

2011.4.28(木)
卯月の苗床作り、皐月晴れの中で完了!
f0099060_9365153.jpg

↑2011.4.17(日)9:50。苗床作りの最中です。ケースに土を敷き、タネモミを播き、さらにその上に土を播き、しっかりと散水。この作業中、結構大きな地震がありましたが、3.11から1ヶ月が経過してなお、余震は続いています。それでもこの日は天気がよくて、散水中、さわやかな虹が出ています。気持ちのよい日でした。4月卯月だというのに、皐月そのものでした。
f0099060_9371672.jpg

↑2011.4.17(日)10:50。畑の一画に苗床を寝かせるためのスペースを作ります。
f0099060_9374082.jpg

↑2011.4.17(日)13:10。苗床を作り終え、トンネルを張り、作業は完了。今年はこのメンバーで米作りをします。みなさま、秋の取り入れまで、がんばりましょう。
f0099060_938455.jpg

↑2011.4.24(日)15:40。1週間後の苗床では、ほわほわな発芽状態でした。

 4月17日(日)は実にいい天気で、農作業日和。米作りのスタートは苗床作りからです。昨年の道具を新規に替えたので、歯車の調整に時間が取られましたが、僕はその方面の能力もなく、全く協力できないので、取り巻いてじっと作業を見守るだけ。

 ところで、飯島農園のエントランス脇にある「神田(しんでん)」では、日本のお米のスタンダード米として知られている「日本晴」を栽培する予定で進んでいます。お米の食味から病害虫に対する耐性など、この日本晴を基準に評価するする品種なのです。

 昨年の作付け人気ランキングでは、トップがコシヒカリ、続いて、ひとめぼれ、ヒノヒカリ、あきたこまち、キヌヒカリ、はえぬき、きらら397、ななつぼし、つがるロマン、ほしのゆめ、まっしぐら、あさひの夢、夢つくし、こしいぶき、あいちのかおり、ハナエチゼン、ハツシモ、ササニシキ、彩のかがやき、と続き、順位でいうと20番目に「日本晴」が登場するのですが、さて、このアベレージがいかなる食味なのか、今年の秋がまた別な意味で待ち遠しい限りです。

 神田の田植えは5月21日(土)の予定です。手帳にマークしておいてください。
by 2006awasaya | 2011-04-28 09:42 | 真剣!野良仕事

【真剣!野良仕事】[148=第5回 薫風コンサート①]

2011.4.18(月)
復興のリズムを刻もう!
f0099060_10585057.jpg

↑第5回薫風コンサート用に作ったポスターです。


東日本大震災の被災者に捧ぐ
「おいしい野菜公園2007」の手づくりチャリティー音楽会
第5回 薫風コンサート
インドネシア・バリ島伝統の舞踊と青銅の打楽器ガムラン
竹林に響く民族楽器の調べ。復興のリズムを刻もう!

【コンサート開催趣旨】
 船橋市豊富の飯島農園に隣接する「竹林」にて、インドネシア・バリ島に伝わる民族音楽「ガムラン」のコンサートを開催します。演奏する「深川バロン倶楽部」は富岡八幡宮を拠点に演奏活動する国内有数のアマチュアガムランチームです。
 5年前、飯島農園での「第1回竹林コンサート」に、観客の一人として来場した深川バロン倶楽部の逸見幸生さんがこの竹林環境を見て、「ああ、こんなステキな会場でガムランの演奏ができたら、メンバー全員も喜ぶだろうな。いつもは室内やコンクリートの床の上で演奏しているので、自然そのままの環境で演奏できたら、バリ島にいるような気持ちで演奏ができるのになあ」と感想を漏らし、農園園主の飯島幸三郎さんがこれを聞きつけ、「来年、ここでガムランコンサートをやってみない?」と提案。立ち話に似たこうした会話の末に実現したのが第2回薫風コンサート「バリ・ガムランの調べ」です。以来、今年で5回目を迎えます。
 今年は東日本大震災の被災者に捧ぐチャリティー音楽会という趣旨に基づき、入場料のすべては東日本大震災被災者への義援金とします。コンサート曲目にスマトラ沖大地震後にも「鎮魂のための曲」が演奏されましたが、鎮魂曲を含め、演奏曲目をただいま選曲中で、粛々と準備をすすめております。
【コンサート日時】
2011年5月28日(土) 開場11:30 開演12:30 終了15:00
     コンサート開演前に『バリ音楽体験教室』があり、インドネシア・バリ島に伝わるガムランの楽器にさわったり、鳴らしたりできる体験教室を開校します。参加無料です。
 *雨天中止
【コンサート会場】
 船橋市豊富1482 飯島農園隣接の竹林
【コンサート会場への交通】
 ■新京成線+東葉高速線北習志野駅東口バス乗り場3番からセコメディック病院、または小室駅行きで約20分の豊富農協前下車、徒歩10分
 ■北総鉄道小室駅北口バス乗り場からセコメディック病院、または北習志野駅行きで約15分の豊富農協前下車、徒歩10分
 *コンサート会場に駐車場はありません。バスを利用してご来場ください。
【コンサート入場料】
 大人一人500円(すべて東日本大震災被災者への義援金とします)
 小学生以下は無料です。
by 2006awasaya | 2011-04-18 15:36 | 真剣!野良仕事

【真剣!野良仕事】[147=一緒に米作り、しませんか ②]

2011.4.11(月)
レンゲの花見はまだかいな?
f0099060_22271092.jpg

↑収穫を終え、コンバインで天地返しを終えた田んぼに、レンゲのタネを播きました。写真は2010.10.11の12:49。
f0099060_22274270.jpg

↑播種を終た翌週の田んぼです。なんの変化も見られません。当然ですよね。でも気掛かりで、畑に行く途中、寄り道して、田んぼの様子を見てきたんです。写真は2010.10.16の9:52。
f0099060_2228402.jpg

↑うっすらと芽吹いてきました。レンゲの芽がほやほやと霞むような頼りなさで芽吹いていました。写真は2010.11.13の14:41。
f0099060_2229477.jpg

↑年末の田んぼです。かなりしっかりと田んぼ一面を覆っていました。2010.12.30の9:28。
f0099060_22293387.jpg

↑これが飯島さんに見てもらったレンゲ繁る田んぼです。2011.4.2の11:45。
f0099060_22295565.jpg

↑もっと近づいて見ると、一面、白い花。でもこれはレンゲの花ではなく、雑草の花です。2011.4.2の11:50。

 先週の4月2日(土)に、昨年の米作りの田んぼに様子を見に行った。
 畦道を歩いていると、ユーモラスな花が咲き乱れていました。「ヒメオドリコソウ」という名前にたどりつくまでの、実に楽しい時間については、このブログ[真剣!野良仕事146=畦道の踊り子]を見ていただければ幸いです。
 田んぼにはレンゲが一斉に新芽を延ばしていて、この調子で行くと、あと2週間ぐらいで花を咲かせるのではないだろうか。そのあたりを4月10日(日)の午後、飯島さんとおしゃべりする時間がありましたので、レンゲの開花期も含め、いろいろ確認してきました。

長谷川 いま、田んぼでレンゲがこれくらい、成長しているんですが、来週か、再来週には花を咲かせるかもしれませんね。
飯 島 どれどれ(と、2011.4.2 11:45のデジカメで撮った写真を見る)、うーん、まだだなあ。今年はコブシも遅いし、サクラも2週間くらい遅くなってるでしょ。この気温が続くと、レンゲの開花は5月に入ってからになるんじゃない?
長谷川 ということは、年間のスケジュールでは代掻きが5月9〜12日に予定されていますが、その2週間前に鋤き込まなくちゃいけないわけで、レンゲの花見は今年は無理ってことでしょうか。
飯 島 天気次第ですね。今年は中止になっている「いすみのレンゲ祭り」ですが、例年、ゴールデンウイークなんですね。
長谷川 レンゲの花見ができないとすると、まことに残念ですね。テレビで見たのですが、田植えの時期をずらしてでも丈夫な苗を育て、周囲の農家より1ヶ月くらい田植えを遅らせて、しかも無農薬で日本一おいしいお米を作っている方、名前は失念してしまって、その方は東北の方でしたが、要するに何を言いたいかというと、これまで通りのスケジュールにこだわらず、少し遅くなっても今年はレンゲの花を見て、それから代掻きをし、その間、苗をしっかり育て、しっかり育った苗を植える。そんなことを考えているのですが、考えておいていただけませんでしょうか。えーと、ついでと言っては何ですが、いくつか質問させていただいてよろしいでしょうか。
飯 島 どうぞ、何でも聞いてください。
長谷川 昨年、田んぼに水が欲しい時に水がなく、それで雑草がおおいにはびこったことがありました。今年は水の管理ができるとおっしゃっていましたが、どんなことで管理できるとおっしゃるのでしょうか。
飯 島 下の用水から直接、上の田んぼにポンプで入れます。ポンプを購入する予定です。0.5反に水を入れれば、1枚置いてその下にある1反にも水を入れることが可能ですよね。
長谷川 了解。次に稲の品種ですが、評判の良かったミルキークイーンは今年、どんな割合で作りますか。昨年は1反はコシヒカリ、0.5反はミルキークイーンでしたが。
飯 島 今年は籾摺りのことを考えると、コシヒカリ一本にしようと考えているんです。大量に籾摺りをお願いしているところはコシヒカリで、そこに別品種のミルキークイーンを少量持ち込むことはできないので。この件、納得してもらえますか。
長谷川 ボクにはミルキークイーンの方が食味がよかったという思いがあるので、もう一度アレを食べたいと。でも、無理は言えないなあ。でも美味しかったなあ、ミルキークイーン。

 そんないくつかの確認をしました。
 いよいよ、来週4月16日(土)から米作りがスタートします。まずは昨年の反省と種まきです。好人舍9時に集合ですよ。
by 2006awasaya | 2011-04-11 22:32 | 真剣!野良仕事

【真剣!野良仕事】[146=畦道の踊り子]

2011.4.8(金)
スッピンのままのヒメオドリコソウ

 ボク、植物の名前がほとんど分からない。
 もう半世紀も前のこと。中学校の林間学校でのこと。安曇野の有明温泉から燕を目指したことがあり、その行程中、「あれはイワカガミだ、ここにノアザミがある、あれ、こんな高いところにヒメウツギが見えるけど、おかしいな」など、自問自答しながら、まるでクラスメイトの名前を読み上げるように、草木の名前を口にするヤツがいたんです。クラスの女の子はウットリ顔でそいつの取り巻きをしながら山道を登っていく。クラス全員は草木の名前などまったく知らないから、たとえ間違っていたとしても糾すこともできず、絶対に負けない「後出しジャンケン」を下山するまで全員が付き合わさることになった。以来、わがクラスの男子全員は、終世、植物の名前音痴で居続けようと心に誓ったはずだ。

 そんな過去があるものだから、今に至るもボク、植物の名前がほとんど分からない。あの夏さえなければ、もっと豊かな世界が広がったはずなにの、まったく残念。

 とはいえ、植物図鑑で調べたくなることもある。先週の土曜日、田んぼの畦道を歩いていたら、可憐でおどけているような花に出会った。写真を撮って、画像をカメラからダウンロードして、いま、しげしげと見入っているが、名前が分からない。なんと語りかけたらいいのか、とても困る。名前が分からないととても困る。

 でも調べようがない。手がかりがつかめない。一年草なのか、宿根草なのかも分からないし、第一、名前が分からないから、索引で調べるということができない。科目が分からないから、目次で調べることもできない。さっぱりわからない。シラミをつぶした経験はないが、シラミつぶしに第1ページからパラパラと写真を見ていくしかない。葉は似てるけど、花の色が違うしなあと、ページを行ったり来たり。なかなか見つからないから飽きてきちゃって、でも調べ始めてもう30分も経過していて、多少意地になっている。暗い情熱に駆られて、ページをめくる手つきも乱暴狼藉に近い動きになっている。牧野博士には申し訳ないけど、扱いがぞんざいになる。

 そしてとうとう、やっとそっくりの写真に出会う。

 新幹線が開業する前の上野駅中央改札口で、顔つきだけしか覚えていない親戚のおばさんを迎えにいき、落ち合う時間になってもなかなか改札口からそれらしい人が出てこない、ひょっとしたらこないのじゃないか、あるいは落ち合う場所は間違いだったかもと疑心暗鬼に陥っていた矢先、改札から出てきてなんとか落ち合うことができた、そのときのじっとりとした安堵に似ているかもしれない。

 その安堵の花がこの「ヒメオドリコソウ」。
 いかにもおばさん然とした風情のヒメオドリコソウが田んぼの畦道にいま、一斉に咲いていて、春のダンスの真っ最中なのだ。
f0099060_1811425.jpg

↑ヒメオドリコソウという名前を確認した途端、祇園のみやこ踊りを連想した。でも、この畦道の踊り子たちはさて、これから白塗りでお座敷を替えるのか、それともスッピンのまま、このまま、おばさん色で通すのか、とても気になる。
by 2006awasaya | 2011-04-09 18:10 | 真剣!野良仕事

【真剣!野良仕事】[145=ルバーブが芽吹いてきました]

2011.4.5(火)
何もかもがほろほろと佳き日かな
f0099060_1961068.jpg

↑カンブリア紀における生命の爆発を思わせるような、このルバーブの湧き立つ新芽。不気味なほど鮮やかな紅。ネットで調べたら、「葉にはシュウ酸が多く含まれるので、ときに下痢を発することもある」と。この点をハーバリストの吉本先生に確認してみよう。
f0099060_1963848.jpg

↑サニーレタスを24株、定植しました。成長の記録は後日また報告しましょう。
f0099060_1983113.jpg

↑深く深く耕したこの一画には「サラダむすめ」を植えました。

 先週の土曜日4月2日のことです。ボク、西ニ縁起ヲカツグ人ガ居レバ、無駄ダカラ止メロと言うほど縁起担ぎから縁遠い暮らしをしているのですが、この日の朝に限って、5本指ソックスが一発で5本指ともにすっきり履け、本人も吃驚するやら背中全体がゾワゾワするやら。結構凄いこと、じゃありません? 自分でも「あれ、どしたんだろう」と。でも、あまり騒ぎ立てることでもなし、怪訝な面持ちでもう片方も履いてみたんです。いつもは小指が薬指の穴に入っちゃって、ソックスの小指だけが抜け殻になる。でも、この朝は両足ともすっきり履けたんです。これは瑞兆そのものでしょ。「こいつは朝から縁起がいいや」と、大いにはしゃいじゃったら、妻も、「凄いじゃない!きっといいことがあるよ」なんて言い出す始末。途端に、気分も猛烈に良くなって、嬉しくなって。じつは深刻に落ち込んでいたんです。

 先週の月曜日、市役所国民健康保険課から「健康診断の結果、内臓脂肪を減らす必要があります。個別指導をしますからお越しください」という不吉な呼び出し電話をもらい、うなだれて行ってきました。食生活についての栄養指導を、なんと個別で受けてきました。個人レッスンとは! 船橋市が進んでいるのか、医療費支出をこれ以上賄いきれなくなったか。約1時間後、「犬の散歩だけじゃいけません。車の利用は極力避け、積極的に運動を生活の中に取り入れること」を誓約してきたのです。

 さて、何か運動をしなくてはと思い巡らしながらパソコンをポチポチやっていたら、NAVITIMEの自転車検索ページに入り込んでいた。これが結構使えるということが分かって、試しに出発地=自宅、到着地=好人舍(正確には味菜畑)と入れたら、距離11.7km、所要時間1時間5分、消費カロリー260kcalということが分かった。おお、畑を往復するだけで500kcalを消費できる。自宅は標高5m、好人舍は27m、高低差22m。自転車走行は心肺機能も高まるし、汗もしっかりかける。さらにのどかな畑で気分の洗浄もできる。

 そこで、勇んでチャリを漕いで畑へ。

 嬉しいじゃありませんか。昨年秋にハーバリストの吉本さんからルバーブ1株をいただいて、ボクの区画の隅っこに植えたんですが、冬を越して、知らぬ間に新芽を出していた。なんとも鮮やかな色。ぐんぐん成長して、このセロリのような茎を刻んで、ブルーベリーと一緒に煮込んだら、極上のジャムができる。ああ、待ち遠しい。

 やっぱり「いいことがあった!」

 さらにサニーレタスを24株定植。「サラダむすめ」という新品種のゴボウも植える。ここは約1m以上、深く耕してゴボウ専用区画なのだ。6月には新鮮レタス、食べ放題。来春にはゴボウ大尽になっているかも。パッケージの裏には「根長が35~45cmの短根太ゴボウで、播種後100日程度で収穫できる超極早生種。極端な深い耕土を必要とせず、家庭菜園に打ってつけ」とある。そうか、ムキになってあんなに深く耕すことはなかったんだと、ちょっぴり後悔。でも、新鮮レタスの翌月にはもう収穫することができるなんて、やっぱりこの日はなにもかも縁起が良かったんだ。ほろほろと佳き日であったのだ。
f0099060_1971128.jpg

↑縁起担ぎの5本指ソックス。好人舍裏の竹林にて密かに撮影。
by 2006awasaya | 2011-04-05 19:09 | 真剣!野良仕事